文化・歴史

海外「さすが日本だ!」 馬車で大使を送迎する日本の礼遇にブルネイ人が感動

投稿日:

日本では、外国の特命全権大使や特命全権公使が新たに就任した際には、
派遣元の元首からの信任状を天皇陛下に対して捧呈する、
信任状捧呈式が皇居宮殿で執り行われます。

信任状捧呈式のため皇居に向かう際、大使は東京駅から宮殿南車寄まで、
移動手段として自動車か儀装馬車かを選ぶことが出来るようになっており、
ほとんどの大使は、馬車での移動を選択するそうです。

翻訳元の映像では、ブルネイのカミラ・ハニファ閣下が、
信任状捧呈式から馬車で戻られた際の様子が収められています。

日本のおもてなしに、ブルネイの方々から感激の声が多く寄せられていました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

海外「唯一のエンペラーだし」 海外訪問中の両陛下の車列が物凄い

hqdefault_20170806164543b66.jpg

続きを読む

-文化・歴史

執筆者:


関連記事

海外「日本では反逆者でも英雄なのか」 米メディアが西郷隆盛の生涯を特集し話題に

倒幕と維新に尽力した、維新の三傑の一人、西郷隆盛。薩摩藩の下級武士でしたが、何度も建白書を書き藩庁に提出していた事もあり、いつしか藩主の島津斉彬の目にとまり、登用されることになります。斉彬の死後、流罪を2度経験するも、大久保利通などの働きかけで復帰し、蛤御門の変以降に活躍を見せ、薩長同盟の成立や王政復古に成功。その後も戊辰戦争を主導し、江戸無血開城を成功に導くなどし、明治4年に参議、その2年後には陸

海外「着物カッコよすぎ!」 男性用の着物の人気が海外のネット上で物凄いことに

日本の伝統衣装である着物(和服)。平安時代に庶民の間で着られていた小袖が、平安時代末期ごろから上流階級にまで広がり、その後も日本独自の発展を遂げていき、現在に至ります(明治期に洋服が入って来てから、「着物」「和服」の語が生まれた)。さて、着物業界の最大手である「きもの やまと」は、2015年からメンズ着物専門店「Y. & SONS」を展開しており、今年にはノルウェーの有名デザイナー、T-MICHAELさんとタッグを組み

海外「日本の統治は偉大だった」 日本統治下の満州の映像に海外から驚きと感動の声

1932年から1945年の間、現在の中国東北部に存在した満州国。満洲国は建国の際、満洲人による民族自決の原則に基づく国民国家であるとし、建国理念として満洲人・日本人・漢人・朝鮮人・蒙古人による、五族協和と王道楽土を掲げていました。満州国建国後、日本資本の導入による重工業化や、日本からの近代的な経済システムを導入した事で急速な発展を遂げ、人口も建国からわずか10年で約1500万人増加しています。ご紹介する動画では

海外「当時の日本人の偏見のなさに驚いた」 家康に仕えた白人の侍の存在に外国人が衝撃

今回は海外の人気歴史サイトが取り上げていた、ウィリアム・アダムス(三浦按針)の話題からです。ウィリアム・アダムスはイギリス南東部出身の航海士・貿易家で、オランダ船リーフデ号に乗り、1600年に漂着する形で日本に来ました。日本漂着から半月後、アダムスらの処遇を担当していた徳川家康と引見。その後何度か引見を繰り返し、海賊でも布教目当てでもないことを悟った家康は、アダムスとヤン・ヨーステンを江戸に招くことに

海外「日本は島国だから特別なのか?」 和紙の作り方を映した映像への反響が凄い事に

今回は岐阜県で製造される、美濃和紙の作り方を収めた映像からです。美濃和紙が作られ始めたのは奈良時代のことで、702年の正倉院文書にも美濃の紙が記録されています。平安時代には、宣命紙や公用紙を生産。その後も美濃和紙は日本各地に伝播していき、江戸時代には、「美濃」が障子の代名詞にまでなっています。映像では、和紙の原料としてコウゾの靭皮繊維が、「ねり」の原料にトロロアオイがそれぞれ用いられている点を紹介。



まつ毛育毛剤通販