「 投稿者アーカイブ:parumo_zaeega 」 一覧

混ぜ合わさって一つになる。ダークファンタジーな騙し絵的イラストレーション

2018/04/22   -画像

 蝶の羽が生えたウサギ、半身が鱗で覆われたキツネ、人間の体内から溢れ出す植物など、ダークファンタジーな世界を緻密に描き出しているのは、アメリカ・ネバダ州リノ在住のイラストレーターのケイト・オハラさん。

 彼女の作品は、複雑な自然画と手書きの装飾、豊かな色…

鳥の耳ってどうなってるの?カラスに耳を見せてもらったら、想像を超えるレベルの耳だった。

2018/04/21   -知る

 ぱっと見た限りでは鳥の頭に耳らしきものは見当たらない。毛におおわれた頭部がツゥルンとしているだけだ。

 とは言え鳥だって音を聞き分けているわけだし、耳らしきものはどこかにあるはずだ。鳥と親密交際を続けている人なら「ああ、あれね!」となるかもしれないが、…

カジノに設置されている水槽の温度計を利用して顧客データを盗み出したハッカーたち

2018/04/21   -知る

 最近では様々な電化製品がインターネットに接続され相互に制御することができるようになった。これは「モノのインターネット(IoT)」と呼ばれるものだ。

 そして今、ハッカーたちは、「モノのインターネット」に照準を合わせた。彼らはどんなものでもインターネットに…

猫2匹がすれ違うには狭すぎた。どうしても前に進みたい猫たちのとった解決策は?

2018/04/21   -動画

 ドアの上のボックス状になっている狭い場所で2匹の猫が遭遇した。お互いに前に進みたいのだけれど、すれ違うには狭すぎる。

 かといってどちらかがジャンプして降りるには高い場所だ。いろいろ試行錯誤を繰り返すのだが、さて猫たちは無事行きたい方向に行くことができ…

臨死体験者が見た死後の世界。「地獄に行く途中だった」と語る女性、今もその恐怖の中に生きている。

2018/04/20   -知る

 これまでの研究によると、危篤状態に陥り、奇跡的に目覚めた人の40%は何らかの臨死体験をしているという。臨死体験をした人にはいくつかの共通なビジョンがあるが、そこに至るまでのストーリーは様々だ。

 さまざまな人々の臨死体験の話を集めて公開している「NDERF」…

死者の脳から記憶を取り出すことが可能に?経験をコード化して記憶する遺伝子マーカーの存在(イスラエル研究)

2018/04/20   -知る

 記憶は脳にはっきりと独特な遺伝子マーカーを残すそうだ。

 これはイスラエルの研究者が発見した驚きの事実で、その遺伝子マーカーを使えば人が死んだ後でも記憶を取り出すことができるかもしれないという。

 この技術は、警察が犯罪の犠牲者の記憶を記録・再生させる…

科学者が猫の為に作った、猫を心地よくする完璧な音楽

2018/04/20   -知る

 音楽は人の心を癒す。昔から人は音楽と共に生きていて、好きなメロディーを聴くだけで元気がでてくる。

 動物も音楽を聴くことで癒し効果が得られることは、これまでの研究でわかっているが、かといって人間の聴く音楽を好むわけではない。

 2015年、ウィスコンシン大…

第2の地球を探し出せ!宇宙望遠鏡「TESS」が打ち上げられる(NASA)

2018/04/19   -知る

 太陽系の向こうには幾千億の世界が広がっている。だが、ほとんどの時間、私たちにそれが見えることはない。

 大小の太陽系外惑星を地球から見つけようとしても、通常それらは従属する恒星の光に飲み込まれている。 

 4月18日、米フロリダ州からNASAが打ち上げたTESS…

中世の聖職者をかくまった秘密の部屋「プリースト・ホール:司祭の穴」

2018/04/19   -知る

image credit:Jim Barton / Flickr
 中世イングランド、さまざまな確執が熾烈を極め、残忍な処罰が行われていたこの時代、裕福な有力者の城や邸宅に、秘密の部屋や隠された逃げ道があるのはごく普通のことだった。

 これは家主が身を隠すことができ、突然襲撃されても追っ…

訴えてやる!3000年前の古文書の内容は、性的暴行を繰り返す上司を、部下が訴える告発文だった(古代エジプト)

2018/04/19   -知る

 3000年前の法文書の断片「パピルス・ソルト124(Papyrus Salt 124)」は、性的暴行で地位のある人間が解雇されたことを記録した世界初の文献かもしれない。

 パピルス・ソルト124は19世紀に発見され、大英博物館で解析された。そこに記載されていたのは、紀元前1244年頃…

一撃必殺!ワニがスイカを一口で粉砕する迫力映像

2018/04/19   -動画

 オーストラリアにある爬虫類公園での一コマ。飼育員さんがワニにスイカを転がしたところ、立った一口でスイカをプシャーッ!と粉砕。

 これが誰かの頭だったらと思うと…

名画にポップカルチャーや現代文明を融合させたシュールアート

2018/04/18   -画像

 ニューヨーク州ロチェスターのアーティスト、デイブ・ポロットさんは、名画にポップカルチャーや現代文明を融合させた作品を制作している。

 ユニークだったりシニカルでシュールだったり。新たなる解釈が加えられた名画は部屋のインテリアとして飾りたくなるものも多い…

ロマンはあるけども…剥製を利用して作られた8の伝説上の生き物

2018/04/18   -知る

image credit:KLONOAXERO, FLICKR // CC BY-NC-ND 2.0
 世界各地に昔から伝えられてきた伝説や神話上の生き物がいる。例えば日本なら河童などがそうだ。もし存在するのなら、一目見たい、その証拠が欲しいと思うのが人の心。

 そんな人々の心を満たすため、時代の剥製師た…

クラゲを空手チョップ!ウミガメは手のように器用にヒレを使う(米研究)

2018/04/18   -動画

 ウミガメは進化によってヒレを手のように使えるようになり、クラゲを掴んだり、空手チョップまでお見舞いしたりできるようになったそうだ。

 その貴重な瞬間をとらえた映像が公開されていた。

デニムで花を咲かせましょう。部屋いっぱいに青色の花開く。

2018/04/18   -知る

 天井から垂れ下がる花や果実、大きな観葉植物やサボテンの鉢、静かに休む小さなチョウ。この美しい青い庭はすべて、デニムを加工して作られている。

 これらの作品は現在、ニューヨークのChildren’s Museum of the Arts(子ども美術館)で展示中だ。

孤独でいる人ほど人間の本質を見抜く洞察力が優れている可能性(米研究)

2018/04/17   -知る

 好む好まないにかかわらず、孤独な人生を過ごしている人は、内向的で人と関わっていくのが苦手なイメージがある。

 だがそれは、積極的に社会活動を行っていないだけで、実は、高い社会性を内に秘めている可能性があるという。

 新たな研究によると、孤独で内向的な人…

猫が肉屋に買い物に来た?おじさんに注文し肉を受け取る顧客としての猫(トルコ)

2018/04/17   -動画

 猫好き国家、トルコならではの光景かもしれない。

 一匹の猫が肉屋にやってきた。猫のお客さんに対し、肉屋のおじさんは何やら人語で話しかけた。すると猫はニャゴニャゴと何やら注文をしているようだ。

 そしておじさんは猫に1切れの肉を差し出すのだ。対話が成り立…

H・R・ギーガーからインスパイアされたクリーチャー感漂うタトゥ

2018/04/16   -知る

 フランスの港町、マルセイユに拠点を置くジェーンクワイア(Jeanchoir)は刺青師であり、タトゥースタジオであるSombre Tacheの創始者だ。

 彼はエイリアンのの造形デザインで知られているH・R・ギーガーからインスピレーションを得て、さらに独特のテイストを加えたク…

人類の移住史が書き換えられるのか?8万5000年前の人類の指の化石がサウジアラビアで発見される。

2018/04/16   -知る

 約8万5000年前のものと思われるのヒトの指の化石がサウジアラビアの砂漠から発掘された。

 最新の研究からは、もしかしたらアフリカを旅立った初期の人類は、これまで考えられていたものとはまるで違う旅路を歩んだのかもしれないことが示唆されている。

 この化石は…

トイレットペーパーでお尻を拭くのは意味がない?常用すると切れ痔や尿路感染症の原因にもなると指摘(アメリカ)

2018/04/16   -知る

 毎日あたりまえのように使用しているので、何をいまさらそんなことを?っという感じなのだが、トイレットペーパーを習慣的に使用することは健康上良くないという。

 もちろん紙の質や拭き方にもよるのだろうが、トイレットペーパーは"お尻をきれいにする"という点では実…

最新ニュース



まつ毛育毛剤通販