「 知る 」 一覧

第一次世界大戦で顔を負傷した兵士たちの為に、オーダーメイドのマスクを次々と作り上げた善意の女性彫刻家(アメリカ)

2018/09/14   -知る

 1914年7月28日から始まった第一次世界大戦。当時の戦争は人類にとって最悪だった。軍事技術が急速に発展していったのに対し、医療技術が全く追いつかなかったのだ。

 大多数の軍は改良型の機関銃を使用し、性能の上がった機関銃による戦死者の数は急増した。毒ガスが本…

死者の霊が関与した?世にも奇妙な死を遂げた世界10のケース

2018/09/14   -知る

 幽霊という存在は人間によって作り出されているものではないのか?

 科学では脳が幽霊を作り出すということを実験で検証したが(関連記事)、どうしても受け入れがたい事象が発生すると、それを霊によるものだと信じてしまうのは、もはや防衛本能に近いものがあるのかも…

模造品が俺のジャスティス?中国で盛んに製造され続ける偽物スニーカー工場の実態とは

2018/09/14   -知る

image credit:Vice news
 スニーカー好きは世界中に存在し、最新モデルを欠かさずチェックしている人も多いはずだ。

 しかしもれなくみんながみんな最新モデルを手に入れられるのかというとそうでもないだろう。

 たまらなく欲しくても数量限定だったり地域限定だったり…

スーパーヒーローたちに家の雑用をさせるだとぅ?遠近法を利用した面白トリック写真

2018/09/14   -知る

 植木鉢とか運ばせてるし、バットマンとかほうきもって床掃除してるし、スーパーヒーローのパワーをそんなことに使わせてる場合じゃないだろ!地球の平和を守ってもらわないと困るんですけど!とか思いがちだが早合点してはいけない。

 実はこれあるトリックが使用されて…

廃棄された列車内で生まれたマヌルネコの赤ちゃん。母親とはぐれた為人間の手による子育てが開始される(ロシア)

2018/09/14   -知る

 マヌルネコの赤ちゃん、ダーシャちゃんがロシア、ザバイカル地方に設けられたダウルスキー自然保護区の草原でミャーミャー泣いているところを保護された。まだ生後1ヶ月にも満たなかった。

 マヌルネコはふわふわした被毛と横に平べったい体が特徴的な、シャイで、つい…

飲むだけで老化を遅らせることができる?注目のサプリメントは本当に健康寿命をのばすことができるのか?

2018/09/14   -知る

 何人たりとも死は免れない。そこは人生の終着地点となっている。終着地点のみ唯一平等に用意されているというのも皮肉な話である。

 現在の技術において、不老不死は望めないかもしれないが、少しでも健康寿命を伸ばすことは可能かもしれない。

 6名のノーベル賞受賞…

悪魔に憑依された修道女が無理やり書かされたという謎の暗号文「悪魔の手紙」がついに解読される

2018/09/13   -知る

 17世紀、実在した修道女が書いた謎の暗号文「悪魔からの手紙」がついに解読されたそうだ。

 問題の手紙は1676年、イタリアのシチリア州アグリジェント県のパルマ・ディ・モンテキアーロ修道院で、修道女マリア・クロシフィッサ・デッラ・コンチェツィオーネによって書か…

肉体を酷使しているわけではないのに…なぜデスクワークは疲れるのか?

2018/09/13   -知る

 一日中パソコンにかじりついてデスクワークを行なったあなたは、家に帰って心身ともに疲れ果てていた。

 だが今日やったことといえば、ほんの少し指先の筋肉を動かしただけだ。

 デスクワークとは机の上でする仕事のことだ。ただ座っているだけなのになぜこうも疲労…

リュックを背負ったボーダーコリーが山火事後の災害現場で大活躍!一体何をしているのか?(チリ)

2018/09/13   -知る

 人間と暮らし、人間のために働いてくれる犬は数多い。

 古くは番犬、猟犬、牧羊犬など。現代の生活の中では、盲導犬をはじめとした各種の補助犬、警察犬や麻薬探知犬などがいる。災害の最中には、訓練された災害救助犬が人間を救ってくれる。

 また、日本ではあまり聞…

最も勢いのある精子を5分で捕えることができるデバイスが開発される。体外受精の成功率向上を期待(米研究)

2018/09/13   -知る

 億単位の参加者が一斉にスタート。ライバルを蹴落とし、その中から、最もスピードが速く勢いのある精子のみが卵子と受精することができる。

 自然な状態で妊娠できない場合、今や体外受精という選択肢がある。世界では年間1万人以上の赤ちゃんが体外受精を通じて誕生し…

交通事故で亡くなった息子から精子を採取し、人工授精で孫を誕生させたイギリスの富豪家

2018/09/12   -知る

 
 4年前、オートバイ事故で26歳の息子を亡くしたイギリス人夫妻がいた。彼らはイギリスでも名門の大富豪で、どうしても跡継ぎとなる孫が欲しかった。

 そこで、回収された遺体から精子を抽出し、人工授精で孫を誕生させたのだ。

トルコの湖底に眠る古代教会遺跡。その下には秘密の異教徒の神殿が?

2018/09/12   -知る

 トルコのイズニック湖に沈む古代教会。このキリスト教会遺跡は、紀元390年ごろに建設されたものと考えられている。

 2014年、ブルサ・ウルダー大学考古学部長のムスターファ・シャヒンは、政府の測量技師に航空写真を見せられ、古代遺跡が湖の底に眠っていることを発見…

スタッフは全員55歳以上。シニア世代のみを雇用するスターバックスが誕生(メキシコ)

2018/09/12   -知る

 老後は働かずにのんびりと暮らすのが理想のライフスタイルかもしれないが、まだ働かねばならない理由のあるシニア世代も多いのが現実だ。

 また、年齢に関係なく働きたいという人だっているだろう。

 そういうシニア世代にとってはうれしいスターバックスが、メキシコ…

他人にどう思われようと気にしない人ほどSNSで政治を語りたがる(スウェーデン研究)

2018/09/12   -知る

 ネット上での政治的な議論は、ときに喧嘩腰のものとなる。お互いに自分の主義主張を曲げることはなく、反対意見を聞けば聞くほどその溝は深まっていく。

 コメント欄やSNSのスレッドを眺めてみれば、かなり強い物言いが散見されることだろう。どうやら、それは単に議論…

今年のテーマは「I, Robot.」バーニングマン2018の見どころシーン

2018/09/12   -知る

 毎年アメリカで開催される大規模イベント、バーニングマン。2018年は、ネバダのブラックロック砂漠で2018年8月26日~9月3日に開催された。

 バーニングマンはよくあるフェスとは一線を画している。参加者は、テーマに基づいた大都市を共同で作り上げ、「ブラックロック…

悪魔祓いは訓練されたエクソシストじゃないと大変なことに!?その成功例と失敗例

2018/09/11   -知る

 悪魔祓いは古代から現代に至るまでの世界各地で一般的に行われている行為だ。

 キリスト教では悪魔祓いを行う者はエクソシストと呼ばれ、憑りついた悪魔を祓うのは、訓練を積んだエクソシストに任せるよう勧めている。

 バチカンにはエクソシストの養成所がある。もっ…

人工知能ロボット「ソフィア」を開発したAIチームが子供たちに最新技術を学ばせる為、ユネスコとパートナーシップを結ぶ

2018/09/11   -知る

 サウジアラビアで市民権を持つ、世界的に有名な人工知能(AI)アンドロイド「ソフィア」。ソフィアは進化する天才マシーンの異名を持ち、テレビ番組や国際的サミット、カンファレンスなどに数多く登場している。

 ソフィアを開発したシンギュラリティネット(Singularit…

「キャラメルサンデーが食べたい」 患者の最期の願いを叶えるため救急車でマクドナルドに立ち寄り、その夢を叶える救急隊員(オーストラリア)

2018/09/11   -知る

 この人生、いつか終わりの時が来る。その時に望むことは何だろう?

 もう一度会いたい人がいるかもしれない。もう一度行きたい場所があるかもしれない。もう一度聴きたい音楽があるかもしれない。

 あるいは、もう一度食べたいものがあるかもしれない。きっと誰でも、…

なんだって~!超能力を持つ猫(サイキックキャット)が約800万円で売りに出される(ロシア)

2018/09/11   -知る

 猫って、何もないところをジーっと見つめたりしていることあるよね。あれは人間の目には見えざる何かを見ている説もあったりなかったりするんだけども、9つの命を持つと言われている猫には、ただならぬ能力を秘めている個体もいるらしい。

 ロシアのある男性は、自分の…

冥王星がまた惑星に返り咲けるかも!?惑星と認定すべき根拠を発見(米研究)

2018/09/11   -知る

 子供の頃、太陽系の惑星の並び順で「水金地火木土天冥海」(水金地火木土天海冥)と覚えていた人も多いだろう。

 だが2006年、冥王星は惑星の地位を失い準惑星に分類されることになった。

 あれから12年過ぎたが、はたしてその判断が本当に正しかったのかどうか、その…




まつ毛育毛剤通販