ニュース

中国「Googleを締め出したら国内企業がめっちゃ成長してワロタ。米企業に乗っ取られてる日本どんな気持ち?」

投稿日:

中国ではGoogleなどを規制しているが、これが起因して国内企業が急成長しているという。

中国ではGoogle、Facebook、Twitterなど、米国中心のネット検索大手やSNSにアクセスできない。LINE、インスタグラムも使えない。外敵の侵入を防ぐため築かれた「万里の長城」(GreatWall)をもじって、このネット情報検閲を「グレート・ファイアウォール(防火長城)」と呼ぶ。

6月1日に施行されたサイバーセキュリティ法は「サイバー主権の保護」を強調し、「ネット関連サービスは、中国基準に合致したもの」を外国企業に要求している。「社会主義的価値観」を強調しているため「情報統制」という見方が広がった。VPNへの規制強化と併せ、10月に開かれる中国共産党第19回党大会を前に、安定を揺るがす「芽」を摘み取るのが目的だろう。

しかし、狙いはそれだけではない。アリババと騰訊控股(テンセント)の2社の株価時価総額が40兆円を超え、世界の「トップ5」入りも近いというニュースを知れば、国内産業の保護育成という経済的利益こそが、隠れた狙いなのではないかと思えてくる。

規制が経済実利につながった例の一つがGoogleである。2006年に中国市場に参入した同社は一時、中国で30%を超えるシェアを獲得した。当初は、中国政府が要求した新疆、チベット、民主化運動などの情報規制をのんでいたが、アメリカで「検閲容認だ」との批判を浴びたため、2010年、中国から撤退した。

日本メディアは中国の情報統制を非難したが、その陰で急成長したのが、中国発の検索サイト「百度(バイドゥ)」と中国版Twitter「微博(ウェイボー)」、それに中国版ラインの「微信(WeChat)」などのネット企業だった。百度は、検索サイト市場ではGoogleに次いで世界2位に成長…
続きはソース元で
https://www.businessinsider.jp/post-102970


続きを読む

続きを読む

-ニュース

執筆者:


関連記事

コインチェック、460億円分を自己資金で返金の方針…なんか減ってね?

続きを読む

NTT東日本、北海道内すべての公衆電話を無料に。地震を受けて

1:記憶たどり。 ★ 2018/09/06(木) 09:24:52.73 ID:CAP_USER9.net
今回の地震を受けて、NTT東日本は、北海道内にあるおよそ5800台の公衆電話、 すべてを無料で使えるようにしているということです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180906/k10011613011000.html

スマホアプリでタクシーの運賃を乗車前に確定させるサービス、都内で実証実験

スマホ専用アプリを活用し、目的地までのタクシー運賃を乗車前に確定させる新サービスの実証実験が7日、東京都内で始まったという。
渋滞や回り道で運賃が高くなるといった不安を解消し、利用者を増やすのが狙い。国土交通省は効果を検証した上で、全国展開も視野に本格導…

【悲報】レンタル店全く使わない、過去最多の6割に

時事通信の映画の鑑賞に対する世論調査によると、「インターネットの動画配信サービスを契約している」との回答が15.7%に上る一方で、「映画を見るためにレンタル店を全く利用していない」とする回答が60%を占めたという。
調査は3~6日、西日本豪雨で被害を受け…

【動画あり】渋谷のハロウィンでアキラ100% の仮装をして警察に連行されるやつが出現wwwwwwwwwww

1:名無しさん@涙目です。:2017/10/31(火) 21:29:07.79 ID:D1HEEj7/0.net BE:545162937-BRZ(10500)

https://www.facebook.com/57068911532/videos/10154839225231533/

7:名無しさん@涙目です。:2017/10/31(火) 21:31:15.98 ID:3zDN/aQR0.net

楽しそうで何より

9:…





まつ毛育毛剤通販