06連載 タイ トンデモ海外ニュース 海外ニュース 社会

今度は20歳の女性の体内から巨大毛玉が……インドで「ラプンツェル症候群」が続出の謎

投稿日:

今度は20歳の女性の体内から巨大毛玉が……インドで「ラプンツェル症候群」が続出の謎の画像1
ムンバイの20歳女性の胃の中から摘出された髪の毛の塊(「ビジャイ・カルナータカ」より)

 インド最大の都市ムンバイの病院で、20歳の女性の胃の中から巨大な異物が摘出された。その異物の正体は、なんと髪の毛の塊。重さは約750 gに達し、25cm×12cmという大きさだった。
 
 印メディア「ビジャイ・カルナータカ」によると、この女性は自分の髪の毛を食べることがやめられないという食毛症を患っており、胃袋で消化されずに居座る巨大な毛玉のせいで、吐き気と胃痛が常態化していた。このままでは命の危険もあると判断した医師らが、開腹手術に踏み切ったのだ。

 7月には、同国北部のウッタラーカンド州で、やはり幼少期から自身の髪の毛を食べ続けていた16歳の少女の開腹手術が行われ、胃の中から2kgの毛玉が摘出されたばかり。

 さらにその後にも、マディヤ・プラデーシュ州で、13歳の少女の胃の中から250gの毛玉が摘出されている。

 精神ストレスが原因とされる食毛症は、ディズニー映画にもなったグリム童話『髪長姫』の名前から「ラプンツェル症候群」とも呼ばれており、たびたびニュースになっている。しかし、その舞台の多くがインドなのである。

 首都ニューデリー在住の日本人女子留学生(24歳)は、こう話す。

「インドの女性は幼少の頃から髪の毛を長く伸ばす習慣があるので、食毛症の場合は髪の短い人よりもより大量の毛を食べることになるという環境要因がひとつ。またインドでは、長い髪は女性らしさの象徴とされますが、逆に女性であることから受けるストレスが限界に達した時、自分の髪が不満のはけ口や嫌悪の対象になってしまうのでは? 最近、インド各地では自身の知らない間に何者かに髪の毛を切られていたと訴える女性が100人以上現れ、集団ヒステリーではないかといわれているのですが、この事件も同じく、インドの長髪信仰が生んだ闇ではないでしょうか」

 女性への性的暴行事件の横行など、ジェンダーの問題を抱えるインド社会。髪の毛にまつわる数々の事件は、女性の抗議の一種なのかもしれない。

続きを読む

-06連載, タイ, トンデモ海外ニュース, 海外ニュース, 社会

執筆者:


関連記事

ふざけて”なめくじ”食べた男性死亡、広東住血線虫により1年以上の昏睡まひの末 豪

1: 名無しさん@涙目です。(四国地方) [US] 2018/11/06(火) 14:22:39.88 ID:JmgRgunH0● BE:201615239-2BP(2000)
オーストラリアのシドニーで、仲間たちと飲んでいる最中にふざけてナメクジを食べた男性が、寄生虫に感染して1年以上も昏睡(こんすい)状態に陥り、全身がま…

ハワイで「ミサイル飛来」の誤報、そのとき市民はどう感じたのか…現地の反応いろいろ

アメリカ・ハワイ州で、1月13日午前8時7分に「緊急警報。弾道ミサイルの脅威がハワイへ接近中、ただちに避難を。これは訓練ではありません」という緊急メールが一斉送信されました。

当局の職員がボタン操作をミスしたことによる誤報だったのですが、北朝鮮から核弾道ミサ…

完全デマだった! 韓国で整形手術の中国人女性「パスポート写真と別人すぎて帰国できず」騒動の真相

<p> 中国では10月1日から8日まで、中国の建国記念日ともいえる国慶節の長期休暇に入っていたが、この間、多くの中国人たちが海外旅行へと出かけていった。</p>

<p> 海外旅行の一番人気はタイで、その次がお隣の日本ということであったが、この期間を利用して、旅行ではなく別の目的で海外に出かけていった女性たちが少なからずいた。</p>

<p> その彼女たちが向かった先というのが韓国。韓国といえば、言わずと知れた“整形大国”であ…

海外「日系人は特別なんだよ」 ブラジルの『日本リベルダージ駅』に中韓移民から反発の声も

サンパウロの中心地に隣接する世界最大規模の日本人街、リベルダージ。「リベルダージ」は(ブラジル)ポルトガル語で「自由」を意味するのですが、その由来は、かつて奴隷制度が存在していた時代にこの場所には刑場があり、犯罪者や奴隷が「自由」になる場所であったことにあるそうです。この街の中心部にある地下鉄「リベルダージ駅」が今月4日、日本人のブラジル移民110周年を記念して、「ジャポン・リベルダージ駅」に変更され

海外「それでも新幹線には勝てん」 中国が世界最速の鉄道を再開も世界中から不安の声

先日中国の国家鉄道局は、北京と上海を結ぶ高速鉄道で、世界最速となる時速350キロでの営業運転を来月から再開すると発表しました。以前にも中国の高速鉄道は350キロで運行していたものの、2011年7月に浙江省で起きた衝突脱線事故を受け、300キロに速度を落として運行していました。しかし今年7月に実施された走行テストの結果、時速350キロでの営業運転が可能であることが示され、「世界最速鉄道」の再開が決まったそうです。BBC





まつ毛育毛剤通販