「 びっくりネタ 」 一覧

「森林火災から…母はこうすることで食器セットを救った」カリフォルニアらしいアイデア

2018/08/04   -びっくりネタ

近年のカリフォルニア州は、毎年のように乾燥と酷暑による大規模な森林火災に見舞われています。

まずは自らの命を守ることが先決ですが、可能であれば家財道具も守りたいところ。

避難勧告を受けた人物が「大切な食器セットをこんな風にして守った」と、その手法を紹介し…

「さすがニューヨーク地下鉄…ひとりでソファを持ちこんでいる乗客がいる」

2018/08/03   -びっくりネタ

こちらは良くも悪くも自由なことで知られるニューヨーク地下鉄。

大きなソファーを押している男性がいますが、まさか……!?

「さすがニューヨークだぜ!」と、世界中の人々を驚かせた一部始終をご覧ください。

「洗車を極めるとは…この車のことだと思う」感動するレベルだと評判を呼ぶ

2018/08/01   -びっくりネタ

車好きの人は車をピカピカにしていることが多いですが、ワックスを使って洗車すると、どの程度まで美しくなるものなのでしょうか。

海外掲示板で「これは感動するレベルだ」と評判を呼んでいた、洗車後の写真をご覧ください。

「洪水になっても…スウェーデン人はあまり心配していないようだ」

2018/07/30   -びっくりネタ

スウェーデンでは現在洪水に見舞われているそうです。

ただ、ちょっと普通と違うのは、スウェーデン人がさほど心配していると思えない……と現地の様子が紹介されていました。

「この3人、12席を占領してるんだけど…どう思う?」空港で批判を浴びていた旅行者

2018/07/24   -びっくりネタ

空港は何かと待つところではあり、飛行機の乗り継ぎや遅延で長く待たされることもあります。

疲れ切った状態だとマナーも乱れやすくなりますが、とある利用者の姿が「さすがにこれはどうなんだ」と海外サイトで物議を醸してました。

なんとたった3人で12席を占領していた…

足を上げたり占有したり…海外のマナ―の悪い乗客の例いろいろ

2018/07/22   -びっくりネタ

日本では新幹線のリクライニングを倒すときに声をかけるべきか話題になることがありますが、海外でも乗り物のマナーはよく問題になっています。

ただし文化や層の違いもあるため、マナーの悪さの次元がちょっと違います。

マナーの悪い乗客の例をご覧ください。

「カンザス州を襲った嵐の翌日…ヒマラヤスギが変わり果てた姿に…」病的な美しさだと注目を浴びる

2018/07/20   -びっくりネタ

先日アメリカ・カンザス州を嵐が襲ったのですが、その翌日に現地の人がヒマラヤスギを見て目を疑ったそうです。

すっかり変わり果てた大木の姿をご覧ください。

「箱入りのマーカーを買ったら…死ぬほどがっかりさせられた!」中身に愕然とする

2018/07/14   -びっくりネタ

カラーペンは色の種類や本数が多いほど使い勝手がよいので、海外の人物がどっさりと箱入りの商品を購入したそうです。

ところが最近購入した中で「最もがっかりさせられた」商品になってしまったのだとか。

その理由というのが……。

「ホタルを飲み込んだカエルの…お腹が光ってる!」海外の反応

2018/07/10   -びっくりネタ

カエルは夏に飛び交う虫を食べて生きていますが、ホタルを生きたまま丸飲みしたカエルがいました。

その結果、お腹の中から光が透けて見えることになったそうです。

「この店のエスカレーター、イラッとしない?」ストレスを感じた理由

2018/07/04   -びっくりネタ

こちらは海外の大型ショッピングモールにあるエスカレーター。

実際に利用してみたところ、ストレスの溜まる構造になっていたのだとか。

その理由は……。

イギリスで記録的な猛暑…なんと自販機の炭酸が破裂する

2018/07/03   -びっくりネタ

例年のイギリスは雨が多く、気温が20度を超えれば真夏という涼しい国なのですが、近年は猛暑になることが増え、大火事に見舞われることさえあります。

暑さが原因で、なんと自動販売機の炭酸が爆発してしまう珍事が起きました。

若い女性「駆け出しの養蜂家だけど…ハチに刺されちゃったところよ」直後の写真

2018/06/28   -びっくりネタ

養蜂家は、慣れるまではよく刺されるそうで、ほとんど職業上の通過儀式なのだとか。

養蜂ビギナーの若い女性が、ミツバチに刺された自分の姿を紹介していました。

「海外のATMを利用するときは…ここに気を付けて!」ありえないほど巧妙な手口いろいろ

2018/06/19   -びっくりネタ

海外旅行先でクレジットカードやキャッシュカードを使用するとき「スキミング被害に気を付けろ」とは良く聞く話。

特にATMのスキミング技術は、年々巧妙になっているとのことです。

大胆な手口をご覧ください。

「排水溝にスマホを落とした…こうやって取った」ハラハラドキドキする救出ミッション

2018/06/02   -びっくりネタ

スマホを、この深そうな排水溝に落としてまったら絶望的になるところですが……。
どんな風にスマホを回収したのか、ご覧ください。

「コックピットからアクロバット編隊飛行を見ると…みんなが思ってるより近い」

2018/05/29   -びっくりネタ

アメリカ海軍所属のブルーエンジェルスは、世界最高レベルのアクロバット飛行を披露することで知られています。

離れて見ても4機の距離感がすごいことになっていますが、コックピット視線だとさらに恐るべきことになっていました。

「エレベーターの『閉じるボタン』が取れた…とんでもない事実を知った!」→ある秘密が暴かれる

2018/05/27   -びっくりネタ

海外のエレベーターの「閉じるボタン」が、何かの拍子に落ちてしまったとのこと。

その結果、恐るべき事実が発覚しました。

何が起きたのかご覧ください。

「プーチン大統領を日本人の子どもが投げ飛ばしてる…」海外の反応いろいろ

2018/05/17   -びっくりネタ

柔道家でもあるロシアのプーチン大統領が2000年に来日した際に、講道館で10歳の少女と乱取りをしました。

そのとき、投げ飛ばしてごらんと言われた少女が躊躇して、他の大人たちに確認する様子が海外掲示板で話題となっていました。

古い人形は決してプランターとして再利用してはいけない…だって本気でホラーになっちゃうから!

2018/05/04   -びっくりネタ

欧米の古びた人形はそれだけでも怖いものがありますが、「植物のプランター」として再利用すると……。

ガチでホラーなことになるんです!
腰を抜かすほど怖い「何か」になった人形プランターの例をご覧ください。

(注意:冗談抜きでホラーなので心臓の弱い方は閲覧しな…

古い人形は決してプランターとして再利用してはいけない…だって本気でホラーになっちゃうから!

2018/05/04   -びっくりネタ

欧米の古びた人形はそれだけでも怖いものがありますが、「植物のプランター」として再利用すると……。

ガチでホラーなことになるんです!
腰を抜かすほど怖い「何か」になった人形プランターの例をご覧ください。

(注意:冗談抜きでホラーなので心臓の弱い方は閲覧しな…

「ロシアの横断歩道では…車と人間の関係がちょっと違う」他の国では考えられない光景

2018/04/20   -びっくりネタ

路上では人間が弱者であり、車にひかれない(英語で“hit”)ように保護されるべき存在です。

ところがロシアでは、両者の立ち位置が替わることもあるようで……。

人が車を“hit”していました。




まつ毛育毛剤通販