00芸能 017関ジャニ∞ 01ジャニーズ ジャニーズ 吉高由里子 大倉忠義 炎上 関ジャニ∞

吉高由里子に「クソババア!」、大倉忠義との交際継続報道で関ジャニファンが罵詈雑言

投稿日:

吉高由里子に「クソババア!」、大倉忠義との交際継続報道で関ジャニファンが罵詈雑言の画像1

 女優・吉高由里子のTwitterに「死ね」「クソババア」などの罵詈雑言が殺到している。

 ネットニュース「NEWS ポストセブン」は、23日に吉高と関ジャニ∞・大倉忠義が都内の高級すし店で食事を楽しんでいたと報道。5月頃に破局説が流れていた2人だが、同サイトは「実際のところは、2人は着々と愛を育んでいた」などと伝えている。

 この報道を受け、吉高のTwitterには「大倉君を返して」「学習しろよ 死ね」「散れクソババア」「お前みたいなオバサンに忠義くん興味ないよ?」などと、目を覆いたくなるような罵詈雑言が殺到。さらに、この報道の数時間前に「学生様は 早く会いたい新学期と 残りわずかな夏休み どっちを選ぶかな」などとツイートしていた吉高に、「報道の日にわざわざツイートする神経ガチで疑うわ」といった苦言も。

 吉高と大倉は、昨年7月に熱愛疑惑が報じられたものの、大倉がすぐに「お友だちです」と否定。しかし、同年10月に2人でバリ島旅行へ出かける様子が報じられ、「嘘つき」「付き合ってんじゃん」とファンを落胆させた。

「今年1月、吉高のものとされるTwitterの“裏アカ”が流出。大倉との交際を匂わせるツイートが多数見つかり、大炎上しました」(芸能記者)

 この騒動の直後、吉高は「思い込みで決めつけて 蓋開けたら違いました ってなった時 その放った言葉は 何も消えずに 自分自身に戻ってくるんだよ 自分の口からこの世界に生む言葉は 暴力的な言葉より 暖かくて優しくて嬉しい言葉が 沢山あったらいいな せっかく生まれるんだから 人は段々穏やかになるのかな」と反論とも取れるツイートをしている。

「大倉が『お友だちです』とすぐさま否定したことからもわかるように、ジャニーズ事務所は2人を別れさせようとしているとか。それに、吉高がジャニヲタに敵意をむき出しにしている以上、事務所が2人の交際を容認することはなさそう。大倉の元カノの芹那同様、吉高も関ジャニファンからすっかり嫌われています」(同)

 いまだ既婚者不在の関ジャニ∞。吉高が幸せになれる日は来るのだろうか?

続きを読む

-00芸能, 017関ジャニ∞, 01ジャニーズ, ジャニーズ, 吉高由里子, 大倉忠義, 炎上, 関ジャニ∞

執筆者:


関連記事

フジ・真木よう子『セシルのもくろみ』最終回に酷評の嵐! 約10分の独演シーンに「寒すぎる」

フジ・真木よう子『セシルのもくろみ』最終回に酷評の嵐! 約10分の独演シーンに「寒すぎる」の画像1

 真木よう子主演の連続ドラマ『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)が7日に最終回を放送。視聴者から酷評が相次いでいる。

 平均視聴率5.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)でスタートした同作だが、第5話と第6話で3%台にまで落ち込み、最終回は4.3%と自己3番目に低い数字に。全話平均は4.5%だった。

「全9話で打ち切りとなった同作ですが、全話平均の4.5%は、芦田愛菜主演の大コケドラマ『OUR HOUSE』(同)に並ぶ数字。かつて全話平均5.4%を記録した速水もこみち主演ドラマ『レガッタ』(テレビ朝日系)を用い、ネット上では大コケすることを『レガッた』と呼ぶ現象が起きましたが、早くも一部ネット上では『セシる』という言葉に置き換えられています」(芸能記者)

『セシルのもくろみ』最終回では、「ヴァニティー」読者モデルの宮地(真木)に、由華子(吉瀬美智子)や洵子(板谷由夏)が立ち上げる新雑誌から引き抜きの誘いが。迷った末、「ヴァニティー」を続ける決意をし、最後は海外でランウェイデビューするまでに成長するという展開だった。

 なお、山場は、宮地の約10分間にわたる演説シーン。話題作りを狙ってか、宮地の長ゼリフの中には「そういうネットニュースが出るたびに、いちいち右往左往するのはどうなんでしょう? もう数字とか、ネットとか、そんな本当の正体もわからないものに振り回されるの、やめにしませんか?」といったものや、「先日は、撮影を飛ばしてしまって、すいませんでした!」と頭を下げるシーンなど、最近の真木に関する騒動を思い起こさせる内容が盛り込まれていた。

 しかし、ネット上では「最終回が一番面白くなかった」「演説シーンが寒すぎた」といった声や、主人公の描写に対し「元ヤン主婦がどれだけ洗練されていくのか楽しみにしてたけど、成長過程が全く描かれなかった」「結局、ミヤジのやりたいことって何?」「自分らしく、私らしくって言ってる主人公の目標が一番わからなかった」と酷評が相次いでいる。

「主人公が洗練された女性になっていくかと思えば、最後までダサいリュックを背負い、ヤンキーしゃべりのまま。宮地が望んでいることがよくわからず、何を伝えたいドラマなのか視聴者が理解できないまま終わってしまった。また、主人公の演説シーンは、引き込まれるわけでもなく、ただダラダラと長いだけだった印象。真木の演技よりも、脚本や演出に問題があったという声も」(同)

 数字・評判ともに、フジのもくろみ通りにはいかなかった『セシルのもくろみ』。なんとも後味の悪い終わり方となってしまったようだ。

阿部寛がセコすぎ!? 成宮寛貴のダルダルタンクトップ、三上悠亜のファン感謝祭に落胆……週末芸能ニュース雑話

<p>デスクT インターネットの歴史的遺産「阿部寛のホームページ」でお馴染みの俳優・阿部寛が、歯医者の治療費を強引に値切ったんだって?</p>

<p>記者H 17日発売の「女性自身」(光文社)によれば、阿部は現在、都内にある芸能人御用達の歯科クリニックで、歯並びの治療を受けているとか。そこで、「治療費を半額にしてほしい」としぶとく交渉を続け、半額に下げてもらったんだそうです。逆に言えば、他の患者は、阿部の倍額を払ってるってことですよね………

関ジャニ∞・丸山隆平は、なぜブレークできないのか? 不遇の歴史を徹底検証

<p> 今回は関ジャニ∞・丸山隆平を取り上げてみたい。グループのムードメーカーとしてメンバーを和ませ、またライブにおけるファンサービスは誰よりも一生懸命だ。まさに名字のごとく、みんなの心を丸くさせてくれる、ジャニーズタレントの中でも稀有な存在である。<br />
 <br />
 だがテレビ業界では、彼の評価は残念ながら高くない。それは彼一人の責任ではないのだが、貧乏くじを引きやすいタイプなのかもしれない。</p>

<p> 2012年、竹内結子主演の刑事ドラマ『ストロベリーナイト』(フジテレビ系)の湯田康平役で注目されると、翌13年の『泣くな、はらちゃん』(日本テレビ系)では、主演のTOKIO・長瀬智也に負けない“受け”の演技で評価を高めた。</p>

「マツコ、有吉、坂上に続くご意見番に」ビンタ騒動で、テレビ界が日野皓正にロックオン?

「マツコ、有吉、坂上に続くご意見番に」ビンタ騒動で、テレビ界が日野皓正にロックオン?の画像1
『ニューヨーク・タイムズ』(ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル)

 ジャズトランペット奏者の日野皓正が男子中学生を殴打したいわゆる“ビンタ騒動”。芸能界でも賛否の声が渦巻く中、その裏では別の動きが発生しそうだ。

 ビンタ騒動は、先日発売された「週刊文春」(文藝春秋)および「週刊新潮」(新潮社)で報じられた。その内容は、8月20日に行われた世田谷区教育委員会主催のコンサートで、出演者の中学生がドラム演奏をやめなかったため、日野がビンタしたというもの。ネットにはその様子を収めた動画も登場し、非難の声が集まった。

 この件については、爆笑問題の太田光や坂上忍が批判を述べる一方、ダウンタウンの松本人志、ヒロミ、スピードワゴンの井戸田潤からは、日野の行動に一定の理解を示す発言も登場。ネットでも、当初は日野への批判が殺到していたが、日野がビンタは行きすぎた行動だったことを認め、コンサート後に中学生が日野に謝罪していたことも判明したため、日野を擁護する声も多くなってきている。この状況を目ざとく捉えたのがテレビ界だ。テレビ関係者が語る。

「昨今のテレビ界は、炎上を恐れるあまり、番組作りが“守り”に入っていますが、一方では坂上やマツコ・デラックス、有吉弘行など、芸能人が本音でズバズバと斬る番組が人気です。梅沢富美男がバラエティ番組に引っ張りだこなのは、その象徴でしょう。日野の騒動は、当初はただの“炎上案件”でしたが、日野が会見を行って『言うことは言う』という姿勢を貫いたため、徐々に風向きも変わってきました。ご意見番としての適性は十分でしょう」

 若者の中には、今回の騒動で初めて日野の名前を知ったものも多いだろうが、日野は1960年代から世界の名だたるミュージシャンとセッションを繰り返し、2004年には紫綬褒章も受章したビッグネーム。しかも、生活の拠点を米ニューヨークに移しているだけに、簡単にバラエティ番組に出るとは思えないが、それでもテレビ界が日野に注目するのには理由がある。

「近年、バラエティ界のキャスティングは“なんでもアリ”になっています。最近なら梅沢や加藤一二三、声優の金田朋子、少し前なら篠原信一、前園真聖、はいだしょうこなど、どんなジャンルの誰がブレークするのか、まったく予測がつきません。バラエティ番組のスタッフは、『誰か面白い人いない?』が口癖になっています。騒動が盛り上がっている今、バラエティ番組のスタッフが日野に目をつけてもおかしくはないでしょう」(同)

 ビンタ騒動がきっかけで、日野がバラエティ番組を席巻するかも?

T.O.Pの大麻吸引事件が決定打に? 韓国で芸能兵制度に続き、義務警察制度が廃止へ

T.O.Pの大麻吸引事件が決定打に? 韓国で芸能兵制度に続き、義務警察制度が廃止への画像1

 韓国警察庁が2023年度までに「義務警察制度」を完全に廃止する方針を明らかにし、物議を醸している。特に注目されているのは、多くの芸能人が服務している警察広報団や警察楽団を最優先で廃止するという内容だ。

 義務警察とは、警察の組織に身を置くことでそれが兵役となる、軍代替制度のこと。義務警察は2カ月ごとに3泊4日の定期外泊が与えられるなど、一般兵に比べ、日常的に社会と接する機会が多いため、近年は義務警察で兵役に就く芸能人が増えている。例えば東方神起のチャンミンやSUPER JUNIORのシウォンなどがそうだ。

 義務警察官の主な任務は、交通整理、防犯パトロール、集会・デモの管理などだが、その中に彼ら芸能人が動員されることはない。彼らが配置されているのは、別名“ホルラギ演劇団”と呼ばれるソウル市警察庁広報団だ。デモや集会ではなく学校や地域コミュニティに足を運び、公演活動などを通じて犯罪防止や安全対策などの啓発活動を実施するのが主な任務で、いわば“ソウル警察の顔”のような存在といえるだろう。

 このように義務警察は事実上、芸能人の受け皿になっているが、それだけに義務警察制度廃止のニュースは韓国芸能界に大きな波紋を呼んでいる。

 韓国警察庁は、なぜ制度廃止に踏み切ったのだろうか?

 文在寅大統領が掲げた「公務員81万人の増員」の公約に沿って、義務警察官を減らして警察公務員を増やすのが狙いだとの見方もあるが、それにしても警察広報団と警察楽団が最優先で削減されるという計画は、明らかに芸能人を標的にしたものに見える。それは逆に言えば、義務警察に服務する芸能人に制度廃止の要因があるということだろう。

 実際、以前から義務警察は芸能人の「兵役特恵」だと厳しい批判を受けていたし、特に今年2月から義務警察で服務していたBIGBANGのT.O.Pが大麻吸引事件を起こして有罪判決を受けたことは大きなきっかけになったはずだ。

 というのも、もともと韓国には「芸能兵制度」というものがあったのだが、これも芸能人の不祥事によって2013年に廃止されているのだ。「芸能兵」とは、軍部の広報やイベントを率先して行う部隊のことで、実戦部隊への配属は免除されていた。こちらも義務警察同様、芸能人への「優遇」という批判があったが、制度廃止の決定打となったのは芸能兵が起こしたスキャンダルだった。

 13年6月にSBSの報道番組『現場21』が芸能兵の服務実態について報じたのだが、そこには当時、芸能兵として服務していた歌手のSE7EN(セブン)、ヒップホップグループMighty Mouthのサンチュが慰問公演の後に私服で街に繰り出して飲酒する姿があった。そればかりか映像には、彼らがその後、風俗店に入る様子まで捉えられていたのだった。

 この放送は大きな波紋を呼び、国防長官の直接的な指示で芸能兵に対する監査が実施され、最終的に制度自体の廃止が決定されたのだった。

 こうした前例と同様の文脈で、今回の義務警察制度廃止も決まったと見ることができるだろう。果たして、これからも、芸能人の特恵とスキャンダルは続くのだろうか?
(文=S-KOREA)

●参考記事
・あのK-POPアイドルも務めている!! 大規模デモと対峙せねばならない義務警察の「悲劇」
http://s-korea.jp/archives/11735?zo

・東方神起チャンミンやSJのシウォンらが務める“義務警察”という名の兵役
http://s-korea.jp/archives/4554?zo





まつ毛育毛剤通販