「 宇宙 」 一覧

「宇宙の終わり」について現代の物理学から予想される4つの可能性とは?

2018/09/18   -宇宙

1: しじみ ★
 《 宇宙はおよそ140億年前に無から生まれ、超高温の火の玉の状態から今に至るまで膨張し続けていますが、永遠の存在ではなく、いずれ終わりがくるといわれています。現代の物理学の観点から考えられる「宇宙の終わり」の4つの可能性について海外メディアのc…

日本が「宇宙エレベーター」創設に一歩踏み出すと報道される!

2018/09/14   -宇宙

1: SQNY ★
 《 日本の学者たちが、はじめて宇宙空間で「宇宙エレベーター」システムの実験を行う。「宇宙エレベーター」が完成すれば、将来的には地上から地球周辺の軌道上まで、必要物資のみならず、人間の輸送も潜在的に可能となる。科学系メディア「サイエンス・アラ…

太陽系の未知の惑星「プラネット・ナイン(第9惑星)」が発見されるまでにはあと1000年かかる!

2018/09/12   -宇宙

1: しじみ ★
 《 地球が属する太陽系には、水星・金星・地球・火星・木星・土星・天王星・海王星に次ぐ第9の惑星「プラネット・ナイン」が存在していると考えられています。この惑星の存在自体はさまざまな観測データなどから90%以上の確率で間違いないと考えられていま…

太陽系の未知の惑星「プラネット・ナイン(第9惑星)」が発見されるまでにはあと1000年かかる!

2018/09/12   -宇宙

1: しじみ ★
 《 地球が属する太陽系には、水星・金星・地球・火星・木星・土星・天王星・海王星に次ぐ第9の惑星「プラネット・ナイン」が存在していると考えられています。この惑星の存在自体はさまざまな観測データなどから90%以上の確率で間違いないと考えられていま…

繰り返し飛行できる「再使用型ロケット」の飛行実験を、2018年度末に実施へ…JAXA!

2018/09/11   -宇宙

1: ニライカナイφ ★
 《 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は5日、使い捨てずに繰り返し飛行できる「再使用型ロケット」の実験を2018年度末に能代ロケット実験場(秋田県能代市)で実施する方針を、政府の宇宙政策委員会の部会に報告した。全長7メートルの試験機を高…

賞金総額は約1億円、火星の二酸化炭素を糖(グルコース)に変えるコンペをNASAが開催!

2018/09/11   -宇宙

1: しじみ ★
 《 火星に豊富に存在する二酸化炭素を「有用な物質」に変えることを目的として「NASA CO2 Conversion Challenge」というコンペを開催するとNASAが発表しました。このコンペの賞金は総額100万ドル(約1億1000万円)となっています。  このコンペで述べられ…

宇宙の荷物、日本に戻す…JAXAが「輸送船」に想定する小型カプセルを打ち上げへ!

2018/09/03   -宇宙

1: ニライカナイφ ★
 《 上空400キロメートルの国際宇宙ステーション(ISS)から荷物を持ち帰る実験に宇宙航空研究開発機構(JAXA)が乗り出す。「輸送船」に想定するのが小型のカプセル。  無人宇宙機「こうのとり7号機」に載せて種子島宇宙センター(鹿児…

土星のオーロラ、欧州宇宙機関(ESA)が合成画像を公開!

2018/09/03   -宇宙

1: みつを ★
 《 欧州宇宙機関(ESA)が30日に公開した、可視光による土星の画像と紫外線による北極付近のオーロラの画像の合成画像。土星本体は2018年初め、オーロラは2017年にそれぞれ撮影された。  》 ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。 http://…

小型環境観測衛星「てんこう」10月29日にH2Aロケットで打ち上げへ…宇宙線を観測予定!

2018/09/02   -宇宙

1: WATeR ★
 《 県内の製造業4社が共同開発プロジェクトに参画する小型環境観測衛星「てんこう」は、10月29日に鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられることが決まった。宇宙航空研究開発機構(JAXA)などが28日、発表した。 》 ここまで一部引用、…

「目指せ2023年宇宙の旅」社員11人で試験用無人機を開発中…愛知ベンチャー企業「PDエアロスペース」!

2018/09/01   -宇宙

1: しじみ ★
 《 名古屋市のベンチャー企業「PDエアロスペース」が2023年に宇宙旅行を実現させようと、飛行機型の宇宙機開発に挑んでいる。乗客6人とパイロット2人の計8人乗りで、高度110キロの宇宙空間への到達を計画。“旅費”は1人1700万円を想定す…

「モンスター銀河」と呼ばれる種類の詳しい観測に初めて成功…国立天文台など!

2018/08/31   -宇宙

1: みつを ★
 《 宇宙が誕生してまもない時期につくられ、内部で星が次々と生まれる「モンスター銀河」と呼ばれる種類の銀河の詳しい観測に国立天文台などが成功し、星がつくられる仕組みの解明につながる成果として注目されています。  「モンスター銀河」とは、内部で…

日本の新型主力ロケットH3用補助エンジン「SRB-3」の燃焼試験が公開…JAXA!

2018/08/28   -宇宙

1: ■忍法帖【Lv=23,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb
 《 日本の新しい主力ロケットとして開発が進められているH3の補助エンジンの燃焼試験が、鹿児島県の種子島宇宙センターで公開されました。 H3ロケット用の補助エンジン「SRB-3」は、長さ14.6メー…

クフ王のピラミッドに匹敵する大きさの小惑星「2016 NF23」が地球に接近…NASA!

2018/08/28   -宇宙

1: 野良ハムスター ★
   《   クフ王のピラミッドの高さを超える直径の小惑星が地球に向かって接近しつつあることを、米航空宇宙局(NASA)のデータが物語っている。    小惑星「2016 NF23」は、地球から0.05天文単位(750万キロ)未満の距離を通過する…

太陽の将来はこうなるかも!?…「裏返し」の構造をもつ惑星状星雲を発見

2018/08/26   -宇宙

1: アルカリ性寝屋川市民 ★
 《 中心の星に近い内側では電離が進んでおらず外側の領域のほうが電離しているという、「裏返し」の構造をもつ惑星状星雲が見つかった。  太陽程度の軽い星は一生の終わりの段階を迎えると、星の外層部を周囲に放出する。この物質が中心に…

月の南極と北極に「氷」の存在をNASAの研究チームが発見…月探査時の水資源に活用期待!

2018/08/24   -宇宙

1: 自治郎 ★
 月の南極と北極に氷の結晶が存在することを、米航空宇宙局(NASA)の研究チームが発見した。インドの人工衛星や京都大学などによる月の隕石の研究で、氷が存在する可能性は指摘されていたが、決定的な証拠が見つかったのは今回が初めて。  今月20日に『…

超高温の系外惑星「KELT-9b」、大気中に重金属(鉄とチタン)を検出…地球から650光年!

2018/08/20   -宇宙

1: みつを ★
 《 欧州の研究チームはこのほど、地球から650光年離れた位置にある超高温の惑星について、大気中に気化した鉄とチタンを検出したと明らかにした。惑星の大気中に重金属を検出したのは初めて。  研究結果は英科学誌ネイチャーに今週発表された。惑星の…

暗黒物質の証拠とされていた「銀河系中心の超過放射」の正体は、高速回転する中性子星だった!

2018/08/19   -宇宙

1: しじみ ★
 《 ・10年前に銀河中心から謎のガンマ線放射を観測し、それが暗黒物質粒子の証拠であると期待されていた  ・新たな解析で、この超過放射がミリ秒パルサーと呼ばれる高速回転する中性子星から放射されていると示される  ・この結果により暗黒物質粒子発見…

「人類を多くの惑星で繁栄する種にする」スペースXが目指す火星移住計画、地下コロニー建設!

2018/08/18   -宇宙

1: しじみ ★
 《 マスクは宇宙開発会社スペースXのCEOとして、「人類を多くの惑星で繁栄する種にする」という野心的な目標を掲げ、火星移住計画に取り組んでいる。今年3月には、その具体的な内容を発表した。  火星到達の目標は2022年。まずスペースXが開発中の世界…

「天文学の教科書は書き換えられるだろう」、NASAの太陽探査機「パーカー・ソーラー・プローブ」打ち上げ成功!

2018/08/14   -宇宙

1: ガーディス ★
 《 NASAの太陽探査機「パーカー・ソーラー・プローブ」を載せたロケットは、日本時間の12日午後4時半ごろ、フロリダ州のケープカナベラル空軍基地から打ち上げられ、およそ40分後に太陽に向かう軌道に入り、打ち上げは成功しました。  当初、打…

「天文学の教科書は書き換えられるだろう」、NASAの太陽探査機「パーカー・ソーラー・プローブ」打ち上げ成功!

2018/08/14   -宇宙

1: ガーディス ★
 《 NASAの太陽探査機「パーカー・ソーラー・プローブ」を載せたロケットは、日本時間の12日午後4時半ごろ、フロリダ州のケープカナベラル空軍基地から打ち上げられ、およそ40分後に太陽に向かう軌道に入り、打ち上げは成功しました。  当初、打…




まつ毛育毛剤通販