ニュース

中国「Googleを締め出したら国内企業がめっちゃ成長してワロタ。米企業に乗っ取られてる日本どんな気持ち?」

投稿日:

中国ではGoogleなどを規制しているが、これが起因して国内企業が急成長しているという。

中国ではGoogle、Facebook、Twitterなど、米国中心のネット検索大手やSNSにアクセスできない。LINE、インスタグラムも使えない。外敵の侵入を防ぐため築かれた「万里の長城」(GreatWall)をもじって、このネット情報検閲を「グレート・ファイアウォール(防火長城)」と呼ぶ。

6月1日に施行されたサイバーセキュリティ法は「サイバー主権の保護」を強調し、「ネット関連サービスは、中国基準に合致したもの」を外国企業に要求している。「社会主義的価値観」を強調しているため「情報統制」という見方が広がった。VPNへの規制強化と併せ、10月に開かれる中国共産党第19回党大会を前に、安定を揺るがす「芽」を摘み取るのが目的だろう。

しかし、狙いはそれだけではない。アリババと騰訊控股(テンセント)の2社の株価時価総額が40兆円を超え、世界の「トップ5」入りも近いというニュースを知れば、国内産業の保護育成という経済的利益こそが、隠れた狙いなのではないかと思えてくる。

規制が経済実利につながった例の一つがGoogleである。2006年に中国市場に参入した同社は一時、中国で30%を超えるシェアを獲得した。当初は、中国政府が要求した新疆、チベット、民主化運動などの情報規制をのんでいたが、アメリカで「検閲容認だ」との批判を浴びたため、2010年、中国から撤退した。

日本メディアは中国の情報統制を非難したが、その陰で急成長したのが、中国発の検索サイト「百度(バイドゥ)」と中国版Twitter「微博(ウェイボー)」、それに中国版ラインの「微信(WeChat)」などのネット企業だった。百度は、検索サイト市場ではGoogleに次いで世界2位に成長…
続きはソース元で
https://www.businessinsider.jp/post-102970


続きを読む

続きを読む

-ニュース

執筆者:


関連記事

日本郵便「年賀状の減少が止まらない、LINEでも注文可能にするから買って」

日本郵便は31日、2018年用の年賀状の当初発行枚数が25億8600万枚と、17年用よりも9%減ると発表した。LINEで年賀状を発注できるサービスなどで若者の需要喚起を狙うという。
減少は7年連続で、07年の郵政民営化以降で最も少ない。無料対話アプリのLINEで年賀状を発注…

【悲報】トキオの山口達也をハメたのはNHK (※画像あり)

1:風吹けば名無し:2018/04/25(水) 17:36:29.16 ID:qZjuIgo/0.net

NHK教育 山口達也が司会の『Rの法則』

2:風吹けば名無し:2018/04/25(水) 17:37:26.74 ID:qHkcsnX+d.net

これはしゃーない

5:風吹けば名無し:2018/04/25(水) 17:38:2…

山尾の不倫相手、脳梗塞の嫁実家に送り返して山尾を自宅に上げていた

1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2017/09/08(金) 23:34:51.75 ID:ffHSV9dQ0.net

山尾の不倫相手の奥様の証言に驚愕!! 一過性の脳梗塞を患い夫の勧めで子供を連れて実家に先月から帰っていたとの事! 相手の妻が病気療養中で不在の、男の自宅に夜な夜な入り込み二人きりで…

【IWGP】カラーギャングが解散し地域貢献のため落書きを消す(福岡)

続きを読む

【逃走中】脱走の平尾容疑者、盗んだ金で牛乳や菓子の購入に成功か

続きを読む





まつ毛育毛剤通販