06連載 トンデモ海外ニュース 中国 海外ニュース 社会

余罪数十件! プロ当たり屋「赤帽おじさん」が、ついに御用

投稿日:

実際に出血まで……プロ当たり屋「赤帽おじさん」ついに御用の画像1
逮捕された赤帽おじさん。額から絶妙な量の出血をしてみせる技は、まさにプロの芸当

 中国で「人肉撞車」という言葉が流行している。これは、いわゆる「当たり屋」を意味する新語だ。近年、当たり屋による偽装交通事故が多発しているのだ。

「南方網」(8月13日付)によると、広東省深セン市で過去数十回にわたり、当たり屋行為を繰り返していた男が逮捕された。

 先月16日、市内で歩行者と乗用車による交通事故が発生したと、地元の交通警察に通報があった。警察官が現場に駆けつけると、車のドライバーと、頭から血を流した男の姿があった。そしてドライバーは「歩行者の男が突然、道路に飛び出してきた」と証言したのだった。

 実は被害を主張する歩行者の男、この1カ月だけでも数回、交通事故の被害者としてドライバーに損害賠償請求をしていた当たり屋だったのだ。

 その手口は、警察関係者も認める“プロ”そのもの。ほどよいスピードで走る乗用車を狙って接触し、実際にある程度の出血をしてみせるのだ。男は毎回、同じ服装で犯行を重ねていたため、地元警察には「赤帽おじさん」と呼ばれていた。

 男は病院で手当てを受けた後、厳しい取り調べを受けたということだ。

 今年4月には、同省広州市で、当たり屋グループ5人が逮捕された。彼らのうちひとりがターゲットの車にぶつかり、目撃者役の男が警察に通報するふりをする。そこへ警察官役の男が登場し、運転手に和解金を支払うよう説得するという劇場型当たり屋行為を、少なくとも13件起こしていた。

 また、6月には福建省泉州市でも当たり屋グループ6人が逮捕されたが、彼らは車に接触する前に、あらかじめ自らの指を骨折させるという周到ぶりだったという。

 こうした当たり屋行為の横行の陰で、人民の間では交通事故の際、当たり屋の芝居ではないかと勘繰るなど不信感が芽生えており、実際に車にはねられた被害者が放置されて死亡するという事件も続発する結果となっている。
(文=青山大樹)

続きを読む

-06連載, トンデモ海外ニュース, 中国, 海外ニュース, 社会

執筆者:


関連記事

インドに記録を大幅に更新する「世界一高い像」が完成…高さ182m

先日まで、世界一高い像は中国にある「魯山大仏」の128mでした。(土台を含めると153m)

インドでそれまでの記録を大幅に更新する182mの「サルダール・バラブバーイー・パテル」像が完成したとのこと。

どんな像なのかご覧ください。

中国外相「国民感情の改善を」 修学旅行を提案

1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [US] 2019/02/02(土) 20:23:33.47 ID:k/yRHy+B0 BE:123322212-PLT(13121)
中国外相「国民感情の改善を」 修学旅行を提案 【北京=永井央紀】中国の王毅国務委員兼外相は2日、北京を訪問中の森健良外務審議官と会談し、6月に想定す…

習主席はなぜ突然、安倍首相にラブコールを送り始めたのか?…韓国メディア!

1: Ikh ★
 《 安倍晋三首相が25日、2泊3日の日程で訪中する。日本の首相による訪中は2012年日本政府が尖閣諸島(中国名・釣魚島)に対して国有化措置を断行し、中日関係が極度に悪化して以降、7年ぶりのことだ。 李克強首相の招待で北京を訪れる安倍首相は、習…

中国業界団体の基準変更宣言が即座に専門家に一蹴される 偽物批判は受け入れられなかった

1:第二書記 ★:2018/08/17(金) 12:08:08.20 ID:CAP_USER9
養殖ニジマスは「サケ」、中国業界団体が宣言 偽装疑惑受け 【AFP=時事】ニジマスもサーモンである──。中国で今年、国産「サーモン」の刺し身の多くが実はニジマスであることが国営テレビで暴露され、消費者…

他人の雑木林で野生のくるみ取って逮捕の無職「地球に生えているものを採って何が悪い」と容疑を否認

続きを読む





まつ毛育毛剤通販