「 投稿者アーカイブ:kyk_ 」 一覧

アメリカのクリスチャンが思い描く「神の顔」が具現化される。それはこんな顔だった!

2018/06/16   -知る

image credit: Joshua Jackson, et al.
イメージの違いをもたらすもの
 ミケランジェロによるシスティーナ礼拝堂の天井画のように、キリスト教の神は典型的に「白いあごひげの老人」として描かれてきた。

 しかし、神の顔については、聖書には何も記載がないのである。む…

獲物じゃないよ仲間だよ。爬虫類や鳥たちと仲良く暮らす猫(爬虫類出演中)

2018/06/15   -画像

 いうまでもないことだが、人間同様、猫にだって個性がある。日向でのんびり寝そべって過ごすのが好きな猫もいれば、おもちゃを追いかけて走り回るのが好きな猫だっているのだ。

 で、例えばトカゲとの付き合い方にも個性が出る。

 獲物登場!とばかりに捕まえて、何な…

白い子犬に友達が欲しい。と思っていた矢先の出来事でした。白い野良子猫が「私のことですか?」と待ち構えていた件

2018/06/11   -画像

 ルーマニア、ブラショフに住むポーパさん夫妻は、飼っている子犬の友達として、シェルターから子猫を一匹もらってこようかと考えていたのである。

 どうやら、この計画がNNNの知るところとなったらしい。NNNとはもちろん、猫好きの人間にさらなる猫を派遣し、飼い猫とし…

1920年代頃のアメリカ先住民たちの写真をカラー化。ホワイトハウスに集まる各部族の代表たち。

2018/06/06   -画像

 1924年6月2日、時のクーリッジ米大統領は「インディアン市民権法」(Indian Citizenship Act)に署名した。この法によって、当時「インディアン」と呼ばれていたアメリカ先住民は、アメリカ市民としての完全な権利を保証されるに至ったのである。

 それ以前には、先住民が…

未来を風刺したドキっとするディストピア世界。シニカルな1コママンガがインスタグラムで話題に

2018/06/06   -画像

 「futurism」というサイトがある。「未来主義」という名の通り、「人類の未来を形作る科学・技術のブレイクスルーとなる発見」を伝え、「人間の可能性を最大化する」べく働きかけていこうというサイトである。

 さて、このサイトでは、インスタグラム上で毎週一コママン…

自分猫より犬派だったんだけど..犬派の男性が子猫を引き取ったところメロメロになってしまったのはある意味必然だった

2018/05/31   -知る

 世の中には「犬派」と「猫派」の2種類の人間がいることになっている。
 だがちょっと待って欲しい。

 犬を愛する人が、どうやっても猫を愛せないなんてことがあるだろうか?あるいはその逆は?実際に犬を愛せる人は猫も愛せるし、猫を愛せる人は犬も愛せるはずなんだ。…

高速道路に子猫が出没!警官が駆け付け無事保護される(アメリカ)

2018/05/29   -動画

 高速道路には歩行者の立ち入りは禁止されている。自動車専用道路とすることで、障害物をなくし、安全に高速走行ができるようにするためだ。

 では、高速道路で子猫がウロウロしているのを見つけてしまったら?自分で助けようとはしないほうがいいだろう。まずは安全な路…

親鳥がいなくなったカモのヒナたち。そのヒナたちの母親役をかってでたラブラドール犬(イギリス)

2018/05/28   -動画

 ロンドンの北東50km程、エセックス州に、スタンステッド・マウントフィーチェットという観光地がある。中世ノルマン人の城廓を再現したテーマパークだ。

 5月17日、このパーク内に、9匹のカモのヒナ軍団が突如として現れた。

 親鳥の姿は見当たらなかった。おそらく、…

日常を離れて大自然にダイブ!今すぐにでも訪れたい素晴らしい景色を持つ25の場所

2018/05/26   -画像

 人間、働きすぎはよくない。たまには日常を離れ、雄大な自然や可愛らしい町並みの中で、ほっとひと息つく時間を持たなくてはならないのだ。だが、夏休みまでにはまだ間がある。

 というわけで、海外人が選んだ「今すぐにでも訪れたい25の場所」を見て参考にしよう。もし…

毎日飼い主の帰りを駅で待ち続ける中国のハチ公

2018/05/23   -動画

 かの有名な「忠犬ハチ公」をはじめ、飼い主に忠実な犬の話は数多く存在する。病院の前で飼い主を待つ犬や、飼い主の墓から離れようとしない犬など、とにかく犬は無償の愛で飼い主を思い続けるのだ。

 そして今回、中国の駅で飼い主の帰宅を待つ犬が話題になっている。

マジなのネタなの?暑すぎてトラックに積んでおいた卵が孵化した件(中国)

2018/05/23   -知る

 もはや異常気象は日常となりつつある。冬は寒すぎて時に暑くなり、夏は暑すぎて時に寒くなり、もはや異常が正常と思えるほどに気象変動が激しくなっている。

 そんな天気天候に左右されるのが、地球上の生き物のサガである。もうよっぽどのことがなきゃ驚かなくなってし…

やらかしちっち。華麗に決められなかった場合の猫たちが画像集

2018/05/23   -画像

 猫は可愛いし賢い。美しく偉大なる生き物だ。

 そして、猫の身上といえば、何といっても自由気ままなことである。好奇心に導かれるままに、己の思う道を歩むのが猫なのだ。

 しかし。その自由気ままさゆえに、時にはちょっと「やらかして」しまう猫も存在するのである…

これがハスキー?バリ島で変わり果てた姿のハスキー犬が保護される。その10ヵ月後、本来の姿を取り戻す

2018/05/21   -画像

 インドネシアのバリ島では、ヒンドゥー教信仰が盛んだ。ヒンドゥー教を信仰する人々は犬を大切にするらしい(関連記事)。

 聖典のひとつ、マハーバーラタに登場するユディシュティラという王が、この世を去った際に犬を伴っていたからだという。

 では、バリ島では全て…

ファンタジーな世界観がすごい!ドローン写真で見る「ラップランド」の小さな島の四季折々の風景

2018/05/19   -画像

 フィンランド人の写真家、ヤニ・ユリナムパ氏は、自身の生まれ育ったラップランドに拠点を置き、美しい写真を世界中に発信している。

 ユリナムパ氏の作品は北極光(オーロラ)を写したものが多いが、そればかりではない。地上の風景や、そこで暮らす人々、また動物を写し…

ペットショップで日本スピッツの子犬を購入したところ、しばらくたってキツネであることが判明(中国)

2018/05/17   -知る

 中国、山西省に住むワンさんという女性は、昨年の7月に、ペットショップから子犬を買った。代金は約2万円。日本スピッツの子犬だと説明された。

 しかし、この子犬、何だかおかしいのである。

 まずドッグフードを食べようとしない。それだけならまあ、好き嫌いとかの…

ナイフを持って警察署に侵入した男に対し、暴力ではなくハグで解決した警官(タイ)

2018/05/15   -動画

 タイのとある警察署に、ナイフを持った男が押し入った。普通ならその場にいる警官はこの男を取り押さえようと身構えるだろう。アメリカ辺りだったらその場で射殺されてもおかしくないかもしれない。

 だが、その場に居合わせた警官、アニルト・マリー氏の対応は全く違う…

泣くのが仕事なのは知っていたけども…子どもたちが泣く理由があまりにも理不尽だった。

2018/05/15   -画像

 「赤ちゃんは泣くのが仕事だ」と言われているように良く泣く子が多い。泣くことで肺活量が鍛えられるとも全身の運動になるとも言われている。それは幼児になっても変わらない。食べて、遊んで、寝て、そしてやっぱり泣くのである。

 もちろん、子どもにしてみれば理由が…

霧の街ロンドン、雨の国イギリス。たまの晴れの日、彼らは何をしてすごすのだろう?イギリス人あるある(ユーモア)

2018/05/14   -知る

 イギリスといえば、紅茶、サンドイッチ、そして雨。毎日のように雨が降るのである。

 降るといっても小雨か霧雨程度なので、現地の人は傘もささずパーカーのフードをかぶって終わらせるくらいではあるのだが、「毎日が雨、さもなきゃ曇り」なのだ。そして年間の日照時間…

なるほどこうするのか!人間がお金で食べ物を買っているのを見て、代わりに葉っぱを持って買い物にくる犬(コロンビア)

2018/05/13   -動画

 コロンビア、カサナレ県モンテレイのある技術学校には、ここ5年ほど、一匹の黒犬が住んでいる。この犬は、学びに来る生徒たちの警備役を自ら買って出て、お返しに、教職員からエサと水、そして夜を過ごす寝床を提供されていた。

 「ネグロ(黒)」と名付けられたこの犬は…

息子に算数を教えるため地下鉄車内で勉強していた父親。隣に座った元教師が愛の手を差し伸べる(アメリカ)

2018/05/12   -知る

 困っている人がいる。と、そこへちょうど通りかかった誰かが、その人が困っているのを見て、助けの手を差し伸べる。

 とてもシンプルなことなのだが、実際には、案外難しいことなのかもしれない。

 ニューヨークに住むデニス・ウィルソンさんは、帰宅途中の地下鉄の中…



まつ毛育毛剤通販