文化・歴史

海外「さすが日本だ!」 馬車で大使を送迎する日本の礼遇にブルネイ人が感動

投稿日:

日本では、外国の特命全権大使や特命全権公使が新たに就任した際には、
派遣元の元首からの信任状を天皇陛下に対して捧呈する、
信任状捧呈式が皇居宮殿で執り行われます。

信任状捧呈式のため皇居に向かう際、大使は東京駅から宮殿南車寄まで、
移動手段として自動車か儀装馬車かを選ぶことが出来るようになっており、
ほとんどの大使は、馬車での移動を選択するそうです。

翻訳元の映像では、ブルネイのカミラ・ハニファ閣下が、
信任状捧呈式から馬車で戻られた際の様子が収められています。

日本のおもてなしに、ブルネイの方々から感激の声が多く寄せられていました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

海外「唯一のエンペラーだし」 海外訪問中の両陛下の車列が物凄い

hqdefault_20170806164543b66.jpg

続きを読む

-文化・歴史

執筆者:


関連記事

海外「こんな国にどう勝てと…」焼け野原から復興を遂げた東京の姿に外国人が衝撃

第二次世界大戦末期、焼夷弾を用いた東京に対する大規模な爆撃が、アメリカ軍により100回以上行われており、中でも1945年3月10日の空襲では犠牲者の数が10万人を超え、東京の全建物の4分の1が破壊され、100万人の方が家を失いました。今回ご紹介する写真は、空襲後焼け野原となった1945年当時の東京と、復興と発展を遂げ、世界有数の大都市になった現在の東京を比較したものです。文字通り灰燼に帰してしまった東京が奇跡的な復興

海外「日本の統治は偉大だった」 日本統治下の満州の映像に海外から驚きと感動の声

1932年から1945年の間、現在の中国東北部に存在した満州国。満洲国は建国の際、満洲人による民族自決の原則に基づく国民国家であるとし、建国理念として満洲人・日本人・漢人・朝鮮人・蒙古人による、五族協和と王道楽土を掲げていました。満州国建国後、日本資本の導入による重工業化や、日本からの近代的な経済システムを導入した事で急速な発展を遂げ、人口も建国からわずか10年で約1500万人増加しています。ご紹介する動画では

海外「涙が止まらない…」 外国人が語る日本人特有の美意識が世界を感動の渦に

今回は、「『金継ぎ』を知れば、日本文化の素晴らしさを理解できる……」というサブタイトルがつけられた動画からで、『金継ぎ』を通して、体や心の傷との向き合い方が語られています。以下が要点です。「日本には、割れてしまったお椀を元通りに直す文化があります。 割れてしまった部分に(漆を塗って接着し)金をまぶすのです。 そうすると、そこに美しい線が生まれます。 一度壊れてしまった物の美しさを強調するためにそうす

海外「ありがとう、日本」エーゲ海で800人の難民を救った日本人の歴史秘話が話題に

今回は、日本とアルメニア&ギリシャの歴史秘話から。1919年から3年間続いた希土戦争の終盤となる1922年9月8日、ギリシャ系とアルメニア系の難民は、政府からの救助を得られないまま、トルコ軍によりトルコ西部の都市、イズミルへ追いやられていました。戦争末期の混乱下とあって他国の船が自国民を中心に救出する中、当時イズミルに寄港していた日本の商船の船長だけは、難民の救出に動きます。当時船には絹やレースなど貴重な商

海外「当時の日本人の偏見のなさに驚いた」 家康に仕えた白人の侍の存在に外国人が衝撃

今回は海外の人気歴史サイトが取り上げていた、ウィリアム・アダムス(三浦按針)の話題からです。ウィリアム・アダムスはイギリス南東部出身の航海士・貿易家で、オランダ船リーフデ号に乗り、1600年に漂着する形で日本に来ました。日本漂着から半月後、アダムスらの処遇を担当していた徳川家康と引見。その後何度か引見を繰り返し、海賊でも布教目当てでもないことを悟った家康は、アダムスとヤン・ヨーステンを江戸に招くことに





まつ毛育毛剤通販