「 知る 」 一覧

歯もおしゃれする時代がついに来たのか?カラフルな歯のマニキュア「クロム」がついに誕生

2018/11/07   -知る

image credit:Instagram
 「歯が命」であろうとなかろうと、ほとんどの人は白く輝く歯に憧れるし目指すだろう。

 しかし現代は多様化の時代だ。歯だって白いだけじゃもの足りない。ファッションとのトータルコーデを楽しんでみたりしたい。

 そう考える人がどれほどいる…

秋から冬にかけて発症するうつ病「季節性情動障害」発症のリスクを高める遺伝子が特定される(米研究)

2018/11/07   -知る

 ヒトゲノム計画から得られた圧倒的な量のゲノム情報は、遺伝子と病気の関係についての理解を飛躍的に進めるだろうと期待された。

 しかし現実には、たった1つ、あるいはごく少数の遺伝子だけで理解できる病気はごく一握りであって、多くの病気はさまざまな遺伝子が少し…

恒星間天体「オウムアウア」が太陽帆(ソーラーセイル)を利用した異星人の宇宙船である可能性が示唆される

2018/11/06   -知る

 2017年10月19日、地球近傍天体探索計画パンスターズによって1I/2017 U1が発見された(該当記事)

 オウムアムアとも呼ばれるこの天体は、天体観測史上初となる恒星間天体で、その後の追跡観測からは、大きさや形状についての情報や、彗星と小惑星の両方の特徴を持ってい…

恒星間天体「オウムアウア」が太陽帆(ソーラーセイル)を利用した異星人の宇宙船である可能性が示唆される

2018/11/06   -知る

 2017年10月19日、地球近傍天体探索計画パンスターズによって1I/2017 U1が発見された(該当記事)

 オウムアムアとも呼ばれるこの天体は、天体観測史上初となる恒星間天体で、その後の追跡観測からは、大きさや形状についての情報や、彗星と小惑星の両方の特徴を持ってい…

アメリカのナッツ専門ブランドがビール界に初進出。ピーナッツ風味のビールがイリノイ州の一部で販売中

2018/11/06   -知る

image credit:Noon Whistle Brewing
 ビールによく合うおつまみはいろいろとあるけれどピーナッツもその一つだ。

 ピーナッツをポリポリとかじりながらビールをグビグビ・・・想像しただけでやめられないとまらない!

 そんな相性抜群のビーナッツとビールだが、じゃあ…

サウロンの目かな?トルコ原産のニンジン「ブラックナイトキャロット」

2018/11/06   -知る

 ニンジンと言われればその形状は一緒だが、色がだいぶ違う。カットすると更にすごいことになっている。

 これはトルコ原産のブラックナイトキャロットと言うのだそうだ。

 ちなみに味はほぼニンジンと変わらないという。

サウロンの目かな?黒くて中に模様があるニンジン「ブラックナイトキャロット」

2018/11/06   -知る

 ニンジンと言われればその形状は一緒だが、色がだいぶ違う。カットすると更にすごいことになっている。

 これはアフガニスタン原産で、トルコを中心に栽培されているブラックナイトキャロットと言うのだそうだ。

 ちなみに味はほぼニンジンと変わらないという。

舌をペロリと出したりクンクンしたり。世界6か国の珍しい挨拶方法

2018/11/06   -知る

 世界にはさまざまな文化があり、国によってタブーやマナーも多様だったりするが、挨拶にもいろんな種類があったりする。

 例えば握手やハグ、手を振る以外にも、互いの頬をくっつけるチークキスや、握りこぶしをくっつけ合うのはわりと知られている方法だが、頭を下げた…

テトリスに抗不安薬効果。プレイすることで不安を緩和させる効果があることが判明

2018/11/06   -知る

 世界で最も人気のあるゲームの1つ『テトリス』は、言わずと知れた落ちものパズルの傑作だ。

 時間を忘れてハマってしまうだけでなく、脳の効率性を向上させたり、アルコールやニコチン、ドラッグの禁断症状が改善されるなど、いろいろな効果があることが分かっている。

いったい何が?民家の敷地内で地面に穴が開き、そこから炎が噴き出したという謎(アメリカ)

2018/11/05   -知る

 今年9月17日、アーカンソー州バクスター郡の人口1000人ほどの小さな田舎町で、個人宅の敷地内の地面に穴があき、そこから炎があがった。

 まさに奇妙な光景だった。地面にあいた穴から、高さおよそ2.4メートルの炎があがり、40分以上も燃え続けたのだ。なぜ、こんなこと…

人は植物が排出する酸素だけで生きられるのか?気密テントに植物を入れて過ごしてた男性が危機的状況に(カナダ)

2018/11/05   -知る

image credit:Instagram
 小学校や中学校の理科の授業で習ったであろう植物の光合成。ご存じ、日光と水、二酸化炭素からでん粉と酸素を作り出すというはたらきである。

 植物は二酸化炭素を吸収して、酸素を吐き出す。ってことは、人間が吐き出した二酸化炭素も酸素に変え…

いとしい私の愛犬。ウルフドッグにそっと手を添え、美しい自然の風景を撮影し続けるカメラマン(チェコ)

2018/11/05   -知る

Instagram
 チェコのフリーカメラマン、ホンザ・リハーセックさんは、愛犬であるウルフドッグのシトカを連れ、美しい自然のある場所を旅している。

 彼の撮影のコンセプトは「自然・旅行・シトカ」だ。

 彼の写真に写るのは、美しい自然をバッグに、リラックスした表情…

第二次世界大戦の爆撃による衝撃波は宇宙の端にまで届いていた可能性(英研究)

2018/11/05   -知る

 1939年から1945年までの6年間、全世界的規模の巨大戦争となった第二次世界大戦。大量の爆撃は地球全土に恐怖をもたらしたが、その影響は地球上だけにとどまらなかったようだ。

 最新の調査結果によると、爆撃による衝撃波は、大気圏や宇宙にもその爪痕を残していた可能…

やっぱ月だろ。人類が火星よりも月に注目すべき5つの理由

2018/11/04   -知る

pixabay
 火星への有人飛行、さらには火星の植民化。夢のようなヴィジョンが人類の目の前に掲げられた。

 だがそれは、まずテラフォーミングして、呼吸ができる大気や温暖な気温を維持できるようになるという前提に立っている。しかし、現在のテクノロジーでテラフォーミ…

それってもしかしてストレスかも?猫の慢性的・長期的ストレスを判断する10の兆候

2018/11/04   -知る

pixabay
 過度なストレスによる悪影響を受けるのは人だけではない。それはさまざまな動物にもみられるものであり、もちろん猫にも現れる。

 ある動物行動学の専門家の説によると、動物も人間同様、慢性的・長期的なストレスが免疫反応を抑制するため、そこから病気になる…

すぐおいしい!茹でたじゃがいもをハチミツと粒マスタードで食べる、甘辛ハニーマスタードポテトの作り方 【ネトメシ】

2018/11/04   -知る

 春と秋、年に2回も新じゃがいもが市場に出回る。せっかくの新じゃがだから、いろいろ楽しみたいよね。簡単ですぐにできるものがいいよね?

 ということで今回は、レンチンして茹でたじゃがいもに、ハチミツと粒マスタードをあえるだけの簡単作業でできちゃう、甘辛ホク…

切符の支払い、社員証、飲食物の購入。マイクロチップIDの皮膚下移植が進むスウェーデン

2018/11/04   -知る

 2015年、社員の皮膚にマイクロチップを埋め込み社員証代わりにするというスウェーデンの試みをお伝えしたが(該当記事)その流れは更に進んでいるようだ。

 これまで、すでに4000人が移植を受けたそうだ。

 そのパイオニアとなったのは、バイオハックス・インターナシ…

「死ぬほど怖い」と言うが、人は恐怖で死ぬことがあるのか?答えはイエス。

2018/11/03   -知る

 死に方にはいろいろある。感染症だってあるし、過労死だってある。事故でばらばらになって死ぬかもしれないし、変な毒キノコにあたって死ぬかもしれない。我々の最後にはさまざまな死に方のいずれかがランダムに与えられる。

 お化けが徘徊するハロウィンは過ぎてしまっ…

川を掘り起こしたとところ、16世紀から19世紀に使用されていた日用品がザクザク!分類して並べてみた(オランダ)

2018/11/03   -知る

 2003年から2012年の間、オランダのアムステルダムにあるアムステル川では、地下鉄の路線を新設する為、排水し、掘り起こし作業が行われた。

 するとそこには70万点以上にのぼる膨大な物品が眠っていたのである。

 古くは16世紀のものから19世紀のものまで、市民が日常…

なぜこんな高所に猫が!?標高2500メートルの山の山頂でイエネコが優雅にくつろいでいた件(ポーランド)

2018/11/03   -知る

image credit:Wojtek Jabczynski / Facebook
 ポーランドの登山家ヴォイチェフ・ヤブチンスキーさんは、標高2500m(正確には2,503 m)の山の山頂で、信じられない光景を目にした。

 この山はリスィ山という。ポーランドとスロバキア国境付近にあるタトラ山脈(ハイタトラ…





まつ毛育毛剤通販