「 知る 」 一覧

アメリカの黒歴史。生まれてすぐに引き離されお互いの存在を知らされず育てられた非情なる三つ子社会実験

2018/02/10   -知る

 アメリカで1961年に生まれた男の子3人の三つ子がいた。

 彼らは生まれてすぐ、別々の家庭の養子となりその後19年間、お互いの存在を全く知ることがなかった。

 子供の人格形成や成長は環境と遺伝子、どちらが優位に働いているのかを調べる実験の為だ。3人は実験の為に…

世界で最も危険な激辛アイスクリーム。ブート・ジョロキア級にスパイシーな「悪魔の吐息」が爆誕(スコットランド)

2018/02/10   -知る

 スコットランド・グラスゴーにあるオールドウィッチ・カフェ・アンド・アイスクリーム・パーラーにとんでもない辛さのアイスクリームが登場したようだ。

 「悪魔の吐息(Respiro del Diavolo)」という名前からしてやばそうなアイスなんだが、唐辛子の辛さ量る単位・スコ…

これら18か国に行くときには気をつけたほうがいい各国独自のタブーやマナー

2018/02/10   -知る

 「人生は本のようなものであり、旅をしないということは、1ページしか読まないようなものである」というフレーズがある。

 哲学者、聖アウグスティヌスの言葉だそうだ。様々な文化が交じり合ったこの世界を見て歩くことで得るものは大きい。

 とはいえ、自国の常識は…

女性の美は45を過ぎてから。年を経て内面からの美しさが現れた45歳以上の美人・美男モデルたち

2018/02/10   -知る

 ランウェイを優雅に闊歩する中国の仙人おじいさんなどが話題になる昨今、ロシアのモデル事務所Oldushkaでは、45歳から85歳のモデルたちを採用しているという。

 歳を経ることで生まれる相応の美しさを積極的に受け入れるOldushkaは、年齢を重ねたモデルの素晴らしいショ…

生体細胞の組織をあっという間に3Dプリントで作成する新技術が開発される(オランダ研究)

2018/02/10   -知る

 人間の臓器を3Dプリントできるようになる日がまた一歩近づいたようだ。

 これまでも、3Dプリンターで立体物を「印刷」する研究は進められていたが、オランダ、トゥウェンテ大学の研究チームが、人間の生体細胞を内部に収めた組織をプリントする超精密な技法を開発した。…

2018年に新たなる進展が期待されている4つの考古学的発見

2018/02/09   -知る

 歴史は巡る。そして未来へとつながっていく。人類が残した文化の痕跡を研究し、それを記録し続けることではじめてわかる事実もある。

 現在も様々な考古学的研究が進められているが、2018年にニュースになると期待される考古学的発見だ。ここで近年までの進展と今年の展…

マジ錬金術師。毒性のある金属を食べ、小さな金塊のフンを出す微生物

2018/02/09   -知る

 微生物には無限の可能性がある。漫画「もやしもん 」で我々はそれを学んだわけだが、小さな細菌の細胞ほど見事に環境に潜り込める生命体は地球上にはいない。

 細菌が地上で果たしている役割は様々あるが、中には錬金術師も存在する。

 毒性のある金属化合物を食べて…

グランドキャニオンの地下に眠る失われた文明の謎(アメリカ)

2018/02/08   -知る

 アメリカ、アリゾナ州には地球上で最も壮大な風景が広がっている。そう、グランドキャニオンだ。

 悠久の時の中をコロラド川に覆われたおかげで、長さ446キロ、幅29キロの大渓谷が形成された。そこは自然の驚異であると同時に、歴史のミステリーが眠る場所でもある。

史上初の月面着陸をしたアポロ11号は宇宙人の活動拠点を見つけていた?音声テープに残されていた不可解な記録

2018/02/07   -知る

 1969年、アポロ11号は史上初の人類月面着陸を行ったことで知られている。

 そして1972年、アポロ17号が最後の月面着陸を行った後、45年以上も月面有人着陸は行われていない。こうしたことからアポロの月面着陸にはいくつかの陰謀説や不穏な噂が今もなお囁かれている。

古代から中世にかけて発達していった、ちょっと怖い歯科治療に関する10の歴史

2018/02/07   -知る

 歯医者が登場する前は、虫歯治療はどうしていたのだろう?

 虫歯の痛みは大昔から人々を苦しめてきたはずだ。歯の痛みは、耐えうることのできるもっとも悲惨な苦しみであることはよく知られている。

 ありがたいことに現代のわたしたちは、長年培われてきた総合的な知…

言霊って宿るから。自信を損なう10の言葉。それをこう言い換えてみよう【ライフハック】

2018/02/07   -知る

 言葉には力がある。いわゆる言霊ってやつだ。言葉の持つ力は、私たちの内心で、より強く作用するのである。

 いつも不平不満ばかりを口にしていると自らも不幸に足を突っ込むことになる。言葉は自分に返ってくるのだ。悪い言葉の呪縛から逃れるにはどうしたらいいか?

ヒトとチンパンジーの交雑種「ヒューマンジー」は100年前に実験室で本当に作られていた!?高名な科学者の発言に物議

2018/02/07   -知る

 トップ画像イメージであり、「猿の惑星」という映画に登場する進化した猿だが、1920年代、あるアメリカ人科学者がヒトとチンパンジーを掛け合わせた「ヒューマンジー」を作り出すことに成功したという噂がある。

 1970年代の鏡を使った自己認識実験で知られる著名な進化…

ロシアの路上は危険がいっぱい。ドライブレコーダーがとらえたハプニング総集編なドキュメンタリー映画「The Road Movie」

2018/02/06   -知る

image credit:YouTube
 エキセントリックな出来事が日常的に起こることで知られるロシア(関連記事)では、自動車にドライブレコーダーを搭載するのがデフォルトのようだ。

 世界的に見て人口当たりの事故死リスクが高いこと、交通違反を取り締まる警察官への不信感などが理…

我々は今、世界の終焉を生きているのか?専門家に聞いてみた

2018/02/06   -知る

 地球史上6回目の大量絶滅に入っているとか、第三次世界大戦が勃発するとか、小惑星が衝突するとか、疫病だとか気候変動だとか宇宙人の侵略だとか、とにかく世界は終焉を迎えようとしているというストーリーにはことかかない。

 毎年、毎月のようにいくつもの終末の予言…

ダンボールで作った武器や鎧で戦争ごっこ。オーストラリア発の大人の遊び「ボックス・ウォーズ」が世界的ブームの予感

2018/02/06   -知る

 小学校の図工の時間にダンボールでいろんなものを作ったりした人もいると思うんだけども、それを大きなお友だち仕様にした戦争ごっこが人気を集めているよ。

 武器や鎧、戦車、動物など戦闘で使うありとあらゆるものをダンボールで作るバトル・エンターテイメント「ボッ…

地球の磁極の反転が迫っている? 大規模な停電・電波障害が懸念される(米専門家)

2018/02/06   -知る

 地球の核によって生じる磁場は、強烈な太陽風から地球を守っている。それは宇宙にまで広まっており、オーロラから送電網までさまざまなものに影響を与えている。

 地上の生命にとっても重要であるが、実は過去200年の間におよそ15パーセントも弱まっている。前から言わ…

地球の磁極の反転「ポールシフト」が迫っている? 大規模な停電・電波障害が懸念される(米専門家)

2018/02/06   -知る

 地球の核によって生じる磁場は、強烈な太陽風から地球を守っている。それは宇宙にまで広まっており、オーロラから送電網までさまざまなものに影響を与えている。

 地上の生命にとっても重要であるが、実は過去200年の間におよそ15パーセントも弱まっている。前から言わ…

謎めいた15枚の写真とそれにまつわる偽のサイドストーリー

2018/02/05   -知る

 
 謎めいた写真は人の想像力を掻き立てる力がある。その真実を探るために生涯をかけるような人までいるほどだ。

 果たして、それは本物なのだろうか? 不可解な現象は超常現象の一言で片付けられることも多いが、それを語り継ぐには、我々は不気味なストーリーを必要と…

毎日を台無しにしてしまう、残念な5つの考え癖とその克服方法【ライフハック】

2018/02/05   -知る

 人は常に何かを考えている。様々な思考が頭の中をよぎり、そのまま消えてしまうものもあれば、いつまでも頭から離れず、日々に影響するようなものもある。

 毎日繰り返し行っていることには癖がつく。悪い考え方の癖がこびりついてしまうと、負のルーチンに陥り、不幸を…

暗闇でも見える、猫の目の秘密にズームイン!

2018/02/05   -知る

 朝目覚めると、深夜に躍動してたであろう猫が見事空中の蛾をキャッチし、足元にお土産として置いてあることがある。

 夜行性の猫は、人間がぐっすり寝ている間がアクティブモードだ。彼らの夜のハンティング能力は、彼らは夜でも目が見えるという利点のおかげだ。

 ご…



まつ毛育毛剤通販