「 投稿者アーカイブ:zeronpa 」 一覧

ロンドン上空でトランプ大統領がおむつ姿に…「トランプベビー」バルーンを飛ばして市民が抗議、なんと市長が許可していた

2018/07/16   -政治・法律

就任後初めてイギリスを訪問したトランプ大統領夫妻。人種差別的言動や関税政策などで批判されてきた大統領ですが、イギリスでの不人気ぶりが今回の訪英で浮き彫りとなっています。

ロンドンでは10万人規模の抗議デモが起こり、「トランプは出ていけ」の大合唱に。

極めつ…

海外の夫が質問「私のIQは167、妻は78、妻を捨てるべき?」→回答が秀逸だと評判に

2018/07/16   -男女

欧米にも「Yahoo!知恵袋」や「発言小町」のような、投稿された疑問や悩みに対し一般人が回答するQ&A形式のサイトがたくさんあり、質問や回答のクオリティが玉石混交である点も一緒です。

「私のIQは167、妻は78なのですが、妻を捨てるべきでしょうか?」という、いかにも…

「海洋ゴミを使って高さ12mのクジラの像が完成する…」ベルギーの古い街が一変

2018/07/15   -自然・景色

ベルギー北西部のブルージュで、海から引き揚げられた5トンのプラスチックのゴミを材料に、高さ38フィート(約12m)の巨大モニュメントが作られました。

テーマはクジラ。

見上げる高さの像をご覧ください。

「目が見えないと…こんな良いこともある」視覚障害者が語るメリットに反響の声

2018/07/15   -ちょっといい話

目が不自由だと苦労も大きいとネガティブに考えがちですが、海外の視覚障害者が「こんな最高なこともある」とプラス面を紹介していました。

目が見えないことの利点をご紹介します。

「この光景を見て『時代の流れが変わったのかも』と思った…」話題の写真

2018/07/15   -面白ネタ

いつの時代も「最近の若者は……」と年配者が嘆くのは、よくある話。

自分たちが若かった頃に比べて、若者たちはテクノロジーに頼り過ぎたり、スマホに夢中になったり……。

しかし海外掲示板で、「最近は流れが変わったのかもしれない」と思わせる写真が話題となっていま…

「飼い主が一瞬にして消えると…」→オウムはこんなリアクションをする

2018/07/14   -動物

シーツや毛布の後ろにいる飼い主が、一瞬にして消えるマジックを犬に見せるいたずらが流行しています。
(参照:飼い主さんのマジックに驚きを隠せないハスキー(動画))

犬の場合は、かわいらしく驚いたリアクションを見せてくれますが、オウムの場合はどうなるのでしょ…

「箱入りのマーカーを買ったら…死ぬほどがっかりさせられた!」中身に愕然とする

2018/07/14   -びっくりネタ

カラーペンは色の種類や本数が多いほど使い勝手がよいので、海外の人物がどっさりと箱入りの商品を購入したそうです。

ところが最近購入した中で「最もがっかりさせられた」商品になってしまったのだとか。

その理由というのが……。

「オレって完全にディズニープリンセスだよな?」と言い張る男たちの写真いろいろ

2018/07/13   -動物

ディズニープリンセスらしさの1つに、野生動物たちと仲良くなることがあります。

それはつまり仲良くさえなったら、誰だってディズニープリンセスだと言っても過言ではないのです!(強引)

ディズニープリンセスになりきった……と主張する男性たちの姿をご覧ください。

かつてリヒテンシュタインの国旗に王冠は無かった…追加された切実な理由とは

2018/07/13   -歴史

リヒテンシュタイン公国は中央ヨーロッパに位置するミニ国家の一つ。「ルパン三世 カリオストロの城」の舞台であるカリオストロ公国のモデルになった国でもあります。

国旗の左上にある冠はもともと存在しなかったもので、追加されたのは1937年のこと。

その理由とは………

バーテンダーに質問、注文するお酒でどんな客かわかる?」本職の回答いろいろ

2018/07/13   -文化・知識

お酒の頼みかたに個性が出るのか、注文するお酒ごとに決まったタイプというのはあるようです。

「バーテンダーに質問、ドリンク別の客のキャラクターを教えて」
海外掲示板のこの質問に対する回答をご紹介します。

初代ロードスター同士が出会うと…こっそりこんな挨拶をしている

2018/07/12   -面白ネタ

初代ロードスター(1989~1998年)は、格納式のヘッドライト(リトラクタブル・ヘッドライト)が特徴でした。

初代のオーナー同士は、特別な連帯感が生じるようで、公道で別のロードスターに出会うと変わったコミュニケーションをとることがあるそうです。

どんなコミュニ…

「プロフェッショナルとは…クロアチアの消防士たちのことだ!」仕事ぶりが称賛を受ける

2018/07/12   -ちょっといい話

クロアチアの消防士たちが「プロフェッショナルとは彼らのことだ!」と大きな称賛を浴びています。

消防署のテレビの前で見つめているのはW杯のPK戦。

今まさにロシア相手にクロアチアのベスト8が決まろうかという直前に通報が入り……。

「すぐに役に立ちそうにないけど、すぐに言える情報を教えて」なぜか感心する知識いろいろ

2018/07/12   -文化・知識

情報の全てが役立つわけではありません。

しかし、それほど重要でなくてもなぜかトリビアとして記憶に残るものがあります。

「どうでもいいけど、さっと言える情報を教えてください」という質問に対する、海外掲示板の回答をご紹介します。

球場でボールをもらった少年の「粋」な行動が称賛を浴びる

2018/07/11   -スポーツ

メジャーリーグのボストン・レッドソックスとボルチモア・オリオールズの試合での出来事。

ファールボールを拾ったボールガールが、観客の少年にプレゼントしたのですが……。

その直後、少年がとった行動が称賛を浴びていました。

アメリカ50州それぞれで最も愛されている犬…日本の2犬種も

2018/07/11   -動物

広い国土を持つアメリカ合衆国では、推定9000万匹がペットとして飼われています。

州ごとに風土や気質も変わるため人気の犬種も異なります。

Googleトレンドから割り出した、50州それぞれで最も愛されている犬をご紹介します。

腰を抜かすサイズ…かつて地球上に存在した巨大動物10種

2018/07/11   -動物

こちらは今から1~164万年前に南米に生息していたメガテリウムの化石。

全長8m、体重3トンもあったこの動物は、なんとナマケモノの近縁属だそうです。和名はオオナマケモノ(大懶獣)。

かつて地球上に生息していた、巨大生物10種をご紹介します。

「ホタルを飲み込んだカエルの…お腹が光ってる!」海外の反応

2018/07/10   -びっくりネタ

カエルは夏に飛び交う虫を食べて生きていますが、ホタルを生きたまま丸飲みしたカエルがいました。

その結果、お腹の中から光が透けて見えることになったそうです。

科学者が語る…科学雑誌の学術論文は「無料で読む」方法がある

2018/07/10   -サイエンス

学術論文などが掲載されている科学雑誌は有料ですが、無料で入手することも可能なのだとか。

とある科学者が、無料で読む方法をツイートしていました。

「何がどうなっているの?」伝統的レースの手織りを見て驚く人が続出

2018/07/10   -アート・デザイン

こちらは「ボビンレース」という、ヨーロッパの伝統的な手織りのレースだそうです。

どんな風に織るのか想像できるでしょうか。

アメリカ人「東京でビールを飲み、ニューヨークに戻ってから描いた絵がこれだよ」

2018/07/09   -アート・デザイン

旅行先で飲み食いしたものを写真に撮って人に見せる行為はよくあることですが、帰国してから絵に描いたアメリカ人がいました。

テーマは「東京で飲んだビール」だそうです。

作品をご覧ください。



まつ毛育毛剤通販