「 電気自動車 」 一覧

テスラ、パナソニックから幹部を引き抜いていた

2017/12/11   -電気自動車

大規模電池工場「ギガファクトリー」をテスラと共同運営しているパナソニック。両社の関係は良好とみられているが、パナの元幹部を突然引き抜かれるなど、熾烈な攻防が繰り広げられているという。
パナ側から見て引き抜かれた人物は、元副社長で直前まで常勤顧問だった山田…

テスラのEV大型トレーラー、充電に4000戸分の電力が必要と判明

2017/12/08   -電気自動車

米テスラが発表した大型EVトレーラーは、充電に最大4000戸分の住宅が使うのと同量の電力が必要になるという。
これは、エネルギー関係を手がける欧州のコンサルティング会社、オーロラ・エナジー・リサーチがこのほど調査して弾き出した推計で、テスラが2019年から出荷を開…

NEC、中国系ファンドにEV電池部品子会社の売却を発表

2017/12/05   -電気自動車

NECは4日、電気自動車(EV)向けにリチウムイオン電池の部品を手掛ける完全子会社「NECエナジーデバイス」(相模原市)を中国系の投資ファンド「GSRキャピタル」に売却すると発表した。
来年3月30日に全株式を譲渡し、2018年3月期連結決算の営業利益に約60億円を計上する見…

世界中がEVシフトだけど、それでもPHVのトヨタが勝てる理由「テスラなどは敵ではない」

2017/12/04   -電気自動車

世界中でEVシフトが進んでいるが、それでもトヨタが勝つ可能性が高いという。なぜなのだろうか。
略 そもそも皆勘違いしていると思うのだが、トヨタもつくっているPHVというのは実はEVそのものにもなるのだ。ガソリンエンジンを回さなければ充電できないハイブリッドに対し…

【朗報】EV、ついにガソリン車よりもトータルコストで低くなる

2017/12/04   -電気自動車

電気自動車(EV)を所有するコストは従来のガソリン車やディーゼル車よりもトータルで低くなるという調査結果が話題に。
この調査はリーズ大学のKate Palmer氏らによる研究チームが実施したもの。新車を購入してから4年間の所有コストを、ハイブリッド型ではないEV、ハイブリ…

テスラのEVトラック、価格は15万ドル(約1670万円)から。これまじでガソリン車は駆逐されそうだな

2017/11/26   -電気自動車

米テスラが2019年発売を目指す電気自動車(EV)トレーラーの価格を15万ドル(約1670万円)からにすると公表した。
競合車種のディーゼル車との価格差を1割程度に抑えた。運用コストは2割以上安くなる見通しで、車体の差額は数年あれば回収できる計算。EVトラック全体…

テスラの新型EV「ロードスター」が凄すぎる件。1.9秒で時速100kmに到達、史上最速を実現へ

2017/11/20   -電気自動車

電気自動車(EV)メーカーのテスラが、新型EVスポーツカー「ロードスター」を発表した。
小さめのボディに強力なモーターを3基搭載するこのモデルは最高速度が時速400kmを超え、わずか1.9秒で時速96kmに達するなど、地球で市販されてきた自動車の全てを凌駕する「史上最速の…

テスラ、EVのトラックを公開。イーロンマスク「ガソリン車を駆逐する」

2017/11/17   -電気自動車

テスラは、初の電気トラックを公開した。乗用車だけでなく、商用車でも電動化の動きが広がっている。
テスラは16日、アメリカ西部のカリフォルニア州ロサンゼルスで、初めてとなる電気トラックを公開しました。 このトラックはトレーラーを引っ張って最大で40トン程度…

ランボルギーニ、次世代の電動スーパーカーを披露。車体そのものがバッテリー、小さな亀裂も自動修復

2017/11/14   -電気自動車

ランボルギーニが次世代の電動スーパーカー披露。車そのものが強力なバッテリーとなるほか、自らを修理することもできるという。
アウトモービリ・ランボルギーニは6日、米マサチューセッツ州ケンブリッジで開催された会議でコンセプトカー「テルツォ・ミッレニオ」を披露…

栃木のベンチャー企業、複数のEVを5分で充電できるシステムを開発。中国で実用化へ

2017/11/10   -電気自動車

宇都宮市のベンチャー企業「エネルギー応用技術研究所」(菅野富男社長)が開発した、電気自動車(EV)の超急速充電システムが中国で実用化される見通しとなった。
同国の大手自動車メーカーなどが出資して山東省で10月に設立された合弁会社が中心となり、充電施設への…

自動車業界の重鎮が予言「自動車の時代は終わりに近付いている。20年後に車を所有している人はいない」

2017/11/10   -電気自動車

自動車業界で長きにわたり幹部を務めてきたボブ・ラッツ氏は、自家用車の歴史が終わる日は近いと語った。大規模な自動運転車による交通網が、現在の自動車に取って代わり、自動車の歴史は、今後20年で幕を閉じる可能性があるという。
ラッツ氏は既にセミリタイアしているが…

夏野剛「EVの登場で自動車業界にスマホと同じようなことが起きる」

2017/11/10   -電気自動車

iモードの生みの親であり、ニコニコ動画幹部の夏野剛氏が今後のEV化について語った。スマホの登場で携帯電話メーカーが一変したように、自動車業界も総入れ替えの可能性があるという。
p style="font-weight:bold;">夏野:今の日本の自動車業界の状況は携帯電話がスマートフ…

トヨタに激震、サムスンが距離2倍のEV電池を30年ごろ実用化へ

2017/11/07   -電気自動車

韓国サムスン電子は次々世代となる電気自動車(EV)向け充電池を開発する。
1回のフル充電で走行可能な距離を現行のEVに使うリチウムイオン電池の2倍近くに増やし、次世代品の開発で先行するトヨタ自動車に対抗する。世界的なEVシフトを受け、基幹部品である電池の…

EVは本当にエコなのか。火力発電のよるCO2排出に懸念も…

2017/11/06   -電気自動車

1:ノチラ ★ 2017/11/05(日) 23:53:06.81 ID:CAP_USER.net
EVが次世代の自動車として注目されるのは、ガソリンや軽油を燃料とせず、二酸化炭素(CO2)排出量が小さいからだ。しかしその電気を何からつくっているかさかのぼれば、必ずしも環境に優しいとは限らない。 …

イーロンマスク、Model 3の生産遅延にも「大局的に見れば比較的小さな変更に過ぎない」と楽観的

2017/11/05   -電気自動車

テスラの新型電気自動車「モデル3」の生産遅延が明らかになったが、イーロン・マスク氏は楽観的だという。
2017年第3四半期のモデル3の納車台数は、わずか222台だった。予定よりはるかに少なく、同社初の普及版となる小型セダンを購入するために1,000ドルの予約金を払った顧…

ヒュンダイのSUV、日産リーフ超え。EV航続500kmへ

2017/11/03   -電気自動車

2017年6月に発表された韓国ヒュンダイのクロスオーバーSUV『コナ』は、リーフの400kmを超える500kmの航続距離を可能にするという。
『コナEV』(仮称)は、エントリーグレードに39.2kwh、トップグレードに64.2kwhの2種の異なるバッテリーパックを搭載、航続距離は日産『リー…

ホリエモンとひろゆき「日本はEVで置いてきぼり。大丈夫なのかね、この国は」

2017/11/02   -電気自動車

ホリエモンとひろゆき氏は、世界から遅れている感が否めない日本のEVシフトについて語った。曰く、日本だけ置いてきぼりって状況がEVでも起きるという。
ホリ EVはアメリカの「テスラ」がかなり先行しているよね。それにヨーロッパの自動車メーカーもEVへのシフトが加…

テスラ、過去最大の赤字に。7~9月期、700億円

2017/11/02   -電気自動車

米電気自動車メーカーのテスラが1日発表した2017年7~9月期決算は、販売費用や研究開発費が膨らみ、純損益が6億1937万ドル(約700億円)の赤字となった。ロイター通信によると、四半期決算で過去最大の赤字額という。
売上高は前年同期比29・9%増の29…

Googleの自動運転車部門、安全面の問題で運転手に操縦を引き継ぐシステム採用せず

2017/11/02   -電気自動車

米アルファベット(GOOGL.O)の自動運転車部門、ウェイモのクラフチック最高経営責任者(CEO)は30日、危険な状況で運転手に操縦を引き継ぐ機能を開発していないと明らかにした。
ウェイモは2013年に、運転手のいねむりなどを想定した試験を実施したが、警告音を鳴ら…

トヨタ、FCV普及へ加速。イーロンマスクに愚かと言われても水素に固執する理由とは

2017/11/01   -電気自動車

自動車業界で将来、電気自動車が支配的な地位を占めようとする中、トヨタ自動車は、電動化の一つの選択肢である燃料電池車(FCV)技術の普及に向けた取り組みを加速させているという。
トヨタはこれまで水素技術の開発に巨額を投資してきた。同技術を巡っては、米電気自…



まつ毛育毛剤通販