知る

この家は守る!空き巣を撃退すべく格闘したジャーマン・シェパード。おかげで家の中はスプラッターハウスに。

投稿日:

1_e6

 8月10日の晩、米バージニア州リッチモンドで暮らすトリスタン・マリンさんらが、我が家に帰宅したときのことだ。

 いつものように玄関で、愛犬のジャーマン・シェパード、オーデンさんから熱烈なお出迎えを受けたのだが、不気味な違和感を払しょくすることができなかった。

 なぜなら床に血痕らしきものが付着していたからだ。

 そして階段を見上げると、そこにはスプラッター映画顔負けの凄惨な光景が広がっていたのだ。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

ただじっとしてるだけじゃないのよ!動的に行動する10種の植物

 地に根を張りほぼ移動することのない静なるイメージがある植物だが、その静けさの裏には恐ろしいポテンシャルを秘めている。

 人間すらもあっさり殺すことができるほどの毒物を蓄えている種も存在するわけで(関連記事)、さすが地球の生態系を牛耳っているといっても過…

犬は喜び庭かけまわるとは限らない。犬だって寒すぎると危険。?犬のサイズ別お散歩気温チャート図

 モフモフした毛をまとっていているし、雪がコンコンすると喜んで庭かけまわるって歌にもあるし、犬は寒さに強いと思われがちだ。

 だがそんなこともない。もちろん寒冷地仕様の犬ならそれなりに耐性があるだろうが、そうじゃない犬もいる。その体感温度の差は思った以上…

犬の感情的な認識と理解は人間の幼児と同等であることが判明(インド研究)

 社会性が高く共感能力に優れた犬は人間の良き友である。悲しいときはそばに寄り添い、うれしいときは一緒に喜んでくれる。

 最新の研究によると、犬には我々が思っている以上に高度な認知能力が備わっているという。

 彼らは人間の2、3歳の幼児と同等の感情認識と理解…

「ゴリラは毛深い人間である」、「恐竜の骨は巨人の骨」当初おかしな解釈や考え方をされていた10のもの・こと

 わたしたちが住むこの地球には、いまだに目を丸くするような驚きの発見がある。かつて発見されたものは、様々な研究を重ね、今ではほとんどが説明のつく当たり前のものとなっているが、発見当初は、その正体がわからずおかしな解釈がなされていたものがある。

 例えば、…

R.I.P. 世界最高齢のクモ「ナンバー16」が、43歳で亡くなる(オーストラリア)※クモ出演中

 「ナンバー16」との愛称で呼ばれていた世界最高齢とされるクモが逝去(享年43歳)した。

 亡くなったメスのギアウス・ビロサス(Giaus Villosus)は、日本では一般にトタテグモと呼ばれる種で、西オーストラリアでの長期的個体数調査のために野生での暮らしを観察されて…




まつ毛育毛剤通販