「 宇宙 」 一覧

危機一髪?直径8メートルの小惑星が地球をかすめるように通過…月との間の約半分の距離!

2019/03/21   -宇宙

1: プラチナカムイ ★
 《 直径約8メートルの小惑星が16日、地球をかすめるように通過したと、東京大木曽観測所(長野県木曽町)が20日発表した。地球と月の間の約半分にあたる22万キロの距離だったという。 昨年末には、10メートルほどの小惑星がベーリング海…

月が挙動不審!太陽の前を行ったり来たりする不思議な動き…NASA太陽観測衛星動画

2019/03/21   -宇宙

1: ばーど ★
 《 今月7日、米航空宇宙局(NASA)の太陽観測衛星「ソーラーダイナミクス天文台(SDO)」が、月が太陽の前を行ったり来たりする不思議な動きをとらえた。月は太陽の前を通り過ぎたあと、一瞬止まって、再び元来た方向へ戻っていった。いったいなにが起きて…

カムチャツカ沖上空で隕石が爆発、広島原爆の10倍規模…日本の気象衛星ひまわりが記録、誰も気づかず!

2019/03/20   -宇宙

1: ばーど ★
 《 2018年12月18日、ロシア極東カムチャツカ半島の沿岸に近いベーリング海上空で、火球による強力な爆発が発生していた。 (略) ファスト博士によると、爆発を記録したのは日本の気象衛星ひまわり。ひまわりが「煙でできたほぼ垂直の流星飛跡を…

大きな小惑星「EA2」が地球に接近していると警告、月までの距離よりおよそ8万キロ近い…NASA!

2019/03/19   -宇宙

1: ニライカナイφ ★
 《 米航空宇宙局(NASA)は、大きな小惑星EA2が地球の近くを通過すると伝えた。22日、EA2は地球から約30万5000キロの距離まで接近する。これは地球から月までの距離よりおよそ8万キロ近い。  》 ここまで一部引用、続きは記事ソースをご…

探査機「はやぶさ2」から小惑星に金属弾を打ち込んで人工的なクレーターを形成する実験へ…爆発前にりゅうぐうの裏側へ回避!

2019/03/19   -宇宙

1: 窓際政策秘書改め窓際被告 ★
 《 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は18日、探査機はやぶさ2による、小惑星りゅうぐう表面に人工のクレーターを形成する実験を4月5日に行うと発表した。小惑星の地下の様子を調べたり、実際の天体衝突でクレーターが生まれる過程を再現した…

火星探査機「オポチュニティ」が予定の60倍という超長期ミッションをこなせた理由とは?

2019/03/19   -宇宙

1: しじみ ★
 《 2004年に火星へ着陸したアメリカ航空宇宙局(NASA)の火星探査機マーズ・エクスプロレーション・ローバーB、通称「オポチュニティ」がついに任務を完了したことが2019年2月13日に発表されました。 当初に予定されていたミッション期間のなんと60倍もの超…

2019年は「宇宙資源開発元年」…300兆円市場に出遅れる日本!

2019/03/16   -宇宙

1: しじみ ★
 《 アポロ11号が月面に着陸して50年目の2019年は、“宇宙開発元年”になると言われている。今年、世界の民間企業がいっせいに月で“資源開発競争”を始めることはあまり知られていない。 ■イスラエルを皮切りに各国企業が月探査を開始  2019年1月、…

「火星に初めて降り立つ人類は女性になりそうだ」…ブライデンスタインNASA局長!

2019/03/15   -宇宙

1: ニライカナイφ ★
 《 人類として初めて火星に降り立つのは、男性ではなく女性になる可能性が大きい――。米航空宇宙局(NASA)のジム・ブライデンスタイン局長が、このほどそんな見通しを明らかにした。  ブライデンスタイン局長は科学技術をテーマにしたラジオ…

宇宙船に「蒸気駆動」を使おうとするプロジェクト推進…小惑星探査への新たな扉を開く!

2019/03/14   -宇宙

1: しじみ ★
 《 宇宙探査に何世紀も前から使われている動力である「蒸気力」を使おうとするプロジェクトが進んでいる。小惑星の表面の氷から採取した水を蒸気にして推進力を得る探査機は、推進剤を使い果たす心配がなく、宇宙空間でのミッションをいつまでも続けられる…

ダークエネルギーの量は変化していた?膨張する宇宙の謎に一石投じる発見か…NASA!

2019/03/10   -宇宙

1: 猪木いっぱい ★
 《 米航空宇宙局(NASA)は1月30日、運営するチャンドラX線観測衛星から取得したデータを分析し、宇宙の膨張を加速させる仮想上の「ダークエネルギー(暗黒エネルギー)」が時間とともに変化していることを明らかにした。今回の発見が膨張する宇宙の謎…

「火星ドローン」の実現に欠かせない、小型軽量で高効率モーターを開発…JAXAなど!

2019/03/08   -宇宙

1: しじみ ★
 《 宇宙航空研究開発機構(JAXA)などは、火星の希薄な大気でも飛行できる「火星ドローン」の実現に欠かせない、軽量で高効率のモーターの開発に成功したと発表した。  現状で一般的なモーターに供給される電力の約半分は熱として失われており、高…

探査機「はやぶさ2」が小惑星リュウグウに着地した際の動画を公開…発射した弾丸で飛び散って舞う砂や石を確認!

2019/03/06   -宇宙

1: チンしたモヤシ ★
 《 宇宙航空研究開発機構(JAXAジャクサ)は5日、探査機はやぶさ2が小惑星リュウグウに着地した際の写真や動画を公開した。 試料採取のため発射した弾丸で砕かれた砂や石が舞い上がる様子が確認された。4月上旬にはリュウグウ地表面にクレ…

火星探査機インサイトが火星の地面を掘削、数週間以内に3~5mの深さに機器を設置…NASA!

2019/03/06   -宇宙

1: 名無しさん@涙目です。(大阪府) [US]
 《 NASAの火星探査機インサイトの掘削装置「HP3」は初めて火星の地面を掘削した。深さは18~50cm。ドイツ航空宇宙センター(DLR)が発表した。  数週間以内に表面から3~5mの深さにHP3を設置する計画だ。 》 ここ…

超高速インターネット衛星「きずな」が運用終了、1ヶ月前から通信不能に…約11年の活躍に幕!

2019/03/05   -宇宙

1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [ニダ]
 《 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は3月1日、超高速インターネット衛星「きずな」(WINDS)の運用を終了したと発表した。世界最高速の3.2Gbps衛星伝送(2014年当時)や、被災地への通信環境提供など、約11年の活躍に幕を下ろした…

米スペースXの新宇宙船「ドラゴン」が打ち上げ成功…人の代わりにマネキンを乗せ試験!

2019/03/04   -宇宙

1: WATeR ★
 《 米スペースXは2日未明(日本時間同日午後)、新たに開発した有人型のドラゴン宇宙船を試験のため南部フロリダ州のケネディ宇宙センターから初めて打ち上げた。安全性に関するデータを取得するため、人の代わりにマネキンを乗せた。 》 ここまで一部…

低周波電波で最新の「宇宙地図」作成、30万個の銀河を発見…まだ宇宙全体のわずか2%!

2019/03/01   -宇宙

1: ばーど ★
 《 これまで知られていなかった数十万個の銀河を記載した最新の宇宙地図が発表された。これらの銀河は、光学機器では見えない光源を検出できる望遠鏡を使って発見されたもので、宇宙の範囲を大きく広げる研究成果となる。  今回の宇宙探査を実施した国際…

太陽の周囲から消えた「兄弟星」を発見、現在は110光年離れた位置に!

2019/02/27   -宇宙

1: しじみ ★
 《 太陽は今から46億年前、ガスと塵(ちり)の雲の中で物質が凝集して誕生した。同じ雲から、ほぼ同時期に数百~数万個の恒星が生まれたとみられるが、それらの兄弟星は長い年月の間にかなたに吹き飛ばされたり、天の川銀河の中心を巡る公転速度のわずかな…

米企業が人工重力による回転式宇宙ステーション建設を計画…予算は33.2兆円!

2019/02/26   -宇宙

1: ガーディス ★
 《 米国企業「ゲートウェイ・ファウンデーション(Gateway Foundation)」社は、宇宙にトーラス形軌道ステーションの建設を計画している。  (略) ステーション建設は宇宙で直接行われる予定。ゲートウェイ・ファウンデーション社…

ヴァージンの商用宇宙船「スペースシップ2」、初の乗客を乗せ宇宙飛行に成功…高度89.9キロに到達!

2019/02/25   -宇宙

1: しじみ ★
 《 宇宙旅行会社ヴァージン・ギャラクティックの商用宇宙船「スペースシップ2」が22日、乗客を乗せた状態で初めて飛行し、米国で宇宙空間と見なされる高度に達した。  ヴァージン・ギャラクティックによると、スペースシップ2は操縦士2人に加え、乗客1人…

火星への有人飛行は2030年代半ばに可能…ブライデンスタインNASA長官!

2019/02/24   -宇宙

1: みつを ★
 《 米航空宇宙局(NASA)のブライデンスタイン長官は、火星への有人飛行は2030年代半ばに可能だと発表した。  長官によると、火星への有人飛行を行う前に月で技術テストをし、その技術を後に火星で使用できるように発展させる必要がある。これに関…





まつ毛育毛剤通販