社会

海外「日本に追いつくなんて無理だ…」 日本の農業のハイテクっぷりに世界が衝撃

投稿日:

今回は、海外ネットで大反響を呼んでいる映像からで、
稲を傷つけることなく除草が出来るラジコンボート、田植え機、
農薬散布用のラジコンヘリなど、機械化された日本の農業が紹介されています。

同じ動画を海外のサイトがこぞって取り上げているのですが、
そのうちの1つは4日で再生数が1100万回を突破しています。
日本人からすると見た事があったり、想像出来る範囲内の技術なのですが、
海外では大変珍しく、かなり衝撃的な光景だったようでした。

「日本は俺達の希望だ」 アフリカの食を救う日本の支援に世界中から感謝の声

 2017-08-9-2

続きを読む

-社会

執筆者:


関連記事

海外「日本にいると安心感が違う」 なぜ人は中国よりも日本に行きたがるのだろうか?

今回は香港の英字新聞「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」が掲載した、「中国に行けば温かい気持ちになることが出来る中、 なぜ人々は”冷たい”日本に固執するのだろうか?」というタイトルの、香港在住のドイツ人の方が寄稿したコラムから。「香港人の日本に対する愛情が長年不思議だった。 最近日本に行ったが、清潔でインフラはトップクラスで騒がしい人も少ない。 しかし、料理にしてもショッピングにしても、 かかる費

海外「やっぱ日本製って凄いんだな…」3年かけ台湾に漂着した奇跡のカメラが話題に

今回は、約3年前に石垣島の海で失くしたカメラが先日台湾で見つかり、さらに持ち主もすぐに判明した、というニュースから。今月27日、台湾東部宜蘭県にある岳明小学校に通う小学5年生の児童が、海岸清掃活動中に防水ケースに入ったカメラを発見。担任の李先生は、「本当は良くないこと」としながら、持ち主を探すためにやむなく保存されていた写真を確認したところ、持ち主は日本人である可能性が高いことが分かりました。李先生が

海外「やっぱ日本は頼りになる!」テロ組織に占拠された街の人々を救う日本の支援に感謝の嵐

今年5月23日、過激派組織「ISIS」に忠誠を違う武装勢力により、突如として占拠されてしまったフィリピンのマラウィ市。占拠を封じ込めるためにフィリピン軍が送り込まれていますが、事態の進展はあまり見られず、ドゥテルテ大統領は先月18日、占拠された当日にミンダナオ島に出した戒厳令を、今年末まで延長するよう議会に申請しました。マラウィ市の中心部は空爆や爆撃などにより廃墟のようになっており、市民も市街地からの脱出

生きるためには仕方ない? 中国で「孤児ファイトクラブ」が物議

生きるためには仕方ない? 中国で「孤児ファイトクラブ」が物議の画像1
悲壮な表情で格闘を行う少年たちの実際の様子(騰訊視頻繁)

 長い歴史のある闘牛や闘犬に対してですら、世界的な批判の声が高まっているが、中国には親を失った孤児同士をまるで牛や犬のように戦わせ、見世物とする団体が存在するようだ。

 先日、ネット上で「格闘孤児」というタイトルの動画が公開され、そこには小中学生と思われる少年2人が格闘技場のようなステージの上で、激しく殴り合う様子が映し出されていた。この動画は数日間で、1,200万超の再生回数を記録した。 

「京華網」(7月23日付)によると、孤児同士を戦わせていたのは、2000年に四川省成都市内で設立され、これまで400人の孤児を預かってきた保護施設。孤児たちのほとんどは両親と死別したり、育児放棄されて親との同居がかなわない子どもたちだ。この施設の責任者である恩波(エン・ボー)氏は、テロ鎮圧のために組織された中国版SWAT「特警」の元メンバーで、00年の退職を機に、今回の格闘孤児の育成を思いついたという。

生きるためには仕方ない? 中国で「孤児ファイトクラブ」が物議の画像2
施設の責任者である恩波氏
生きるためには仕方ない? 中国で「孤児ファイトクラブ」が物議の画像3
試合前の少年。不安そうな顔が印象的だ

 恩氏は、子どもたちが将来、犯罪の道を歩まないようにという願いも込めて無償で施設運営を行っていると主張。施設の子どもたちは、その代償として格闘技を学び、施設が定期的に開催する格闘技イベントに出場するのだという。もちろんファイトマネーなどは子どもたちに一切支払われていない。

 この施設で暮らす14歳の少年は「試合が始まる前、鉄の格子の中に入れられる瞬間がとても怖いです。ここでの生活は疲れるし、本当につらいです。でも、両親は亡くなっているので、ここで生活するしかありません」と明かしている。

 中国教育部(日本の文部科学省に相当)は、「この施設は児童福祉に関する法律に抵触している可能性があり、調査をすると同時に、すぐに児童を保護し、学校に通えるよう手配を進める」と表明している。

 しかし、ネット上では「この施設がなくなったら、孤児たちの生活はどうなるのか?」という心配の声も上がっている。社会福祉が未整備の中国では、この施設のように衣食住の心配なく孤児たちが暮らせる環境は、そうそうないのである。
(文=青山大樹)

【画像】ヤクザがかぼちゃの格好でお菓子を配るwwwwwwwwwww

1:以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします:2017/10/31(火) 22:01:42.946 ID:JOm7PiHnp

3:どすこい列島 ◆uP4E0rvmG6 :2017/10/31(火) 22:02:43.259 ID:M8AWtJdr0

たのしそう



まつ毛育毛剤通販