「 男女 」 一覧

「僕ら兄弟は10年前にそれぞれの『元妻』と4人で写真を撮った」→削除せずにこんな解決を図った

2018/09/16   -男女

こちらはとある兄弟が、それぞれのパートナーと一緒に4人で撮った10年前の写真。

通常ならば懐かしい思い出の写真なのですが、問題は両カップルとも現在は別れてしまっていること。

残しておくのも処分するのも忍びないため、悩みに悩んだ結果……ある解決策を図ったそう…

「彼女とのデートに選んだレストランが失敗だと思うのは…こんなとき」表情が全てを物語る

2018/09/02   -男女

デートのレストラン選びは、おいしい店であるとか、彼女が喜んでくれそうだとか、なかなか大変です。

レストラン選びを失敗したと思われる、ある男性の表情をご覧ください。

ひと晩限りの男女関係は意外と長続きしていた…意外な調査結果

2018/08/31   -男女

英語で「ひと晩限りの関係」は“one night stands”と言いますが、ひと晩限りと言うくらいなので、長続きするイメージはありません。そもそも、続いたらひと晩限りではなくなってしまいますね。

ところが、それがきっかけで長期の関係に発展する場合も少なくないとのことで…

「結婚式に出席したら…他に独身男性がほとんどいなかったときの僕の表情」いろんな気持ちが伝わってくる写真

2018/08/17   -男女

海外の若い男性が結婚式に参列したところ、たまたま他に独身男性が少なかったそうです。

「その結果、こんなことになった……」と、そのときの様子を海外掲示板に投稿していました。

写真をご覧ください。

「男性に質問、女性が知らない秘密ってどんなことがあるの?」男の本音いろいろ

2018/08/13   -男女

男女の溝が深いのは古代から続くテーマですが、インターネットが普及した現代は、お互いの情報も少しずつ共有されるようにはなってきました。

「女性が知らない男性の秘密ってどんなものがありますか?」
この質問に、海外掲示板の男性たちが回答していました。女性に参考…

「キスとは何かを各分野の教授が説明すると…」というお話

2018/08/09   -男女

キス(接吻)とはいったい何なのでしょうか。

「各分野の教授が答えるとこんな感じ?」という海外のジョークをご紹介します。

「あなたが守っている『男同士のルール』『女同士のルール』はどんなものがある?」回答いろいろ

2018/08/07   -男女

ルールや法律など明記されていること以外にも、マナーや暗黙の了解というものがあります。

「自分は守っている『男同士のルール』『女同士のルール』はありますか?」

この質問に対する、海外掲示板の回答をご紹介します。

「男性に質問、この女性とは2度とデートしたくないと思った経験はある?」回答いろいろ

2018/08/02   -男女

誰かとお付き合いするなら、最初のデートは大事なポイント。

海外掲示板に、
「独身男性に質問、2度目のデートは絶対にないと思った理由は何ですか?」という質問が投げかけられていました。

回答をご紹介します。

「今の時代…海にいるカップルはこんな感じだよね?」あるあると言いたくなる写真

2018/07/30   -男女

昔も今もビーチは恋人たちの定番デートスポット。

……ではありますが、今どきのビーチで写真撮影をしたところ、昔とは明らかに違う行動に気付いたそうです。

海外の夫が質問「私のIQは167、妻は78、妻を捨てるべき?」→回答が秀逸だと評判に

2018/07/16   -男女

欧米にも「Yahoo!知恵袋」や「発言小町」のような、投稿された疑問や悩みに対し一般人が回答するQ&A形式のサイトがたくさんあり、質問や回答のクオリティが玉石混交である点も一緒です。

「私のIQは167、妻は78なのですが、妻を捨てるべきでしょうか?」という、いかにも…

「毎日おじいさんが7年前に他界した妻の遺影を持って現れる…ここは2人が恋に落ちた場所」

2018/07/09   -男女

死とは残酷なもので、残された者を孤独に追いやってしまいます。

とある72歳の男性が妻の遺影を持って、毎日同じ場所に現れるのだとか。

そこは若き日の2人が初めて恋に落ちた場所でした。

欧米人「日本で出会い系アプリを見てみたら…何だこりゃー!?」驚くのも無理はないプロフィール写真

2018/06/20   -男女

世界中で人気のある出会い系アプリ、Tinder(ティンダー)。基本的には近くにいる異性を紹介してくれる仕組みになっています。

ある外国人男性が、日本に来てTinderを覗いてみたところ……。

「日本でしか見ない状況だ!」と驚いていました。

「ベランダに息子を立たせて近所の報告をさせる両親、その理由は…」というお話

2018/05/16   -男女

狭いアパート暮らしの夫婦が8歳になる息子にアイスキャンデーを与え、ベランダに立たせた上で、こう言いました。
「近所の様子を報告してごらん」

「駐車場からレッカーで車が運ばれていく!」
「救急車が通り過ぎたよ!」
「アンダーソン家には話し相手がいるようだ!」

「離婚専門の弁護士に質問、扱った中で最もバカげた離婚理由は?」信じがたい回答いろいろ

2018/05/09   -男女

離婚率の高い欧米では、弁護士を立てて離婚調停に臨むことも少なくありません。

海外掲示板で、離婚専門の弁護士に対してこんな質問の投稿がありました。
「今まで受けた中で、最もバカげた離婚依頼はどんなものでしたか?」

気になる回答をご紹介します。

「彼を見るとなぜか泣けてくる…」フレンドゾーンの王と呼ばれる男性

2018/05/08   -男女

英語には“フレンドゾーン”という言葉があります。
男女がどんなに親しくなっても友達止まりで恋人関係になることはない、そんな関係のことを指します。

さて……ときは2008年。仲良く2ショット写真を撮るこちらの学生。

後に「キング・オブ・フレンドゾーン」と呼ばれる…

「結婚式のときの妻と、ハリウッド俳優に会ったときの妻を比較してみた…うん」夫に同情が集まっていた写真

2018/05/07   -男女

ハリウッドの人気俳優&映画監督であるロブ・ロウ。2015年には殿堂入りもしています。

そんなハリウッドセレブと2ショット写真を撮った妻を持つ夫が、結婚式のときの写真と見比べてみたそうです。

比較写真をご覧ください。

「浮気男が懺悔したら…あれっ、神父さんがいなくなった!?」というお話

2018/04/28   -男女

とある男が過去に起こした自分の行いを反省して、教会で懺悔しようと思い立ちました。教会に到着するやいなや、まっすぐ懺悔の告白部屋へと向かったのです。

「神父さん、私は罪でいっぱいです」

「では、どんなことをしたのか話してみなさい。神は寛大です、きっと許し…

「飛行機で女性が神父に恥じらいながらお願いをした…」というお話

2018/04/27   -男女

スイス発の飛行機に、とても上品な女性が乗っていました。彼女の隣にはとても親切そうな神父が座っていました。それに気づいた女性は話しかけました。

「あのう、恥ずかしいお話なのですが、お願いがあります」

「かまわないとも、どんなことだね?」

「最新の脱毛器を…

「公共の場でプロポーズされて『ノー』と返事をした人、それはなぜ?」告白いろいろ

2018/04/16   -男女

プロポーズは成功すれば大きな喜びとなりますが、必ずしもハッピーエンドが待っているわけではありません。

「公共の場でプロポーズされたものの断った人、それはなぜですか?」
この質問に対する、海外掲示板のコメントをご紹介します。

「妻が3年連続でヨッシーの誕生ケーキを作ってくれた…クオリティは悲惨だけど気にしてないよ!」

2018/04/04   -男女

マリオシリーズに登場する人気キャラクター、ヨッシー。

海外の男性が「妻が3年連続でヨッシーの誕生ケーキを作ってくれた。とても残念な出来だけど気にしてないよ」と、その写真を海外掲示板で紹介していました。

どんなケーキになったのかご覧ください。




まつ毛育毛剤通販