文化・歴史

海外「さすが日本だ!」 馬車で大使を送迎する日本の礼遇にブルネイ人が感動

投稿日:

日本では、外国の特命全権大使や特命全権公使が新たに就任した際には、
派遣元の元首からの信任状を天皇陛下に対して捧呈する、
信任状捧呈式が皇居宮殿で執り行われます。

信任状捧呈式のため皇居に向かう際、大使は東京駅から宮殿南車寄まで、
移動手段として自動車か儀装馬車かを選ぶことが出来るようになっており、
ほとんどの大使は、馬車での移動を選択するそうです。

翻訳元の映像では、ブルネイのカミラ・ハニファ閣下が、
信任状捧呈式から馬車で戻られた際の様子が収められています。

日本のおもてなしに、ブルネイの方々から感激の声が多く寄せられていました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

海外「唯一のエンペラーだし」 海外訪問中の両陛下の車列が物凄い

hqdefault_20170806164543b66.jpg

続きを読む

-文化・歴史

執筆者:


関連記事

海外「こんな国にどう勝てと…」焼け野原から復興を遂げた東京の姿に外国人が衝撃

第二次世界大戦末期、焼夷弾を用いた東京に対する大規模な爆撃が、アメリカ軍により100回以上行われており、中でも1945年3月10日の空襲では犠牲者の数が10万人を超え、東京の全建物の4分の1が破壊され、100万人の方が家を失いました。今回ご紹介する写真は、空襲後焼け野原となった1945年当時の東京と、復興と発展を遂げ、世界有数の大都市になった現在の東京を比較したものです。文字通り灰燼に帰してしまった東京が奇跡的な復興

海外「日本は本当に特殊だね…」 日本人の特別な国民性に迫った映像に外国人が感銘

今回は、「日本:感謝の王国」と題された動画からです。動画の説明文には、「日本は礼儀の国としてよく知られているが、日本人の感謝の心は何に根ざすものなのだろうか?」とあり、本編では、剣道場の少女と女性、そしてお寺のお坊さんによって、その答えの1つがそれぞれ説明されています。他にも神社、街角、野球のグラウンド、旅館、デパートなど、様々な場面で日本の人々がお辞儀をする様子が紹介されており、礼儀として、文化

海外「漢字を独自進化させたのか!」ひらがなの成り立ちが面白すぎると大反響

日本独自の音節文字であるひらがな。いつ完成したのか、その正確な年代は分かっていませんが、京都の藤原良相邸遺跡から見つかった土器群に、867年ごろに書かれたとされるひらがなが確認でき、それがこれまでに見つかったひらがなでは最も古いとされています。ひらがなは漢字、あるいは万葉仮名を大きく草体化したものですが、映像ではその成り立ちが、鈴木曉昇さんの書によって表現されています(ここではか〜な行のひらがなが紹

海外「日本は島国だから特別なのか?」 和紙の作り方を映した映像への反響が凄い事に

今回は岐阜県で製造される、美濃和紙の作り方を収めた映像からです。美濃和紙が作られ始めたのは奈良時代のことで、702年の正倉院文書にも美濃の紙が記録されています。平安時代には、宣命紙や公用紙を生産。その後も美濃和紙は日本各地に伝播していき、江戸時代には、「美濃」が障子の代名詞にまでなっています。映像では、和紙の原料としてコウゾの靭皮繊維が、「ねり」の原料にトロロアオイがそれぞれ用いられている点を紹介。

海外「こんな民族が他にいるか?」 金継ぎ職人が語る日本独特の哲学に海外が感動

陶磁器に出来たヒビや欠けなどの欠損部分を漆で接着し、金属粉で装飾する修復技法である金継ぎ(金繕い)。破損した部分を漆で修復した痕跡は縄文土器にも見られますが、室町以降の茶道の普及により、芸術的な価値が見出されるようになります。今回ご紹介する映像では、金継宗家宗匠の塚本将滋氏が、金継ぎの背景にある侘び寂びの美意識や武士道の精神を説明されています。海外、特に欧米では一般に、器に傷が出来ればそれを隠すよ





まつ毛育毛剤通販