文化・歴史

海外「さすが日本だ!」 馬車で大使を送迎する日本の礼遇にブルネイ人が感動

投稿日:

日本では、外国の特命全権大使や特命全権公使が新たに就任した際には、
派遣元の元首からの信任状を天皇陛下に対して捧呈する、
信任状捧呈式が皇居宮殿で執り行われます。

信任状捧呈式のため皇居に向かう際、大使は東京駅から宮殿南車寄まで、
移動手段として自動車か儀装馬車かを選ぶことが出来るようになっており、
ほとんどの大使は、馬車での移動を選択するそうです。

翻訳元の映像では、ブルネイのカミラ・ハニファ閣下が、
信任状捧呈式から馬車で戻られた際の様子が収められています。

日本のおもてなしに、ブルネイの方々から感激の声が多く寄せられていました。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

海外「唯一のエンペラーだし」 海外訪問中の両陛下の車列が物凄い

hqdefault_20170806164543b66.jpg

続きを読む

-文化・歴史

執筆者:


関連記事

海外「日本と戦うなんて勇敢だな」日本とモンテネグロが最近まで戦争を続けていた事実が話題に

1904年2月、日本とロシアとの間で勃発した日露戦争。日本海海戦でバルチック艦隊を破るなどし、日本がロシアを追い詰め、1905年9月に締結されたポーツマス条約により講和しました。実は日露戦争時点で、モンテネグロはロシアの管轄統治下にあったため、1905年にモンテネグロも日本に宣戦布告をしており、義勇兵を主戦場の1つであった満州に派遣していました。しかし、実際には日本との間で戦闘は行われなかったために、その宣戦布

中国「日本の背中はまだ遠い」 中国の発展は明治維新の奇跡を超えたのだろうか?

ノーベル物理学賞受賞者の楊振寧氏(受賞当時は中華民国籍)は先日、天津にある南開大学で行われた他の学者などとの座談会にて、中国の奇跡的な発展は、明治維新を超えたと述べました。楊氏は、近年の中国の成長を人類の発展の歴史における大きな奇跡とした上で、「日本の明治維新後の発展も奇跡的な成長と言えるものだが、 難易度、人口規模、経済規模、当時の世界情勢を考慮し、 中国が起こした奇跡と比べると、非常に小さなも

海外「こんな凄い人がいたとは…」 杉原千畝の偉大な功績がアメリカで再び脚光

今回はニューヨーク・タイムズ紙の社説で取り上げられた杉原千畝氏の話題から。杉原氏は第二次世界大戦当時、リトアニアのカウナス領事館に赴任しており、ドイツの迫害から逃れてきたユダヤ人に対して日本通過ビザを発給し、多くの人命を救った事で知られています。杉原氏は、生命を脅かされている避難民のために、一日18時間、手が痙攣するまでビザを書き続け、領事館の閉鎖によってリトアニアを去らなければならなかった日には、

海外「日本が独自進化させたんだよ」日本のラーメンのルーツは中国という事実に外国人が衝撃

今回は、エコノミスト紙が複数回投稿している、ラーメンのルーツに関するコラムからになります。記事ではまず、ラーメンは日本のソウルフードであり、日本人は、20世紀に日本が生み出した発明品の中で、インスタントラーメンが最高の物だとさえ考えている点を紹介。(恐らく2000年に富士総合研究所が行った調査が元)。そして次に、ここが記事の本旨ですが、日本におけるラーメンは、19世紀に中国から日本に来た移民の人々が、横浜

海外「当時の日本人の偏見のなさに驚いた」 家康に仕えた白人の侍の存在に外国人が衝撃

今回は海外の人気歴史サイトが取り上げていた、ウィリアム・アダムス(三浦按針)の話題からです。ウィリアム・アダムスはイギリス南東部出身の航海士・貿易家で、オランダ船リーフデ号に乗り、1600年に漂着する形で日本に来ました。日本漂着から半月後、アダムスらの処遇を担当していた徳川家康と引見。その後何度か引見を繰り返し、海賊でも布教目当てでもないことを悟った家康は、アダムスとヤン・ヨーステンを江戸に招くことに





まつ毛育毛剤通販