14ウーマン

性器のビラビラに突如、異変が! 整形手術で切ってしまおうかと悩んだ日々

投稿日:

 体の小さな不快って、一度感じるとずーっと気になるものですよね。たとえば耳の奥の、かゆみ。ガマンできないほどではない。綿棒さえあれば一発で解消できる。でも仕事中だとそれができない。気を取られて、集中力を欠いてしまうこともしばしばです。または、顔の目立つところにできてしまったニキビ。実際にはたいしたことがなくて、気にしているのは自分だけ。なのにジンジン熱を持ったようにすら感じてしまう。ほかにも靴ずれとか、指のささくれとか。いろいろありますよね。

 先日、ショーツのなかでそれが起きてしまい数日間、悩みました。なんだかよくわからないけど、落ち着かない。“座りが悪い”とでもいうのか……そう、まさに座っているときに違和感がある。自転車をこいでいる最中もおかしな感じ。何度おしりをズラして座りなおしても、ベストな位置がみつからず、サドルのうえでモゾモゾモゾモゾ。

 やがて気づきました。

「もしかして私、小陰唇が大きくなってる!?!?!?」

 私は日常的に、Tバックを好んで履きます。股布部分も小さめ。ずっと以前はこの手のショーツを敬遠していました。だって、ヘアがはみ出てステキじゃないから。でも脱毛を重ねてほぼ無毛になったいまは、超快適な履き心地! のはずだったのに、なんだか窮屈になってきたのです。収まりが悪いんです。その原因は、小陰唇にあるという事実から目をそらせなくなりました。

ビラビラの不調でQOLが下がる

 いまさらではありますが、小陰唇とは女性器の入口を縁取るビラビラです。大きさには個人差があります。私は某所で月にのべ約20人分ほどのナマ女性器を見る機会があります。プロフェッショナルな女性たちなのでその部分にも外科的な処置をしている可能性はありますが、全体の傾向としてビラビラはとても小さめ。それでも実に人それぞれです。すべてその人の個性になっていると、きれい事ではなく思うのです。

 あらためて見ると私のビラビラはそもそも大きめ。へアがないから余計に目立ちやすい。ただでさえそうなのに、それが大きくなっているだと? 正確にいうと縦に伸びている感じなんです。

 これは困る! おまけに理由もわからない! ショーツに収まらないわ、座っているときに圧迫されて痛みも出るわ、自転車をこぐと擦れた感じがするわ、スポーツジムで運動するときにも気になってしょうがないわ……。不快感はもとより、QOLがダダ落ちです。

 小陰唇のサイズや形は十人十色ですが、大きくなるにはそれなりの理由があることも少なくないそうです。具体的にはもともとの体質や、“刺激”です。何かに恒常的に擦れたり触れたりすることで、大きくなってしまうのだとか。といっても、別にお餅じゃないので、ちょっと触れたぐらいではすぐに伸びませんけどね。

 バイブコレクターとして日ごろ性器に刺激を与えていますが、もう何年も前からずっとしていることだし、急にサイズアップする理由にはなりません。第一、小陰唇“だけ”に特別強い刺激を与えた覚えもない。ここは男性でいうとタマ袋に相当するので性感帯ではありますが、ことさら小陰唇をピンポイントに刺激する習慣は私にはないのです。

 じゃあ、なんで大きくなったのか……と原因を探るより前に、まずはこの不快感をなんとかしなきゃ。座るだけで圧迫されるんだから、さっさと解決しないとますます大きくなってしまう! と仕事中もプライベートの時間も常に頭の片隅には小陰唇のことがありました。

改ページ

 そこで不快感から逃れたい一心で、ネットで「小陰唇 縮小 手術」と検索しました。ビラビラを切ってしまおうと思い立ったのです。私のように日常生活に支障があると申告すれば、婦人科において保険適応で切除できると聞いたことがあります。でも調べているうちに、欲が出てくるわけです。どうせ切るなら美マンにしたい、と。

 切除後の見た目にこだわってきれいに手術してもらうには、やはり美容目的で手術する人が多い婦人科形成のほうがベターではないか。そうやって調べていくうちに、だんだん決意が固まっていきました。費用は初診なども合わせて10万ほど見ておくべきか。う~ん、痛い出費だけどしょうがない。

 お金の心配はあるものの、このときの私は気持ちが高揚してもいました。当連載でも以前「女性器コンプレックスはどうして生まれるか? そして、その解消法とは?」として書きましたが、私にも小さくはない性器コンプレックスがあります。だからこそ、昨今の「女性器をお手入れして、女性として輝こう!」的な風潮に反発してしまうのです。女性同士でもあまり共有されてないからこそ深くなりがちなコンプレックスにつけ込んで、おかしな言説を撒き散らすのは、女性をバカにしているとしか思えません。

ビラビラ肥大化の原因が判明

 これを機に、思い切ってコンプレックスから解放されてしまおう! そう腹を据えると、かえってワクワクしてきたのです。手術を受け、ビラビラとコンプレックスの両方を切り落とす。いいじゃないですか~。

 ………………と思ったのですが、私のビラビラ、数日後には元に戻りました。

 どうやらカンジダ膣炎の影響だったようです。これまでの経験上、私の場合は症状としておりものよりも性器のかゆみが強く出る傾向があるとわかってはいたのですが、今回はそのかゆみによって小陰唇がかすかに腫れ、結果、大きくなったと感じていたようなのです。

 しょーもないオチですみません! ある瞬間、「あ、これカンジダかも」と気づき、病院で薬を入れてもらいました。なんといっても昨年は4回も発症した私です。今年は、コレが初めて。最初に訪れるムズムズ感を性欲と錯覚することはこれまでにもありましたが、小陰唇がこうなった経験はこれまでなく、カンジダだと気づかなかったのです。今後、症状が出たらすみやかに病院に行けるよう、「カンジダの症状として、かゆみから小陰唇が腫れることがある」と脳にはっきりメモしておきました。

 でも今回、思いもかけず意識した小陰唇の縮小手術。私はその魅力に取りつかれてしまったようです。切迫した必要性はなくなったけれど、いつかやってみてもいいかもしれない。ヘアをなくして小さなショーツが履けるようになったのと同じように、切ってしまうことで得られるものがあるなら、それは挑戦する価値があるのではないか。

 不快感から開放され、いまはそんな思いにとらわれています。今後まじめに検討していくつもりです。

backno.

続きを読む

-14ウーマン

執筆者:


関連記事

櫻井翔の秋ドラマ、キャスト&スタッフ大混乱で前途多難…「監督の今更なお達し」「乱雑な撮影スケジュール」

 皆さん、ごきげんよう。アツこと、秘密のアツコちゃんです!

 仲良し先輩記者からの「集合~!」の掛け声で、いつものメンバーによる女子会がスタート。テレビ東京の新社屋ビルを眺めつつ、まずは「最近、テレ東の深夜ドラマが飛ばしてて面白いよね」という話題から。

 地域によって放送時間は異なるんだけど、東京では毎週金曜日の深夜0時12分からOAしている“ドラマ24”の『下北沢ダイハード』が注目の的に。下北沢を舞台にした1話完結のパニック・コメディーで、案内人は下北大好き古田新太と、下北で育った小池栄子。小劇場界の最先端で活躍する11人の人気劇作家たちが書き下ろした珠玉作で「きっとそんなに予算があるわけじゃないだろうけど、キャストも個性的で豪華だし、新進気鋭の演出家と脚本家が勢ぞろい。めちゃくちゃ笑えるし、飲みながら見てるせいか、うっかりほろっともしちゃうのよね」と意見が一致。まぁ“ドラマ24”枠は、今までもずっと面白かったんだけどね。

 その後の“ドラマ25”の『デッドストック~未知への挑戦~』は村上虹郎の主演作。早見あかり、田中哲司も出演しているホラーなんだけど「初めは正直、ついでに見てたんだけど、虹郎くんチェックをしているうちにハマっちゃった。オープニングタイトルも斬新だし、AKLO×JAY’EDのオープニング曲もいい。エンディング曲はUAで、さりげなく虹郎くんとの親子共演が実現してるし面白いんだよ~」と話が弾み、飲んだくれの先輩や同僚記者はテレ東に向かって「カンパ~イ!」と叫びながらグビグビ。

 みんな金曜夜に飲み会がある場合は「ちゃんと録画して、帰ったらすぐヘベレケになりながらもちゃんと見る~」って言うんだからエライ。「本当はちゃんと取材したいんだけどなかなか機会がなくて。宣伝してあげられなくてごめんねって感じ」と謝罪をしながらまたお代わり。ガンガンお酒が進む中、新聞記者と某テレビ局の情報局に勤める女子が「ホントよ。もうドラマはテレ東に任せればいいのに~」と言い出して場が一変。そりゃワインボトルは何本かカラになったけど、決してお酒に弱いワケじゃない彼女たちが怒気を含めて言い放ったこの言葉が気になって根掘り葉掘り聞いてみると、「10月スタートのドラマスタッフからお達しがあったんだけどさぁ、それが、なんて言うか、もう……」とお怒りモード。ヤダ、気になる。教えてよ~!
どうやら10月スタートの櫻井翔くん主演の土曜ドラマ『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)で、ひと悶着があった模様。翔くんが演じるのは商社マンの鳴海涼介。最年少の支店長として頑張って業績を上げたのはいいけれど、会社からの突然の異動命令により、突然、私立高校に出向することになるという始まり。しかも35歳ながら肩書は校長先生。予算のかかり過ぎるお荷物高校を立て直すべく校長先生として奮闘するストーリー。

 高校教師役の蒼井優ちゃんと最初は対立するけど、別に熱血学園ドラマでもなく、恋人役の多部未華子ちゃんと「結婚する、しない」でもめる辺りはちょっとリアルで興味を惹かれるし。でも内容的には可もなく不可もなくって感じで(ごめんなさいね!)問題が起きるようなことが見当たらないんだけどな。

 「撮影に入って結構経つんだけど、今ごろになって急にドラマスタッフから『櫻井翔のキャラクター設定で、エリート商社マンと表記している媒体などがあるが、エリートという記載は今後一切NG。商社マンで統一せよ』との命令が下った」とのこと。ン? なんだって? ど~ゆ~こと? とみんなしばしポカン。

 つまり「エリート」とは絶対に書くな、とにかく「商社マン」のみの表記にしろってことなんだけど……ことの重大さが今ひとつ理解できなくて、何度も何度も聞いてみちゃったんだけど、「こんな指令は初めてだけど、どうやら監督がドラマの関連記事をめちゃくちゃチェックしているらしくて、特にWEB記事に目を光らせてるんだって。その中で『エリート商社マン』とか、そんな表現がされてたみたいなのよ。私たちは見てないんだけど。誰の頭の中にも勝手に“櫻井翔=エリート”という構図ができあがっているでしょ? それがどうも邪魔みたいで。
翔くん演じる鳴海涼介はあくまでただの『商社マン』で、決してエリート扱いしてはいけないって。そんな注意事項をわざわざ出されたのなんて初めて。これからはワイドショーや新聞にも記事が載るだろうからって、今になって一斉通達をしてきたのよ」と呆れ顔でブツクサ。「だから、あなたたちも今後、間違っても『エリート』なんて書いちゃダメよ。言ってもダメ。意味がよくわかんないけど、ふつ~の『商社マン』なんだってさ」と連呼。

 えっと、このドラマのメイン監督って映画とか撮ってる有名な人だよね? たしかに変わり者とは聞くけど、そんなことで監督自らが注意事項を出すって普通じゃない感じがして、ちょっと不安になるわよね。失礼ながらドラマ自体は大丈夫なの? って。事務所がちょっとしたクレームをつけてくるならわかるけど、局側が、しかも監督からってあんまり聞いたことがないわ。何が起きているのかしら? 翔くんを使うんだから、予算だって潤沢でしょうに。そんな表記問題より、他に気にすることがありそうだけどなぁ……。

 周りに聞いてみると、この監督は、シリアスものもコメディーものも硬軟どちらも撮れる奇才で、映画やドラマのヒット作も多数。明石家さんまさんとの信頼関係も厚くて、さんまさんの番組スタッフによると「さんまさんの舞台の演出なんかもしてるよ。さんまさんが信頼して任せてた。才能はあると思うけど、変なところで融通が利かないというか、遊び心がないというか。神経質なのかな? 繊細なのかな? 他局の演出家やプロデューサーに強い敵対心を抱いていたりするから不思議だった」とのこと。理由はわからないけど、ご自分の作品をすごく大切にされているんでしょうね。だから隅々までのチェックが欠かせないのかも。超売れっ子の翔くんを主演にしてるんだから、監督だけじゃなくてスタッフも自然とピリピリしちゃってるのかもね。失敗は許されないし、時間もタイトだし。
 ……とそんなことを思いつつ、別件で来年の大河ドラマ『西郷どん』(NHK総合)の取材をしていたある日、出演者から「翔くんたちと撮影スタジオが一緒なんだよ~」との報告が。「いつもスタジオ内でマスクをつけてるから、最初は翔くんだって気が付かなかったんだけど、ある時『西郷どんの撮影は順調?』って話しかけられてびっくりした。楽屋が近いしいるのは知ってたんだけど、スタジオ内の食堂でも会わないから、ご飯を食べる時間も取れないほど忙しいんだろうなって思ってたから会えて本当に嬉しかったぁ!」と大興奮。

 『西郷どん』の出演者も豪華だけど、『先僕』も多種多様の異色キャストがズラリだから、スタジオ内で面白い遭遇がありそう! 早速聞いてみたら「楽屋の前に貼ってあるキャスト名を見るだけで、有名人だらけだからビビっちゃうよ。楽屋前を歩く時はなぜか音をたてないようにコソコソ歩いてる自分がいる」と語る俳優さんも。「でも仲のいい俳優が言ってたけど、『先僕』の撮影は押し巻きがすごくて大変らしい。もう後半のシーンを撮影してるんだけど、前半だってまだまだ全然撮り終わっていないから怖いって言ってた」って。“押し巻き”と言うのは、今さら説明する必要もないけど、撮影時間が長引いたり、早まったりすることね。

 「監督陣には新しい監督もいるからね。先輩監督が早撮りしても、後輩監督は悩んだりもするから、そう上手くは進まないみたい。出演者たちは、長時間拘束を覚悟して挑んでいるらしいよ」とのことで、スタッフもキャストもギリギリ限界の中で過酷な撮影を続けているそうなのよ。

男子は弱音を吐く訓練をしよう。社会の意外な柔軟性に気付いたら、生きやすくなる――トミヤマユキコ×清田隆之『大学一年生の歩き方』

 ライターとして活躍する傍ら、大学教員として学生たちの悩みに寄り添ってきたトミヤマユキコさんと、同じくライターであり、恋バナ収集ユニット「桃山商事」代表として、これまで1000人以上の恋の悩みに耳を傾けてきたという清田隆之さん。

 お二人がしたためた、悩める若者たちに向けたマニュアル本『大学1年生の歩き方』(左右社)は、大学新入生の指南書としてはもちろん、人生のあらゆる局面を通しての「転ばぬ先の杖」として携えていきたい一冊です。

 若い時期に失恋をしておいたほうが良いことや、セクハラ・アカハラの捉え方などに話が及んだインタビュー前編では、『男/女という二元論的な括り方をしてはいけないものの、性別によってコミュニケーションのとりかたに異なる傾向が見られる』というお話がありました。学生たちを俯瞰で見たとき、男子のほうがコミュニケーションが雑な傾向がある……というものです。後編ではまず、そこを深堀りしていただきましょう。

▼前編
「転ばないため」ではなく、「安心して転ぶため」に――トミヤマユキコ×清田隆之『大学1年生の歩き方』

泣いている女の子には「なんで泣いてるの?」、男の子には「泣いちゃダメ」!

清田 やっぱり幼いときから「男子として・女子として」扱いに差をつけられてしまうというのも大きいような気がします。ノンフィクション作家・髙橋秀実さんの『男は邪魔!「性差」をめぐる探求』(光文社新書)という本には、泣いてる子どもに大人はどう声をかけるかという話が載っている。いわく、女の子には「いつまでも泣いてちゃダメ」と声をかけ、男の子には「男の子は泣くもんじゃない」と声をかけることが多いんだって。そうすると、女子は「なぜだろう?」と考えてしまう一方、男子は「そうか、男は泣いちゃダメなんだ」としか考えない。しかも泣き止むと「偉いね〜」とか褒められる。髙橋さんは「つまり、(中略)行為について内省を迫られるのが女の子で、責任を性別に転嫁できるのが男の子ということなのではないだろうか」と考察していたけど、こういう扱われ方の差によって、「自分はなぜ泣いてるんだろう」と自分の内部を観察したり、それを言語化したりする力の男女差がかなり開いていくのではないか……。それがコミュニケーション様式の差にも影響しているのではと考えてます。

トミヤマ 「男だから」「お兄ちゃんだから」とか、すごく雑な型にはめて思考停止している気がする。女の子も似たようなことは言われるけど、男の子の方がよりその型の種類が少なそうですよね。「男=泣かない、強い」みたいな感じで、個人に合わせてカスタマイズされていない。「これは清田くんらしくないからやめよう」なら百歩譲って許せるとしても、「男なんだからやめなよ!」っていうすごく雑な言い方で、片付けられてしまうのが悲しい。自分なりに型の形を変えたり、別の型を持ってくる能力があればいいですけど、そういう能力を持たない人は、ごく少ない手持ちの型でいくしかない。

清田 人々から恋バナを聞いていても、男子の恋バナは正直言っておもしろくない。話のディティールが豊かな女子の恋バナに比べ、男子は自己観察能力や言語化能力が圧倒的に劣っているから、マジで何を言っているかわからないのよ……。例えばケンカの理由を尋ねても「なんか知らないけど彼女が怒っててー、とりあえず謝ったら大丈夫でした」みたいな答えだし、恋人の好きなところを聞いても、「いや、フツーにいい子っすよ」って、本当にそれだけ(笑)。

トミヤマ 雑だなー。要は感情労働が苦手なんですよ。「思いやる」とか「察する」とか。

――それは生物学的な問題ではなく、後天的なもの?

トミヤマ 社会的なものだと思いますけどね。感情労働が苦手な男子を量産してしまうこの社会。

清田 それがジェンダー(社会的性差)と呼ばれるものでしょうね。男女で生まれつき脳みその構造が違うとか、そういう問題ではないと思う。って、自分も男なので全然笑えないんだけど……。

女子の“お茶”は、ちょっとした心の切り傷を癒すための文化

清田 「つらい」とか「しんどい」とかの感覚だけはあるんだけど、その捉え方がものすごく低解像度というか、どのようにしんどいか、なぜしんどいかを本人は具体的に認識できていないってことですよね。だから他人に上手に相談したり愚痴をこぼしたりすることもができず、でも人前では気を張って普通にしていないといけないから、なんとなく誰も気づかず、自分も把握できず。放っておくと病気が重篤化するみたいに、きつさがどんどん増していって、臨界点を超えるとドロップアウトっていうことがあると思う。

トミヤマ ドロップアウトする学生って、周りに何も言わないでひとりで決めてしまう子が多いんですよ。あとは早稲田大学だからというのもあるかもしれないんですけど、親の期待を一身に背負っている子たちがすごく多くて、「親のガッカリする顔が見たくない」って言うんですよね。それは見ていてすごく辛そう。

清田 マジメなタイプなんだよね……。

トミヤマ そうなんだよ〜! 「先生、最近しんどいんで話聞いてください、ついでにサイゼリヤも奢ってください」とかずうずうしく言えちゃう子だったら、うまいこと軟着陸できたのでは……という気もするので、やっぱり弱音を吐くのも訓練が必要なんですよね。特に男の子はそうだと思う。女の子は恋バナとか、昼から集合してお茶を飲むっていう文化があるじゃないですか。でも、よく考えたら、“お茶”って結局何してんだよって話ですよね。意味なく集合し、特にオチのない話をし、みたいな(笑)。でもそこで、ちょっとした心の傷みたいなものはある程度癒えるわけです。本当に重傷のときは男も女も大変ですけど、日常の切り傷レベルのときに何ができるかっていうのが、男と女ではおそらく違っていて。女子はだいたい小学生くらいで「とりあえずなんかあったら集まって喋る」という習慣が身につくパターンが多いので。

清田 女同士のお喋りって「オチのない話をダラダラと」ってレッテルを貼られがちだけど、本当はああいう対話が男の人には一番必要なんだと思う。相手が何を考えていて、相手の身にどういうことが起きていて、とかを交換し合うやり取りが“存在(being)を認め合う”ということだと思うんだけど、男社会はあまりそういうことを重視しない。ただそこにいるだけじゃ意味がなくて、“行動(doing)”、つまり何ができるかを重視する価値観に支配されている。女子がbeingを認め合うコミュニケーションを小学生のときからやってるとなると、大学に入るころには男女で大変な差がついているわけで。

――いわゆる「コミュニケーション能力」というものでしょうか。他者との距離の取り方や、気持ちの察し方などがかなり違ってきてしまうと。

清田 そもそも、男子と女子がイメージしている「コミュニケーション能力」って、絶対に別物だよね。男子のイメージするそれは「場を盛り上げる力」に近い。

トミヤマ バラエティ番組の司会か、ひな壇芸人のどっちかならOKってことですよね。それって女子のコミュニケーションにおいては求められてないかも。

清田 例えば知り合いに「ザ・男子」みたいな人がいるんだけど、彼は自分の気持ちを他人に話すのが怖いんだって。深みがないというか、「その程度なんだ」「そんなことがしたいんだ」って思われてしまうのが怖くて、欲望とか希望を表明したり、感情を説明したりすることができないらしい。だから、映画の感想とかを話すときにも「自分はここでグッときた」じゃなくて、「このシーンあの監督っぽいよね」とか、情報の方に走ってしまう。それってある意味、自分のbeingを隠して守る行為でもあるよね。だからいつまでたってもbeingが空洞のままになってしまう。

トミヤマ 大学という場は、そういう思い込みをどうにかできる場所なんですよ。会社組織ではないし、先輩後輩の関係もゆるいし。そこで「いろんな人がいるんだな」って思ってもらえれば、「こうでなくちゃいけない」という思い込みも少しは減るし、社会に出たときも、ある程度は楽にやっていけるのではないかなと思います。

キラキラ学生ってある意味究極のdoing人間だから、そのdoingがなくなったときに自分を支えられなくなるかもしれないなと思ったりします。でも、逆にドロップアウトしちゃう人って「俺のbeingはもうダメだ」って感じで、beの部分に関してものすごく卑屈になっているので、そういうときは「じゃあ、beは置いといて、doだけでもやってみたら?」って言いますね。そしたらちょっとbeも持ち直すかもしれないよって。そして、doingとbeingバランスを一番取りたがっているのが“普通”の人たちなんだと思います。

だからある意味、中途半端であるがゆえに人生を最も豊かに生きる可能性があるんですよ。キラキラでもなくアウトローでもなく、中途半端を超真剣に考えてくれたら、最高だと思います。上を見て嫉妬することもないし、下を見て馬鹿にすることもなくなりますから。中途半端な自分を全肯定してそこを磨いていくというか、半端な自分を愛でていくということができたらいいんじゃないですかね。

“変な自分”もうまく編集して渡せば、受け取ってくれる人はいる

――私は学生時代、早稲田大学でトミヤマさんの「編集実践」という演習を履修していたのですが、あの演習こそ、そういう「半端な自分」や「変な自分」を肯定する力を与えてくれる場だったなと思います。

トミヤマ 私が早稲田で受け持っている「編集実践」は、「自分の好きな題材で一冊のZINE(自主制作雑誌)を作る」という形式の演習なのですが、そこでは「あなたたち一人一人の心の中にいるマイノリティを出せ」と言っています。早稲田大学の学生としてのお前は知らん。普段は隠している、マイナーだったり変態だったり、常識から外れているようなところを出せ、と。

すると、「実は伊達巻が大好きで、正月になると一日一本のペースで伊達巻を食べてます」みたいな学生が登場する。一応、教室内では「どんなネタが出てきても引かない・却下しない」っていうルールを設けてあるので、自然と「お前の伊達巻き愛はわかった。じゃあこれをどうやっておもしろくするかみんなで考えようぜ」という空気になるんですね。「食べ比べレビューしなよ」とか「レシピが知りたいです」とか、みんなしてすごく必死に伊達巻のことを考える(笑)。そうすると、その学生は「たとえ変なところがあっても、社会って意外とそれを受け止めてくれる柔軟性があるんだ」ということがわかるようになる。ちょっと変なところがあったとしても、うまくアレンジすれば、意外と受け取ってくれる人はいるんだなって。

「“変な自分”は隠さなくていい。でもモロ出しだと引かれちゃうことある。でもうまくやれば完全に隠したり否定したりしなくてもよくなるんだよ。そうしたらあなたは楽じゃん」っていうことを伝えたいんですよね。

清田 その「受け入れられた」っていう実感は大事だよね。たぶん、「私はあなたに興味があります。あなたの存在を私は脅かしませんし、あなたがそこにいることを認めます」っていう空気さえ交換できていれば、コミュニケーションは男女関係なくグッドコミュニケーションとして成り立つと思うんだよね。それを大学の教室みたいな場所でできるっていうのはすごくいいと思う。

トミヤマ 私の演習だけじゃなくて、他の授業でも、自分のやり方次第で「おかしな自分のまま認めてもらう」っていうことは絶対にできるはずです。やっぱり、先生が期待している答えを言っているようでは、学生としてはまだ二流なんですよ。自分の中のマイナー性みたいなものをあえて出して、苦笑いとかする人もいるかもしれないけど、ある程度受け入れてもらえるって経験をしたほうが絶対いいです。それが「大学空間を活用する」ってことじゃないかなと。理想論かも知れないですけど、単位のためじゃなくて生きるために大学に行くべきだし、そのついでに単位が付いて来るんだって思って欲しいですね。もちろん勉強はしてほしいけど、それだって、生きるための勉強なんですよって言いたいです。

清田 でもそのときはなかなか分からないんだよね。「正解を言わなきゃ」とか、「みんなにスゲーって言われるような発表をしなきゃ」とか思っちゃう。外部の評価基準に身を委ねちゃうんだよね。でもそこで、「俺は伊達巻が好きだ!!」って言ってみる、そういう経験を1回か2回積むだけで、そこからの人生が全然変わってくると思う。耳を傾けてくれる他者、おもしろいと思ってくれる他者が目の前にいるってことを実感することはとても大事だよね。怖くても1回賭けに出てみて、ある意味“賭けに勝てた”っていう経験は積んでおいて損はない。強張りが取れるような心地よさがある。

トミヤマ 「俺は伊達巻食わねーけど、お前の伊達巻愛はわかったぜ」でいいんですよね。「みんなで一緒に食べよう」まではいかなくていい。わたしもその学生のことは大好きだけど、いまだに伊達巻き食べてないし(笑)。

即効性はない。だけど自分で自分を見るときの画素数が、ちょっとだけ上がる

トミヤマ これはやはり自分が教員だから思うことなんですけど、「でかい声でわかりやすいことを言う教員」って、学生たちからすごく人気があるんですよ。「えーっと……」みたいな感じで、迷いながらボソボソ喋る教員は人気がない。でもそれって、すごくdo重視じゃないですか! 単純明快な論理で話してくれて、1時間半聞いたら一つのテーマがスパンとわかって。

まあ、それもいいんですけど、「何言ってるかよく分からないけどなんとなく可愛いおじいちゃん先生」みたいな人もいるじゃないですか。ときには自分の動物的勘を信じて、そういう人のところに行ってみるのもアリだと思いますね。あふれ出るbeを感じて欲しいです。

清田 わかりやすい効果や対価といったコストパフォーマンス重視で授業を受けるのも悪くはないのかもしれないけど、「この先生なんか気になるんだよな」っていうフィーリングで選んでみるのもぜひオススメしたい。話をしばらく聞き続けていると、そのときはよく分からないんだけど、後々ちょっとずつ「自分が気になってたのってこういうことだったんだ」ってわかってきて、自分の中で考えたことがいろいろつながってくるという現象が起こる。勉強って、そういう体験がおもしろいわけじゃない。一種の勘みたいなものが働いて、話を聞いたり本を読んだりしながら言葉で追いかけていくと、だんだん自分の最初に感じたものの輪郭がはっきりしていく……っていうのは、地味だけど勉強の本質的な部分だと思う。感じたことや考えたことを言語化する力を養っておけば、いろんな場面で役立つと思う。

この『大学1年生の歩き方』だって、読んで10年くらい経ったころに突然「あれはそういうことだったのか!」ってわかることがあるかもしれない。即効性のある本ではないけど……そういうものがちりばめられているからこそ、大人の読者から反応がいいのではないかと思う。って自画自賛になっちゃうけど(笑)。

トミヤマ 明日から人生が劇的に変わる本ではないですね。いつ読んでいいし、何回読んでもいい。中学生が未来に思いを馳せてもいいですし、大人が過去を振り返ってもいいんです。即効性はないけど、自分で自分を見るときの解像度がじわじわと上がっていく。それだけは保証しますし、それが“自分の人生を豊かにする”ってことだと信じております!

___

トミヤマユキコ
1979年生まれ。秋田県出身。ライター/早稲田大学文化構想学部助教。『図書新聞』『タバブックス』『文學界』などで執筆中。著書に『パンケーキ・ノート』(リトルモア)がある。

清田代表/桃山商事
1980年生まれ。東京都出身。恋バナ収集ユニット「桃山商事」代表。失恋ホストやコラム執筆などを通じ、恋愛とジェンダーの問題について考えている。桃山商事の新刊『生き抜くための恋愛相談』(イースト・プレス)が9月に発売予定。

「1日3回××」の性豪・バカリズムが真木よう子と「一回抱いてる雰囲気」、セクシー女優を家へ招いて「何もナシ」!?

 8月16日に放送された『ナカイの窓』(日本テレビ系)でバカリズム(41)の賢者エピソードが紹介され、ネットからは「どういうことだよバカリズム」の大合唱が巻き起こっている。

 同放送では“バカリズムを知る人SP”と題し、バカリズムをよく知るという南海キャンディーズ・山里亮太(40)、三四郎・小宮浩信(34)、千秋(45)らがゲストとして登場。“人見知り芸人”バカリズムにまつわる女性関係エピソードを披露した。

 まずツッコミの声が上がったのは、山里が明かした真木よう子(34)との話。以前、バカリズムと山里はタレントのYOUと飲む機会があったらしく、YOUが連れてきた仲間の中に真木もいたそう。そして、真木とバカリズムが隣に座って話している姿を見て、山里は“デキてる”雰囲気を感じ「これは一回抱いてるな」と思ったという。バカリズムはすぐさま「やってねーわ!」と猛反論。真木とは何度も共演し、連絡先も知っているがプライベートではほとんど会ったことはないとのこと。しかし、CM撮影で真木と一週間の泊まりロケをしたことがあるそうだ。

 飲み会の場でも”2人がデキてる疑惑”の話になったそうだが、バカリズムは「いやいやいや」と否定するも、真木は「私は来てもらっても大丈夫ですけどね」というような発言をし、まんざらでもない様子だったとのこと。これを受け、番組MCの中居正広(44)が「真木よう子はないの?」とバカリズムに聞くと、「アリですよ全然」「あんな綺麗な人、アリに決まってんじゃないですか」と即答した。

 さらに、千秋にセクシー女優とも親密な関係なことを暴露されると、バカリズム自らその詳細を赤裸々に語った。以前バカリズムは、連絡を取っていたセクシー女優が「たまたまうち(=バカリズム宅)の近くを仕事かなんかで通って寄った」そうで、2~3時間お茶して帰ったのだとか。

 これに中居が「ばか!」「なにやってんだよ!」と叱咤すると、「そういう可能性はゼロではないですよ。でも向こうは百戦錬磨ですよ?」「プロ野球選手にバッティングピッチャーするようなもんじゃないですか」と真意を語るも、「そういう時は身を預ければいいじゃねーか」「バカだなー。なに自分がリードしようとしてんだよ。なにプロ面してるんだよ」と再度中居にダメ出しされていた。

 硬派な一面を暴露される一方で、番組冒頭では最近手掛けることが多くなった脚本業について「モテたかったから始めた」とも発言し、「エロい話が好きで、AVがとにかく大好き」とVRを購入したことも告白。バカリズムは、2014年5月放送のラジオ『バカリズムのオールナイトニッポンGOLD』では、「性欲がすごく強い」「1日家にいたら3回は自慰をする」と発言していたほど性豪なことは有名だ。

 賢者、AV好き、性豪、人見知りなど、さまざまなイメージのあるバカリズム。2012年4月と10月に放送された『アメトーーク』(テレビ朝日系)の「女の子苦手芸人」で見せた「女性と目を見て話せない」などのウブな印象が尾を引き、ネット上では「聞いてた話と違う」「ふざけんなバカリ!」と生身の女性との密な交流に批判の声が上がっている。

 しかし、これまた古い話を引っ張り出すようで恐縮だが、2012年10月にTwitterにてバカリズムは”【注意】何かにつけて「女の子苦手芸人のくせに」と言ってくる人がいますが、番組でも説明した通り女の子苦手芸人は基本的に人見知りの延長のようなもので、初対面の女性などに緊張するだけです。決して「女の子嫌い芸人」ではありません。むしろ女の子が大好きです。女の子しか好きじゃありません”と綴っている。女性が「苦手」で「人見知り」なだけであり、今回暴露された真木やセクシー女優との話も、「奥手」はたまた「タイプじゃない」だけなのかもしれない。

 双方のタイミングさえ合えば、「朝帰り」などのキーワードとともにバカリズムの名前が検索される日が来るかもしれない。

(ボンゾ)

AV女優・吉高寧々ちゃんが女から見ても可愛すぎる!! 超清純派の新人ながら完璧な美女っぷり

 今年5月、グラビア界に超大型新人がデビューしました。業界内でも「可愛い」と話題をさらった吉高寧々ちゃん(21)です。寧々ちゃんは透明感あふれる白い肌と大きな瞳が印象的な超絶美女。「カルピス」のCMが超似合いそうな清純派です。ぶっちゃけ、そこらの売れっ子アイドルより全然可愛い!

 グラドルデビュー後は、イメージDVDと写真集を発売したり、週刊誌の表紙を飾ったりと、着実に人気と実績を積み上げていた寧々ちゃんですが、デビューから3カ月後、なんと「S1(エスワン…

とにかく筋肉がしゅごい♡ “AV出演バレ”で話題の消防士とセックス! 筋肉を駆使した体位にも挑戦

 先日、アダルトビデオに出演し報酬を得ていたとして、栃木県・真岡消防署芳賀分署の男性消防副士長(26)が停職6カ月の懲戒処分となりました。その男性は退職届を出しており、同日に受理されたそうです。

 AV出演が発覚した消防士男性は、昨年4月ごろから今年8月までに50~60回の撮影に参加し、計約90万円を得ていたそうです。報酬は1本あたり1万~3万円だったとのこと。お金のためというより、好きで出ていたんでしょうか。出演した作品は消防士とはわからない内容で、相手は女性だったといいます。最初は顔にモザイクをかけて出演していたそうですが、本数を重ねるうちに顔出しで出演するようになり、そのうちのひとつを偶然、同僚が見つけてしまい、出演がバレてしまったそうです。

 ネットでも話題となったこのニュースが出る直前、私は偶然にも消防士の男性と一夜を共にしていました。消防士って、やっぱり職業柄、筋肉がスゴいんですよ! AVバレしちゃった消防士は趣味でボディービルディングをしていたらしいので、なおさらスゴいんだろうなぁ~(※マッチョ系男優・黒田悠斗さんを若くした感じかなと勝手に想像しています)。

 消防士といえば、特に筋肉フェチの女性に人気の職業ですよね。では、消防士とのセックスレポートをお伝えしていきます。

筋肉パワーでいろんな体位に挑戦!

 全然自慢ではないんですが、私は「住みたい街ランキング」の上位に入る街に住んでいます。この街って、どちらかと言えばファミリー向けで治安が良いイメージがあるんですが、意外にもナンパが多い街で。終電が終わるくらいの時間帯に駅前を歩いていると、酒を飲んでテンションが上がった若者に声をかけられることがちょいちょいあるんですよ。例の消防士もその一人でした。

 彼との出会いはもう2年くらい前になるんですが(その時は適当にはぐらかして致していない)、この間、超久しぶりに連絡があって、酒を飲むことになりました。ただの気まぐれか、ないしは適当にヤれる女を探しているんだろうな~くらいの気持ちで会ったんですが、案の定後者。私の“貞操観念ゼロ”スキルも発動して、適当に酒を飲んだら街のホテルへと行きました。わーい! セックスセックス(アホ)。

 その消防士は「しずる」の村上純をちょっと若くして、体格を良くした感じ。ジュン君としておきましょう。ちなみに年齢は私と同じくらい(20代半ば)です。

 服の上からでもジュン君はマッチョなんだろうなって思っていたんですが……脱ぐとスゴい! 二の腕がモリッとしてて、胸筋もバッチリ。腹筋はもちろんバキバキです。「漢!」「LDH!」って感じの色黒マッチョは正直苦手なんですが、ジュン君は色白。体毛は薄めでお肌もすべすべ。「筋肉すご~い♡」って触りまくっちゃいました。

 で、やっぱり見せかけの筋肉じゃないんですよ! 筋肉ヨイショしすぎたせいか、ジュン君も調子に乗ってお姫様だっこをしてくれたんですが、それがあまりにも軽々すぎて。「めっちゃ軽いじゃん」って言葉もお世辞に聞こえない!

 だから、いろんな体位が出来るんですよ。気持ちいいかは別として、AVでよく見る駅弁とか! かつ、それなりに体力もあるので、長時間バコバコやり過ぎて疲れてしまうこともない(ヤッている途中で「腰が疲れた」って言う男性いますよね)。まあ、これに関してはおちんちんの持続力もないと難しいかもしれません、筋肉モリモリでも早漏な男性もいると思いますし。なお、シュン君の持続力は普通くらいでした。

 私的萌えポイントはやっぱり最初から最後まで筋肉でしたね。あんまり筋肉フェチではなかったのですが、モリッとしている胸筋はなんだか安心感があるし、太い二の腕に抱かれると抱擁感がすごい! Mっ気のある私としては、筋肉隆々な手で腰をガチっと掴まれて、どうやっても逃げられない感じでする後背位が良かったです♡

 セックステクに関しては人それぞれだと思いますが、消防士でかつレスキュー隊であれば、ほとんどが筋肉質だとジュン君が言っていました。あと消防士って意外と暇なんだとか(もちろん、ちゃんと業務はしていると思います)。彼が勤める消防署は三交代制らしく、月に1回は4連休があるそう。めちゃくちゃ羨ましい限りですが、彼は「火災もそんなに起きないし暇すぎる。休みも多すぎだし」とボヤいていました。そういえば、AVバレしちゃった消防士も1年4カ月の間で50~60回も撮影に参加していましたもんね。

 筋肉も時間もあって、安定の公務員であることを踏まえれば、消防士は将来の旦那さんにうってつけの案件なのかもしれません。消防士限定の街コンに行ってみようかな……!





まつ毛育毛剤通販