「 知る 」 一覧

ワニも音楽を愛す?クラッシック音楽を聴かせると活性化する脳の領域が増加することが明らかに(国際研究)

2018/05/13   -知る

 人間も一部哺乳類や鳥たちも好きな音楽を聴くのが好きだ。そして爬虫類であるワニもどうやらそうらしい。

 fMRIを使ってナイルワニにクラッシック音楽を聴かせたところ、活性化する脳の領域が増えたという。ワニは音楽を理解し、それを楽しんでいる可能性が高いという。…

激しい噴火を繰り返す、ハワイ島キラウエア火山。なぜハワイの人々は溶岩の前に植物を置くのか?

2018/05/12   -知る

 現在も噴火を続けているハワイ島のキラウエア火山。有毒ガスと溶岩が噴出し、多くの住人が避難している。

 現地から伝わってくる映像や画像をよく見るとあることに気が付くだろう。迫りくる溶岩の手前には、フラダンスの腰みのにも利用されているティーリーフ(センネン…

息子に算数を教えるため地下鉄車内で勉強していた父親。隣に座った元教師が愛の手を差し伸べる(アメリカ)

2018/05/12   -知る

 困っている人がいる。と、そこへちょうど通りかかった誰かが、その人が困っているのを見て、助けの手を差し伸べる。

 とてもシンプルなことなのだが、実際には、案外難しいことなのかもしれない。

 ニューヨークに住むデニス・ウィルソンさんは、帰宅途中の地下鉄の中…

世界初、冷凍したカエルの心臓を復活させることに成功(ロシア研究)

2018/05/12   -知る

 ロシアの科学者が、世界で初めて冷凍したカエルの心臓を回復させることに成功した。

 ロシアの高等研究基金(advanced research foundation)では、切除した組織や内臓を無期限の間、利用可能な状態に保つ技術の開発を行っているが、世界で初めてマイナス196度で45日間…

死者との接触、超常体験、都市伝説など。子供が絡んだ7つの怖い話(後編)

2018/05/11   -知る

 誰もがいくつかの怖い話を知っているだろう。先人から語り継がれた怖い話は、少しずつその姿を変えながら今日まで語り継がれていく。

 その地域や時代に適応しながら生き続ける「怖い話」はまさにある種の生命体のようで、インターネットの時代となり、怖い話の伝搬速度…

ラーメン大好きアメリカ人が選んだ世界のインスタントラーメンランキング(2018年最新版)

2018/05/11   -知る

 手軽に食べられてしかもお財布に優しいとあって、日本だけでなく世界各国で大人気のインスタントラーメン。

 海外のスーパーマーケットなんかをのぞくとお国柄を反映した個性的なインスタントラーメンが売られていたりして、いろいろ食べてみたくなるんだ。

 さて、イ…

悪魔か故人か、僧侶の霊か!?恐怖のポルターガイストに悩まされ続けている家族の日常風景(イギリス)

2018/05/10   -知る

 ポルターガイストに悩まされている家族が自宅に監視カメラを設置したところ、ものすごい超常的な映像が撮れてしまったようだ。

 夫・ロバートさん(54歳)、妻・ポーリンさん(52歳)、息子・バリーさん(33歳)の3人は、イギリス・ケント州のグレーブセンドに10年前から住ん…

悪魔か故人か、僧侶の霊か!?恐怖のポルターガイストに悩まされ続けている家族の日常風景(イギリス)

2018/05/10   -知る

 ポルターガイストに悩まされている家族が自宅に監視カメラを設置したところ、ものすごい超常的な映像が撮れてしまったようだ。

 夫・ロバートさん(54歳)、妻・ポーリンさん(52歳)、息子・バリーさん(33歳)の3人は、イギリス・ケント州のグレーブセンドに10年前から住ん…

カタコンブ、エベレスト、納骨堂など、無数の死が存在する世界10の場所

2018/05/10   -知る

 「メメント・モリ」は”自分がいつか必ず死ぬということを忘れるな” というラテン語の警句である。

 生きる者たちはできるだけ死から目を逸らそうとするが、死はいたるところにある。そしてそれは誰もが決して逃れることのできない宿命なのである。

 ここでは死が記…

初めての飛行機の中で子どもが大騒ぎ!そこに救世主現わる。飛行中ずっと子どもたちの面倒を見てくれたおじさん(アメリカ)

2018/05/10   -知る

 目的地に着くまで降りることのできない飛行機。密室に閉じ込められているだけに些細なことでもストレスが発生する中で、泣き叫んだり騒ぎだす子どもたちの騒音が耐えられないという乗客も多い。特に隣の席なんかだとなおさらだ。

 数週間前、4ヶ月の息子とまだよちよち…

新しい言葉を学習するのに適した年齢は?年齢の上限はあるのだろうか?(米研究)

2018/05/10   -知る

 新しい研究によると、何か新しいことを習得できる年齢の上限はこれまで考えられていたよりも上なのだそうだ。少なくとも新しい言葉を学習することに関してはそうだ。

 子供は大人よりもはるかに容易に言葉を憶えることができる。これはバイリンガルの家庭で育った子供を…

驚くほどリアルなCGIエフェクトを使った映画10選

2018/05/09   -知る

 今やCGI(コンピューター生成画像)抜きに映画を語ることはできない。いかにもグリーンスクリーンの前にいると分かるものもあるが、巧みに使えば現実との境目の区別がつかないほど画面に溶け込み、迫真のシーンが出来上がる。

 ここでは本物と見分けがつかないほどすぐ…

驚くほどリアルなCGIエフェクトを使った映画10選

2018/05/09   -知る

 今やCGI(コンピューター生成画像)抜きに映画を語ることはできない。いかにもグリーンスクリーンの前にいると分かるものもあるが、巧みに使えば現実との境目の区別がつかないほど画面に溶け込み、迫真のシーンが出来上がる。

 ここでは本物と見分けがつかないほどすぐ…

点滴で生き延びる樹齢700歳の巨木、ベンガルボダイジュ(インド)

2018/05/09   -知る

 インド・テランガーナ州マフブーブナガル地区にある樹齢700年のベンガルボダイジュが、点滴を受けながら生きている。今のところ、生き残りの為にはこれ以上の方法はないようだ。

 ベンガルボダイジュの巨木は、シロアリと樹齢のせいで瀕死の状態だった。観光客による被…

蕎麦を手づかみで食べられるしかわいい。生春巻きで巻いた蕎麦アルパカの作り方【ネトメシ】

2018/05/09   -知る

 もともとは麵をズルズルとすする文化のない海外人が考案したものなんだけど、蕎麦を生春巻きで巻いてそのまま手づかみで食べられるというアイディアレシピ。

 なんとなくアルパカに似てなくもないので、チーズでアルパカの顔をつけてみたらちょっとかわいくなったでしょ…

真っ白ふわふわ。サモエド犬の魅力にズームイン!

2018/05/09   -知る

 雪のように白くて大きな毛玉のようなサモエド犬は、ロシアのシベリアののツンドラ地方原産の犬である。

 ロシア・ネネツ自治管区を中心としたサモエード族の名をそのまま付けられたサモエドは、3000年以上にわたって飼育されてきた原始犬に近い犬種である。

 サモエド…

24時間絶食で腸の幹細胞の再生能力が向上することがマウス実験で判明(米研究)

2018/05/09   -知る

 24時間の絶食で腸幹細胞機能の年齢に起因する現象が逆転することが明らかになった。

 『Cell Stem Cell』に掲載された論文によると、絶食によってマウスの幹細胞の再生能力が劇的に高まったという。

死者との接触、超常現象、都市伝説など。子供が絡んだ7つの怖い話(前編)

2018/05/08   -知る

 それを信じようが信じまいが、いつの時代もどこの国でも、心霊現象や超常現象絡みの話にはことかかない。

 未知なるものは、私たちの根源的恐怖をくすぐり、想像力を煽る。恐怖は人間が身を守る為に備わったものなのだ。

 何の既成概念にもとらわれず、感受性の豊かな…

旧約聖書に記された古代イスラエル王国の年代に関する新しい証拠が発見される。その成立は紀元前11~10世紀。

2018/05/08   -知る

image credit:Bar-Ilan University
 伝説のダビデとゴリアテの戦いなどを描いた旧約聖書の記述以外、紀元前10世紀に存在したという古代イスラエル王国に関する歴史的記録は長い間論争の的とされてきた。

 最新の考古学的発見は、ダビデが全イスラエルを統一したという伝説…

兄弟の夢をのせて大海原へ。1年前に出航したおもちゃの海賊船「アドベンチャー号」が今も世界の海を冒険中

2018/05/07   -知る

image credit:Facebook
 昨年5月、スコットランド・ピーターヘッドから出航したおもちゃの海賊船が、現在もなお航海を続けているとして話題になっている。

 スコットランドに住むファーガソン家のオーリーくん(8歳)とハリーくん(5歳)は、人生でやりたい冒険のひとつに挑戦…



まつ毛育毛剤通販