06連載 トンデモ海外ニュース 中国 海外ニュース 社会

余罪数十件! プロ当たり屋「赤帽おじさん」が、ついに御用

投稿日:

実際に出血まで……プロ当たり屋「赤帽おじさん」ついに御用の画像1
逮捕された赤帽おじさん。額から絶妙な量の出血をしてみせる技は、まさにプロの芸当

 中国で「人肉撞車」という言葉が流行している。これは、いわゆる「当たり屋」を意味する新語だ。近年、当たり屋による偽装交通事故が多発しているのだ。

「南方網」(8月13日付)によると、広東省深セン市で過去数十回にわたり、当たり屋行為を繰り返していた男が逮捕された。

 先月16日、市内で歩行者と乗用車による交通事故が発生したと、地元の交通警察に通報があった。警察官が現場に駆けつけると、車のドライバーと、頭から血を流した男の姿があった。そしてドライバーは「歩行者の男が突然、道路に飛び出してきた」と証言したのだった。

 実は被害を主張する歩行者の男、この1カ月だけでも数回、交通事故の被害者としてドライバーに損害賠償請求をしていた当たり屋だったのだ。

 その手口は、警察関係者も認める“プロ”そのもの。ほどよいスピードで走る乗用車を狙って接触し、実際にある程度の出血をしてみせるのだ。男は毎回、同じ服装で犯行を重ねていたため、地元警察には「赤帽おじさん」と呼ばれていた。

 男は病院で手当てを受けた後、厳しい取り調べを受けたということだ。

 今年4月には、同省広州市で、当たり屋グループ5人が逮捕された。彼らのうちひとりがターゲットの車にぶつかり、目撃者役の男が警察に通報するふりをする。そこへ警察官役の男が登場し、運転手に和解金を支払うよう説得するという劇場型当たり屋行為を、少なくとも13件起こしていた。

 また、6月には福建省泉州市でも当たり屋グループ6人が逮捕されたが、彼らは車に接触する前に、あらかじめ自らの指を骨折させるという周到ぶりだったという。

 こうした当たり屋行為の横行の陰で、人民の間では交通事故の際、当たり屋の芝居ではないかと勘繰るなど不信感が芽生えており、実際に車にはねられた被害者が放置されて死亡するという事件も続発する結果となっている。
(文=青山大樹)

続きを読む

-06連載, トンデモ海外ニュース, 中国, 海外ニュース, 社会

執筆者:


関連記事

海外「やっぱ日本人って凄いよ」震災時にも秩序を保ち続ける日本人の姿に賞賛の嵐

多くの犠牲者と負傷者を出した北海道胆振東部地震。安否不明者が20名以上おり、大きな余震も懸念されていますが、約295万戸で起きていた停電は7日午前10時に半数が復旧し、閉鎖されていた新千歳空港も、同日午前には国内線の運行が再開されるなど、インフラ面は少しずつながら復旧し始めています(大停電の完全復旧は少なくとも一週間かかる見通し)。そのような中で、香港メディアは被災地の方々にスポットを当て、複数枚の写真と

民家に男の子が訪れ「今晩泊めて下さい。何でもお手伝いします」断られ「僕のことわからないの」と立ち去りその後行方がわからず

続きを読む

海外「日本の作品は別格だよ」 英紙『日本のアニメを真剣に観るべき理由』が話題に

今回は、英メトロ紙に掲載された、「なぜ我々は日本のアニメを嘲弄せず、真剣に観るべきなのか」と題された記事からになります。早速ですが、以下が要点になります(※青字部分だけでも十分かと思います)。「日本のアニメは、誤解された芸術である。 『幼稚である』とか、『子供向けのカートゥーン』と分類するのは、 あまりにも浅はかで、考える努力が足りていない。 全てのアニメーションが子供向けではないことは誰でも知っ

【東京医大】文科省から「女性活躍支援」で八千万円交付されていた

1: クロ ★ 2018/08/04(土) 20:10:30.63 ID:CAP_USER9
 一般入試の女子受験者を一律に減点した疑いが浮上した東京医科大(東京都新宿区)が二〇一三年、女性医師や研究者の育児と仕事の両立を支える国の事業に選ばれ、三年間で計八千万円の補助金を受けていたことが分…

海外「彼女の受賞は当然だ!」『魔女の宅急便』が児童文学のノーベル賞を受賞し話題に

先月26日、「児童文学のノーベル賞」或いは「小さなノーベル賞」と言われる、児童文学賞で最も権威ある国際アンデルセン賞の作家賞が発表され、「魔女の宅急便」などで知られる、児童文学作家の角野栄子さんが受賞しました。国際アンデルセン賞は国際児童図書評議会により隔年で授与される賞で、日本人の作家賞受賞は、1994年のまど・みちおさん、2014年の上橋菜穂子さんに次ぎ3人目となります(国別の受賞者はアメリカの5人に次い





まつ毛育毛剤通販