知る

インパクト絶大。マオリ族の女性がアゴに施す聖なるタトゥ「モコ・カウアエ」(20世紀初頭)

投稿日:

00

 ニュージーランドの先住民族、マオリ族の女性たちは、青年への通過儀礼として、アゴに入れ墨を施すという伝統的習慣があった。これは "モコ・カウアエ"(moko kauae)と呼ばれ、自らのアイデンティティの象徴となるものである。

 1800年代、ニュージーランドがイギリスに植民地化され、その習慣は廃れてしまったかのように見えたが、現在また徐々に復活の兆しを見せている。

 ここでは1900年代初頭のマオリ族の女性たちのモコ・カウアエを見ていこう。
  続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

いつも不平・不満ばかり。愚痴るのをやめれば人生はがらっと変わる。科学的根拠にもとづいた楽しい人生を送るための7つの方法

 口をついて出てくるのは不平・不満ばかり。そんな人の話を聞いていて楽しいだろうか?それは言っている本人にとっても害をもたらす。

 しょっちゅう不平ばかり言っていると、精神的にも、感情的にも、肉体的にも影響が出ることはこれまでの研究からわかっている。ストレ…

昔の失敗をクヨクヨと考えることは悪いことではない。将来的な成功を得る手助けになる可能性(米研究)

 「昔の失敗をいつまでもクヨクヨと考えるな」とは良く言われることだ。だが、ある科学者によると、実はクヨクヨ考えた方が良い場合もあるそうだ。

 人によっては失敗の苦い記憶が一層の努力を重ねるモチベーションとなり、将来的な成功につながることになるという。

 …

世界で最も危険な激辛アイスクリーム。ブート・ジョロキア級にスパイシーな「悪魔の吐息」が爆誕(スコットランド)

 スコットランド・グラスゴーにあるオールドウィッチ・カフェ・アンド・アイスクリーム・パーラーにとんでもない辛さのアイスクリームが登場したようだ。

 「悪魔の吐息(Respiro del Diavolo)」という名前からしてやばそうなアイスなんだが、唐辛子の辛さ量る単位・スコ…

世界初。超小型のロボットを飲み込んで胃潰瘍を治すマウス実験に成功(米研究)

 もうじきあなたの病気を治療するため、小さなロボットが体内に潜り込んで薬剤を投与するようになるかもしれない。

 世界で初めて、髪の毛の太さほどしかない極小のロボットがネズミの胃に抗生物質を送り届け、細菌感染を治療することに成功した。

 「動作それ自体が胃…

地球外生命体から地球を守れ!NASAが惑星防衛官を募集中ーー年収は最大2,000万円以上・福利厚生あり

 フェルミのパラドックスはあるものの、地球外生命体がいないとは証明されていない。

 それはいつ遭遇してもおかしくないし、仮に微生物レベルのものだとしても、地球に持ち込むと大変なことになる。NASAも本気で心配しているのだ。

 そこで今、NASAでは”惑星防衛官(…



まつ毛育毛剤通販