「 知る 」 一覧

ニワトリたちがスルスルとUFOに導かれていく…宇宙人の研究材料になっちゃうのかこれ?っていうニュータイプ鶏舎

2017/12/26   -知る

 アメリカ・アイダホ州のあるお宅の裏庭にタイプUFOな鶏舎が出現したようだ。

 かなり典型的な円盤タイプの未確認飛行物体的雰囲気が漂っており、くるくると回転しながら光るライトに導かれるように、ニワトリたちはつぎつぎと吸い込まれていく。

 効果音までついてや…

フランスでも官邸に猫2匹をネズミ捕獲長として正式雇用。その他猫が公職についている国家

2017/12/26   -知る

画像はイギリス外務省勤務のパーマストン image credit:facebook
 イギリスでは70年以上も前から猫が官邸や各省でネズミ捕獲長として任務を全うしている。猫たちはネズミ問題を迅速、的確に処理しており、現在他の国家でも前向きに猫の採用を検討している。

 そんな中、…

カワウソにも方言があり、地元かよそ者かを判断している(英研究)

2017/12/26   -知る

 人間の場合、その人の声を聞けば、その声の持ち主の性別やおおよその年齢を判断できるし、方言があれば出身地も分かる。

 実はカワウソも似たようなことをしているらしい。

 その地域に特有の訛りでグループを識別しているのだ。ただし彼らが見分けているのはキャッキ…

死は誰にでも必ず訪れる。メメント・モリを継承し、死のイメージとともに生を謳歌する生き方を描いた美術作品

2017/12/25   -知る

 「メメント・モリ」は”人間誰もが必ず死ぬということを忘れるな” という意味のラテン語である。医療技術が発達し、寿命が延びた現在、健康に暮らしている人にとっては「死」を意識する機会などあまりないだろう。

 まさに死が日常生活の一部であった古代ローマの時代…

東北地方太平洋沖地震から6年、津波で流された漁船がアメリカ・オレゴン州の浜辺で発見される

2017/12/25   -知る

image credit:PENNEWS/TIFFANYBOOTHE/SEASIDEAQUARIAM
 2011年3月11日、日本で発生した東北地方太平洋沖地震から6年以上が過ぎた。その時に津波によって流された船が、最近になりアメリカの海岸に漂着したそうだ。

 流れ着いた先はオレゴン州アルカディアのレクリエーショ…

ロシア人写真家が廃村に火をつけ全焼させるというパフォーマンス。農業政策に対する抗議が込められていた(ロシア)

2017/12/25   -知る

 ロシア人の写真家、ダニーラ・カチェンコさんの作品「マザーランド(MOTHERLAND)」が海外人の間で大きな話題を呼んでいる。

 ダニーラさんはこの作品を作るべく、ある驚きの行動に出た。それは、ロシアの廃村に火をつけてぼうぼうと燃やすことだ。

 しかしイタズラにそ…

脳波をチェックして理想の顔を探り出し、実際の顔と並べてみた比較写真「オリジナル・アイデアル」

2017/12/25   -知る

 もうちょっと目が大きかったら…鼻が高かったら…唇がふっくらしていたら…人間誰しも自分の顔になんらかの不満を持っているものだ。

 では理想の顔は?と聞かれても具体的に説明するのは難しい場合もある。

 写真家のスコット・シャッセロさんは人々がそれぞれ理…

爆発する恒星から放たれる宇宙線が氷河期につながる可能性(デンマーク研究)

2017/12/25   -知る

 爆発する恒星から放たれる宇宙線が地球の天候に影響を及ぼしているという。

 デンマーク工科大学による最新の研究は、超新星から届いた宇宙線に起因するイオンが地球の大気で雲を作り出し、雨を降らせていることを明らかにした。

 雲が形成されれば、それだけ気温も下…

睡眠中、体が動かなくなり悪魔に襲われる。実は多くの人が経験している「インキュパス・サキュバス現象」とは?

2017/12/24   -知る

 真夜中に邪悪な存在に押し潰されそうになって目を覚ましたことがあるだろうか? それが男の悪魔(夢魔)の襲撃とされる「インキュバス現象」だ。もし女の悪魔の襲来だったら「サキュバス現象」となる。

 この現象は典型的な悪夢のものである。昔からインキュバスは眠る…

睡眠中、体が動かなくなり悪魔に襲われる。実は多くの人が経験している「インキュバス・サキュバス現象」とは?

2017/12/24   -知る

 真夜中に邪悪な存在に押し潰されそうになって目を覚ましたことがあるだろうか? それが男の悪魔(夢魔)の襲撃とされる「インキュバス現象」だ。もし女の悪魔の襲来だったら「サキュバス現象」となる。

 この現象は典型的な悪夢のものである。昔からインキュバスは眠る…

スキャンダルから技術革新まで。2017年ハイテク業界の10のびっくりニュース

2017/12/24   -知る

 何かが急速に変化していくとき、そこに落とし穴はつきものだ。特にハイテク業界においては、目まぐるしい速さで変化し続けている。

 昨年の新機種が今年型落ちなんてあたりまえ。つい最近ではAppleが、iPhoneの旧機種一部の性能を意図的に下げていたことを認め話題とな…

『ホビットの冒険 の作家、J・R・R・トールキンはサンタクロースになりすまし、23年間我が子たちに手紙を描き続けていた

2017/12/24   -知る

 そのサンタはパパ。しかもあのトールキンなのである。

 『ホビットの冒険』や『指輪物語』の著者として知られているイギリスの作家、J・R・R・トールキンは、16歳の時に3歳年上の女性、エディスと出会い恋に落ちた。神父から21歳になるまで彼女と会うことも手紙をやり取…

なぜ犬はなんでもかんでも噛みたがるのか?専門家が教えてくれた犬の気持ちと噛まないようにしつける方法

2017/12/24   -知る

 犬は何かを噛むことが好きだ。もともと賢いので、ちゃんとしつけられている犬なら、噛んでいいものとダメなものの区別がつく。

 だが、それでもつい噛んでしまう。特に大好きな飼い主が留守にしている間には。夜遅くに帰宅したら、お気に入りのスリッパが変わり果てた姿…

100年以内に人間とロボットが子供を作ることが可能となる(国際会議)

2017/12/24   -知る

 2017年12月20日、イギリス・ロンドンで開催された「第三回ロボットとの性愛に関する国際会議」で、世界的権威デビッド・レヴィ博士は細胞の遺伝情報を操作し、人とロボットのDNAを持つ子供を生み出す方法について公演した。

 レヴィ博士は「幹細胞と人工染色体の研究に…

インディアン「ナバホ族」が治療の儀式を行っている約100年前の写真をカラー化

2017/12/23   -知る

image credit:Frederic Durlez/mediadrumworld.com
 アメリカの南西部に先住するインディアン部族「ナバホ族」は、およそ100年前、「ナイト・チャット」と呼ばれる治療の儀式を行っていた。

 患者はサウナのようなものに入り、部族の神話に出てくる神々の扮装をした呪医が…

アメリカで致死的ウイルスの開発が解禁される

2017/12/23   -知る

 アメリカ合衆国では3年前から病原菌を改変して致死率を上げる研究に対して補助金を交付することを禁じていたが、この度それが解禁となった。

 そのリスクを正当化できるメリットがある場合のみに限るが、今後は恐ろしいウイルスを生み出し、その研究も行うことができる…

本当に恐竜なら世紀の大発見。化石ではなくミイラ化した恐竜そっくりの死体が発見される(インド)

2017/12/22   -知る

 インド、ウッタラーカンド州で地下鉄の駅を点検していた技師によって恐竜に似た死体が発見された。

 それは化石ではない。ミイラのような状態にあったその死体は小型の恐竜に似ており、現在その正体の特定が急がれている。

悪いことばかりじゃないさ。2017年、世界が少し良くなったことを伝えた14のニュース

2017/12/22   -知る

 悪いことだけが起きるわけじゃない。悪いニュースばかりが目立っちゃうけど、良いことと悪いことが交互に繰り返されながら歴史は綴られていくもんだ。

 良いことだって見方によっては悪いことだし、悪いことだって良い側面もあったりするし、すっぱりと切り離して考える…

性犯罪者の脳に埋め込み刺激を与え、性衝動を抑制するデバイスが開発中(米研究)

2017/12/22   -知る

 脳インプラントを使って、性犯罪者の性欲を抑制するという研究が発表された。アメリカ・カリフォルニア州スタンフォード大学の研究者が開発しているデバイスは、脳の側坐核という食欲や性欲を制御する領域を標的にして、衝動的な行動を予防する。

 研究チームが特定し…

写真を見ただけで底冷えがする。ポーランドのキーンと冷え切った冬景色に見え隠れするコールドファンタジー

2017/12/22   -知る

 中央ヨーロッパに位置するポーランドは、バルト海に面した北西部は温帯気候だが、東部や南部の山岳地帯では、冬季の間は河川が凍結する亜寒帯気候となる。

 緯度で見ると北海道の稚内よりはるか北にあり、ロシアのサハリンと同じくらいでとても寒い。平均気温はマイナス…




まつ毛育毛剤通販