「 社会 」 一覧

ミニストップに違法駐車した結果wwwwwwwwwww (※画像あり)

2017/08/06   -社会

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2017/08/05(土) 17:30:02.15 ID:NH/RUH1+0.net

2:風吹けば名無し@\(^o^)/:2017/08/05(土) 17:30:46.56 ID:ua2Becmx0.net

違法駐車相手でも許されないだろ

4:風吹けば名無し@\(^o^)/:2017/08/05(土) 17:31:42.84 ID:NqEh2…

海外「それでも日本には勝てない」 米国の巨大ロボが進化するも外国人は日本の勝利を確信

2017/08/05   -社会

日本の水道橋重工と米国のMegabotがそれぞれ製造した巨大ロボを用いて、「最強ロボット決定戦」が行われる事が以前から決定していますが、先日Megabot陣営が、実際に戦いに投入すると見られている、新型ロボット「Eagle Prime」をネット上で公表し、Faecbookでは再生数が2日で230万回を超えるなど反響を呼んでいます。映像では、弾丸でドラム缶を破壊する様子や、1つ前のモデルのロボットを圧倒する様子が映されており、映像を観た

「夜遊び天国」消滅へ!? タイのウエイトレス「不適切な服装でアルコール飲料の宣伝」をし、逮捕 

「夜遊び天国」消滅へ!? タイのウエイトレス「不適切な服装でアルコール飲料の宣伝」をし、逮捕 の画像1
今回逮捕された3人のうち2人。

 日本人だけではなく、世界各地からの旅行客にも人気の国・タイ。“ほほえみの国”として知られ、何事にもおおらかな気質の人たちが多いことも、その人気の理由であるが、最近のタイは意外に厳格な社会になっているようだ。

 先月末、タイの首都バンコクから北に約100km行ったサラブリ県のバーに勤めるウエイトレス3人が警察に逮捕された。その理由は「不適切な服装で、アルコール飲料の宣伝をした」という、なんとも信じられないようなものだった。イギリスのタブロイド紙「デイリー・メール」(8月2日付)が伝えた。

 問題の動画を見てみると、白黒のメイド服風のセクシーなコスチュームを着た彼女たちは、店内からネット上でライブ中継を行っていたようだ。胸元からこぼれんばかりの巨乳を露出して、カメラに向かって「サワッディー・カー」(こんにちは)と言いながら、笑顔を振りまいている。

 記事によると、「7月23日の夜9時まで、タイのビール『レオ』を“1本買えば1本無料”のサービスをするから来てね~」というものだったという。はたから見たらなんということのない動画だが、それを見た警察が現場に赴き、彼女たち3人を逮捕、警察署へ連行したというのだ。

 夜の繁華街に行けば、ビキニ姿や半裸の女性が踊っていて、“お持ち帰り”もできるゴーゴーバーがあるタイ。たかがセクシーなメイド服でバーの宣伝をしたくらいのことで逮捕されるとは、いったい何が悪かったのか?

 実はタイでは、アルコールに関する規制が10年ほど前から強まっており、2008年には「アルコール規制法」が施行され、アルコール飲料の広告や宣伝に対して、厳しい規制がかけられているのだ。違反者には禁錮1年以下、または最高50万バーツ(約166万円)の罰金が科されることになっている。さらに同法では、販売促進のための割引も禁止している。今回の3人の女性たちの行為は、その両方に抵触しているというわけだ。 

 この規制に関して、タイ事情に詳しい現地在住の日本人経営者はこう語る。

「施行された当初はどうなることかと思われていましたが、実際のところは、ほとんど規制は行われず、以前と変わりありませんでした。ところが、14年にタイの軍部がクーデターにより政権を握って以来、さまざまな規制が強化されていきました。翌15年には、日本料理店のメニューにビールが入ったジョッキの写真が入っていたことから、法律違反だとして店が軍事政権側に訴えられ、裁判所から46万バーツ(約153万円)もの罰金支払いを命じられたことも。これにより、飲食店業界に大きな衝撃が走りました」

 軍事政権下で広がる、歓楽街での取り締まり強化。これまでアジアの夜遊び天国として名をはせてきたタイも、変わってしまうのだろうか……。

【悲報】東京オリンピック、先住民の生活をぶっ壊し海外から批判殺到…ドイツやスイスの日本大使館に14万人の非難署名

2017/08/04   -社会

0 :ハムスター速報 2017年8月04日 14:24 ID:hamusoku
東京五輪のスタジアム建設に使う木材。安価調達のためペナンやマレーシアの先住民の権利侵害してまで伐採され、ドイツやスイスの日本大使館に14万人の非難署名が送られる。本件、今日まで日本の大メディアは報道し…

海外「日本あるあるだねw」 公園でくつろぐ訪日外国人を襲った不幸に爆笑の嵐

2017/08/03   -社会

今回は、スタントマン兼コスプレプロモーターのドイツ人、ベンさんが奈良公園を訪れた際に撮影した、「日本の典型的なピクニックのシチュエーション」と題された動画から。人気RPG『ウィッチャー』シリーズの主人公ゲラルトのコスプレに身を包み、クールな佇まいで木陰に腰を下ろして休んでいるベンさん。なぜか鹿せんべいをスナック感覚で口にしており、1匹の鹿が匂いに誘われて近づいて来ます。しかしベンさんは鹿の接近に気付か

美の秘訣はシュガーフリー生活!? 70歳の“スーパー美魔女”現る!

美の秘訣はシュガーフリー生活!? 70歳のスーパー美魔女現る!の画像1
遠目には、確かにノーチェンジ!?(デイリー・メール・オーストラリアより)

 ビーチにたたずむビキニ姿の女性。世の熟女好きから「ノーチェンジ」の声が聞こえてきそうだが、実は彼女、熟女どころではなない。その年齢は、なんと70歳なのだ。

 彼女はオーストラリアのパースに住む、キャロリン・ハーツさん。70歳といえば日本では古希にあたる立派な老女だが、それでいてこの美貌とは、アッパレと言うほかない。

 数年前からオーストラリアでは美魔女として有名だった彼女は、シュガーフリー食品のCMに出演するなどしていたが、7月に70歳を迎えたことを機に、イギリスのテレビ番組に出演。そこで、「若さの秘訣は、28年間にわたって、砂糖を一切摂取していないこと」「お手入れよりも、何を口に入れるかが大切」「ボトックス注射は、やったことがない」などと、美の秘訣を語った。

 ところが、同番組を見たイギリス人視聴者の反応は、必ずしも好意的なものではなかった。Twitter上では「シュガーフリーだけではない、彼女は明らかに、顔面に『ハードワーク』を施している」「彼女のおでこは、まったく動かない(笑)」などと美容整形を疑う声が続出。「美容整形は悪いことではないが、そのことを隠してシュガーフリーを勧めるのはフェアではない」「彼ら(番組司会者)は、なぜ彼女の美容整形について、まったく触れないのか」との指摘もある。

 その後、ハーツさんは「デイリー・メール・オーストラリア」の取材に対し、「嫉妬心を抱いて、こんな書き込みをする人がいて悲しい。(中略)しかし、それらは真実ではない」とコメント。ところが、今度はこれが「上から目線だ」と、さらに火に油を注ぐ結果となっている。

 日本でも数年前まで、美魔女たちがもてはやされたが、「年齢に抗う生き方は美しくない」などといった批判もあり、ブームは終焉を迎えた。やはり人間は、年齢相応の生き方をするべきということなのだろうか?

職場のおばさん(55)「ワイ君昨日私を追い抜いて行ったわね」ワイ「!?」

2017/08/03   -社会

1 :名無しさん@おーぷん:2017/08/03(木)12:34:59 ID:gtU
ワイ「いや、あの昨日は休みで出勤していませんが…」
おば「通勤じゃないわよ、昨日スーパー行ったでしょ」
ワイ「はぁ」
おば「その時前を走っていたのが私の車。その後駐車場に停めた時にワイ君私より先にお店に入ってい…

中国ブラック企業がノルマ未達成の社員に壮絶ペナルティ! 便器の水や、ミミズの丸のみを強要……

中国ブラック企業がノルマ未達成の社員に壮絶ペナルティ! 便器の水や、ミミズの丸のみを強要……の画像1
便所の水を紙コップですくう男性従業員(新浪新聞)

 長時間労働やセクハラ、パワハラなど、労働環境が社会問題となる昨今だが、お隣の中国でもブラック企業の話題は絶えることがない。先日も、鴻海(ホンハイ)精密工業の山東省工場で、インターンの大学生を劣悪な環境で働かせていたことが発覚したばかりだが(参照記事)、今度はノルマ未達成の社員に、とんでもない罰を与えていた会社が話題となっている。

 7月末、紙コップを手に持った複数の男女がトイレの便器の水をすくい、それを飲み干すという衝撃の動画が中国版Twitter「微博」にアップされた。

 動画内では男女が「今日はきっとまだマシだと思わないとな。明日はもっとひどいことされるかもしれないから」と、励まし合っている様子も確認できる。

中国ブラック企業がノルマ未達成の社員に壮絶ペナルティ! 便器の水や、ミミズの丸のみを強要……の画像2
女子社員も覚悟を決め、一気に飲み干す

 ネット上では「人肉捜索」が行われ、結果、四川省成都市でフォトスタジオを運営する企業で撮影されたものだと判明した。

 大手ポータルサイト「新浪」によると、この企業は、ノルマ未達成だった社員に、罰として便器の中の水を無理やり飲ませていたという。

 地元メディアの取材に対し、企業側は「(流出した動画は)社員たちにノルマを達成してほしくて、鼓舞する意味で、ネットで見つけた動画を社内のグループチャットにアップしたもの」と、実際に飲ませたわけではないと否定。しかし、この苦しい弁明を信じる者はおらず、ますます批判の声が大きくなっている。
 
 社員に対し、吐き気を催すような、ひどいペナルティを科している中国のブラック企業は珍しくない。2015年3月には、江蘇省常州市の食品会社でも、従業員に便器の水を飲ませていたことが明るみになり、世間から大きな非難を浴びた。また、今年6月には陝西省漢中市の建設会社の従業員が、ノルマ未達成だったことから、罰としてミミズを生のまま食べさせられたという事件も発生している。
 
 こうした常軌を逸したペナルティについて、中国事情に詳しいフリーライターの吉井透氏は話す。

「中国の労務管理は、アメとムチの世界。しかし、アメはコストがかかるが、ムチはタダで振るえる。そこで、ムチばかりがエスカレートするブラック企業が増えてきている」

 それにしても、便所の水を飲んだ社員たちは、その後無事だったのだろうか……。
(文=青山大樹)

海外「やっぱ日本は頼りになる!」テロ組織に占拠された街の人々を救う日本の支援に感謝の嵐

2017/08/02   -社会

今年5月23日、過激派組織「ISIS」に忠誠を違う武装勢力により、突如として占拠されてしまったフィリピンのマラウィ市。占拠を封じ込めるためにフィリピン軍が送り込まれていますが、事態の進展はあまり見られず、ドゥテルテ大統領は先月18日、占拠された当日にミンダナオ島に出した戒厳令を、今年末まで延長するよう議会に申請しました。マラウィ市の中心部は空爆や爆撃などにより廃墟のようになっており、市民も市街地からの脱出

報酬2倍で、香港で働く家政婦の大量流出も? 中国がフィリピン人ベビーシッターの爆買いへ

報酬2倍で、香港で働く家政婦の大量流出も? 中国がフィリピン人ベビーシッターの爆買いへの画像1
イメージ画像(Thinkstockより)

 昨年、中国は1979年から続けてきた一人っ子政策を廃止し、二人っ子政策へとかじを切った。現在生まれてくる新生児の約半数は「二人目」といわれており、限定的ではあるが、官製ベビーブームが起こっている。

 そんな中、不足しているのがベビーシッターだ。中国事情に詳しいフリーライターの吉井透氏は、次のように話す。

「共働きが一般的な中国では、祖父母に育児を手伝ってもらうことは当たり前。しかし、二人目となると、一人目よりも祖父母が高齢化していたり、子ども二人分の育児はさすがにキャパシティーオーバーということで、中流以上ではベビーシッターを雇う家庭が多いんです。そのベビーシッターが、今年に入って不足している。報酬の相場も上昇していて、上海では月に2万元(約32万円)は出さなければ見つからない状況になっている。ベビーシッターを予約してから子作りを開始するという夫婦もいるほどです」

 そんな状況下、中国ではこれまで外国人に認められなかったベビーシッター業務の担い手として、フィリピン人労働者の受け入れを検討しているという。

 フィリピン労働雇用省(DOLE)の副部長が明らかにしたところでは、北京、上海、アモイなどの主要都市が、フィリピン人労働者に対し、ベビーシッター業務を近く解禁。ベビーシッターへの報酬は、月額1万3,000元(約21万円)に達すると見込まれている。

 ベビーシッターとしてフィリピン人労働者が特例的に選ばれた背景には、フィリピン人の英語力があるという。英語が堪能なフィリピン人をベビーシッターとして雇うことで、子どもに英語を学ばせようというわけだ。

 しかし、こうした中国の動きに、香港人は警戒感を強めている。香港では、中流家庭でも家政婦を雇うことが一般的だ。

 現在、約30万人の外国人家政婦が働いているというが、そのうち最も多いのがフィリピン人なのである。しかし、香港紙「アップルデイリー」によると、月額1万3,000元というのは、香港でフルタイムの住み込み家政婦に支払われる月額の約2倍。中国のフィリピン人ベビーシッター受け入れが実現すれば、香港で働くフィリピン人が、こぞって中国に移動してしまう危惧があるのだ。 

 紙おむつや粉ミルクなど、ベビー関連用品の数々を大陸からの爆買い客に買い占められたことで、香港人の反中国感情が高まったという前例もある。その上、家政婦まで奪われるとなれば、彼らの不満をさらに刺激することとなりそうだ。 

 また、日本でも4月からフィリピン人家政婦の受け入れが開始されたが、報酬の改善などを余儀なくされることになるかもしれない。

海外「母国に戻って日本の凄さが分かった」 日本の一般の人々の振る舞いに外国人が感動

2017/08/01   -社会

今回は、丁寧に仕事に取り組む日本の人々の姿をまとめた映像からで、ここでは女性鉄道員、新幹線の車内販売員、エレベーターガール、男性駅員、新幹線の清掃員の方々の振る舞いが紹…

数百台のスマホのカメラに囲まれる中……3歳女児レイプ殺人犯に「鞭打ち100回の後の死刑」宣告

数百台のスマホのカメラに囲まれる中……3歳女児レイプ殺人犯に「鞭打ち100回の後の死刑」宣告の画像1
処刑される瞬間を狙い、男に向けられる多数のスマホ

 7月31日、イエメン共和国の首都サヌアで行われたひとりの男の公開処刑の様子を捉えた映像がネット上に流出し、衝撃を呼んでいる。
 
 男は、3歳の女児をレイプし、殺害した罪に問われていたムハンマド・アル・マグラビ(41)。直前に、地元を支配するイスラム教シーア派の反政府勢力「フーシ派」による裁きによって、「鞭打ち100回の後の死刑」が宣告されていた。

 イスラム法「シャリア」によれば、死刑宣告は被害者の遺族が赦しを与えれば撤回されるが、遺族は被告の死を望んだようだ。

 拘置所から男を乗せた護送車が市内の広場に到着すると、そこはすでに何千もの群衆が埋め尽くしていた。護送車から引きずり降ろされる男を迎えるのは、「殺せ! 殺せ!」のシュプレヒコールだ。

 なすすべもない男は、自身の死に場所となる広場中央の地面に座らされた。そこでまず、100回の鞭を体に受けた。意識もうろうとした様子の男は、そのままうつぶせにされ、その後、死刑執行人を務める兵士が銃口を男の背中に突きつけると、上官の号令とともに引き金を引いたのだった。ライフルの連射音とともに、男の体を白煙が包む。男が即死だったことは間違いないだろう。

 これを取り囲んでいたのは、男の死を見届けようと集まった群衆と、彼らが構える数百台のスマートフォンだ。映像には、より良い撮影アングルを求めて争うような様子や、撮影に自撮り棒を使う者までが確認できる。さらに群衆だけでなく、戦闘服を着た兵士までもがスマホを構えている。

 こうして撮られた映像がネット上に流出しているわけである。現代においては一部の国家で限定的に行われている公開処刑だが、スマホとインターネットが普及した結果、死の瞬間を全世界が目撃することとなる。

絶滅危惧種のウミガメ38匹を“まるゆで” 残酷すぎる中国「希少動物密売」の実態

<p> アフリカでは象牙の密猟が国際問題になっているが、中国人による希少動物の密売は止まらないようだ。</p>

<p>「渤湃新聞」(7月28日付)によると、広西チワン族自治区で防城港市公安当局が27日、ベトナムとの国境付近でウミガメの剥製38匹を押収した。鑑定すると、これらはタイマイであることが判明。タイマイはワシントン条約で絶滅危惧種に指定され、中国でも国家二級保護動物に指定されている。市場価格は、最高3万元(約48万円)にも達する。死因を調べると、生きたままゆでられた疑いがあるという。<br />
</p>

海外「日本の本気を見た」 カナダで打ち上げられた日本の花火に大絶賛の声が殺到

2017/07/31   -社会

北米有数の世界都市であるカナダ・バンクーバーでは、毎年8月頃に、3カ国が競い合う形式で行われる花火の祭典、「Honda Celebration of Light」が行われています。今年はカナダ、イギリス、そして日本が参加しており、昨日にトップバッターとして日本チームが登場しています(英:8月2日、加:8月5日。なお日本は14年にも参加し優勝している)。その様子をカナダの地元紙が映像などと共に伝えているのですが、主に実際に会場に足を

13歳少女とのわいせつ行為を6,400円で……中国「ロリ・ショタ違法サイト」に潜入!

13歳少女とのわいせつ行為を6,400円で……中国「ロリ・ショタ違法サイト」に潜入!の画像1
人気動画配信者が運営していたロリコン専用サイト。サイト名は、ずばり「正太の天國」(看看新聞網)

 日本でも児童ポルノ関連の犯罪は後を絶たないが、お隣中国ではネット上で少年少女と大人たちの性の取引が横行し、社会問題となっている。

「看看新聞網」(7月22日付)によると、中国の人気動画配信者が、ロリコン向けのサイトを運営していたとして逮捕された。このサイトでは、小中学生とのわいせつな行為を目的とした出会いを提供するほか、少年少女の衣服や下着、性的な動画なども会員に有料で販売していたとされる。現在、サイトは封鎖されている。

 しかし、ネット上では、同様のサイトやSNSは無数に存在する。

 そんな中、「看看新聞網」の記者が、少年少女とロリ・ショタ好きの大人を結びつける会員制SNSのグループチャットに潜入、その顛末を暴露した。

 記者は、15歳の少年を装って入会を申請。するとすぐに、グループチャットに招待された。下は11歳の小学生から上は60代と思われる会員まで、幅広い世代のユーザーがチャットに参加していた。

 そこで繰り広げられていたのは、異様極まりないやりとりだった。ある男子中学生が「全裸でテレビ電話してあげるから30元(約480円)ちょうだい!」と発信したかと思えば、今度は別の会員がテレビ電話を使った集団自慰行為を呼びかける……。

 中には、記者に一方的に自らの自慰行為を撮影した動画を送りつけ、その反応を楽しむ者もいたという。さらに、小中学生との性交映像を販売する者や、13歳少女とのわいせつな行為を400元(約6,400円)で持ちかけてくる者、それらの申し出に応じる者など、まさに無法地帯であった。

 記者はこのSNS上での出来事を当局に報告、捜査が行われる事態になったという。

 ネット規制が厳しいとされる中国であっても、政治とはあまり関係のないこの手の性犯罪を助長するサイトは、事実上、野放しの状態だ。わずか数十元のために、自身の尊厳を売り渡してしまう少年少女が多くいるこの現実、日本も決して他人事ではない。
(文=青山大樹)

海外「日本は常に進んだ国だった」 北米版セーラームーンの差別的な規制が話題に

2017/07/30   -社会

1992年3月から1997年2月まで、約5年間にわたって放送され、社会現象になるほどのヒットを記録したアニメ「美少女戦士セーラームーン」。日本国内のみならず、世界的な人気と知名度を誇っており、最近ではフィギュアスケート世界女王のメドベージェワ選手が、「セーラームーン」の大ファンであることを公言し、アイスショーではコスプレをしての滑りを披露するなど、現在でもその人気は衰えていないようです。さて、今回はそんな「

生きるためには仕方ない? 中国で「孤児ファイトクラブ」が物議

生きるためには仕方ない? 中国で「孤児ファイトクラブ」が物議の画像1
悲壮な表情で格闘を行う少年たちの実際の様子(騰訊視頻繁)

 長い歴史のある闘牛や闘犬に対してですら、世界的な批判の声が高まっているが、中国には親を失った孤児同士をまるで牛や犬のように戦わせ、見世物とする団体が存在するようだ。

 先日、ネット上で「格闘孤児」というタイトルの動画が公開され、そこには小中学生と思われる少年2人が格闘技場のようなステージの上で、激しく殴り合う様子が映し出されていた。この動画は数日間で、1,200万超の再生回数を記録した。 

「京華網」(7月23日付)によると、孤児同士を戦わせていたのは、2000年に四川省成都市内で設立され、これまで400人の孤児を預かってきた保護施設。孤児たちのほとんどは両親と死別したり、育児放棄されて親との同居がかなわない子どもたちだ。この施設の責任者である恩波(エン・ボー)氏は、テロ鎮圧のために組織された中国版SWAT「特警」の元メンバーで、00年の退職を機に、今回の格闘孤児の育成を思いついたという。

生きるためには仕方ない? 中国で「孤児ファイトクラブ」が物議の画像2
施設の責任者である恩波氏
生きるためには仕方ない? 中国で「孤児ファイトクラブ」が物議の画像3
試合前の少年。不安そうな顔が印象的だ

 恩氏は、子どもたちが将来、犯罪の道を歩まないようにという願いも込めて無償で施設運営を行っていると主張。施設の子どもたちは、その代償として格闘技を学び、施設が定期的に開催する格闘技イベントに出場するのだという。もちろんファイトマネーなどは子どもたちに一切支払われていない。

 この施設で暮らす14歳の少年は「試合が始まる前、鉄の格子の中に入れられる瞬間がとても怖いです。ここでの生活は疲れるし、本当につらいです。でも、両親は亡くなっているので、ここで生活するしかありません」と明かしている。

 中国教育部(日本の文部科学省に相当)は、「この施設は児童福祉に関する法律に抵触している可能性があり、調査をすると同時に、すぐに児童を保護し、学校に通えるよう手配を進める」と表明している。

 しかし、ネット上では「この施設がなくなったら、孤児たちの生活はどうなるのか?」という心配の声も上がっている。社会福祉が未整備の中国では、この施設のように衣食住の心配なく孤児たちが暮らせる環境は、そうそうないのである。
(文=青山大樹)

「AV女優になって!」「顔を見ただけで興奮する」稲田朋美氏辞任で、中国人が熱烈ラブコール

「AV女優になって!」「顔を見ただけで興奮する」稲田朋美氏辞任で、中国人が熱烈ラブコールの画像1
稲田氏の辞任を“四面楚歌”と報じた「環球時報」

 7月28日、稲田朋美防衛大臣は記者会見で南スーダン国連平和維持活動(PKO)の派遣部隊の日報問題をめぐり、辞任する意向を表明した。中国でもこのニュースは大きく報じられ、辞任報道が出始める数日前から、複数のメディアが取り上げた。政府系「環球時報」(7月28日付)は「日本の女性防衛大臣稲田朋美が辞職 スキャンダルまみれで四面楚歌」という記事を、コスプレ姿の稲田氏の写真とともに掲載した。

「稲田氏は中国でもタカ派の政治家として知られ、安倍首相とともに、中国ではどちらかというと“敵”とみなされています。靖国神社への参拝を欠かさず、南シナ海問題でも(中国にとって)挑発的な発言を繰り返し、中国を『国際秩序の破壊者』と発言したこともあった。また、いわゆる南京大虐殺や慰安婦の強制連行を否定したり、弁護士として『百人斬り名誉毀損訴訟』を手掛けたことも広く中国で報じられてきたので、特に年配の中国人からは嫌われています」(北京在住の日本人大学講師)

 こうした影響なのか、SNSでは、辞任報道を喜ぶ声や皮肉る声が多く寄せられている。

「天罰が下った。政治の世界に戻ってこないで」
「愛国を説いて(日本)の人々から嫌われた。本人は後悔しているだろう」
「中国に来て(反日)映画の女優になればいい。日本鬼子(日本人の蔑称)を演じれば人気爆発だ!」
「軍事に疎い者がトップに立つとは、小日本も人材がいなかったんだな」

 一方で、意外にも“熱烈”な稲田ファンもいるようで、「美人だったのに残念。僕は稲田を支持する」といった書き込みを散見されている。しかし、2ちゃんねる同様、ゲスな書き込みも少なくない。

「この人を見ると、興奮する……」
「下野してAV女優になればいい。といっても、見るヤツはいねーだろうな」
「素人人妻ものか(笑)」
「確かに、熟女モノのAV女優のような面影があるよね」
「AV落ちしてくれたら、俺は見てあげるよ!」
「失業することはないだろう。AV女優の素質がありそうだから」
「『東京熱』(無修正動画レーベル)に行くべきだ」

 日本でも一部の男性の間で稲田氏の人気は高いようで、実話誌などでは「懺悔熟女ヌード」を期待する声が紹介されているが、中国にも同様のマニアがいるようだ。一方で、前日に民進党党首を辞任した蓮舫氏に関しては、こうしたゲスなコメントは皆無だった。その差は一体なんなのか……。
(文=五月花子)

親不孝にもほどがある! ネトゲ廃課金小学生が母親をだまし、一家破産に

親不孝にもほどがある! ネトゲ廃課金小学生が母親をだまし、一家破産にの画像1
中国でも、子どものスマホ依存、ゲーム中毒が問題となっている(イメージ画像)

 近年、中国ではスマホゲームの課金システムが社会問題となっている。特に未成年者による高額課金に関しては、親のクレジットカードを勝手に利用する例も少なくない。そんな中、とんでもない事件が発生した。

「新浪新聞」(7月21日付)によると、話は2016年9月にさかのぼる。浙江省で夫と11歳になる息子と3人で暮らす母親のもとに突然、一通のメールが届いた。その内容に、母親は驚愕する。そこには「中国中央公安部の者です。あなたの子どもがネット犯罪に加担していることがわかりました。すぐに子どもを退学させ、我々の捜査に協力してください」と書かれていたからだ。

 当初、母親は迷惑メールだと思ったが、自宅の写真や、隠し撮りされたと思われる家族の写真までメールに添付されており、本物の公安部から送られてきたものと確信してしまったという。その後、自称公安部を名乗る人物はメールで母親に対して、息子の銀行口座を開設し、さらに現金を振り込むよう指示したのだった。

 母親は捜査のためだと信じ、17年6月まで複数回にわたり、合計10万元(約160万円)を振り込む。一家は父親が身体障害者のため、母親が縫製工場で働き、家計を支えていたが、ほぼ全財産を費やしてしまった。近所の住民に相談したことでようやく詐欺だと気づくも、すでに口座からは全額が引き出されていた。

 母親から被害届を受け取った警察は、メールの情報を分析。その結果、なんと犯人はこの家の11歳の息子であることが判明したのだった。警察の取り調べに対し息子は、「学校に行かず、ネットゲームをたくさんやりたかった。課金もたくさんしたかったので、今回の事件を思いついた」と供述。息子は母親の貯金が底をついたとわかると、最終的には母親に借金をさせたばかりか、自宅の電化製品を売却して金を工面するようメールしていたというから、親不孝どころの話ではない。

 ネトゲ廃課金者がまん延しているのは日本も同じだが、まさか当局を名乗り、自分の親までだますとは、なんとも悲しい話 。家財を売却し、借金まで背負ってしまった母親が不憫でならない。
(文=青山大樹)



まつ毛育毛剤通販