00芸能 011テレビ 27時間テレビ ビートたけし フジテレビ 村上信五 関ジャニ∞

フジ『27時間テレビ』の“リアルタイム視聴”はバカらしい!? 「中居くん出ないなら見ない」の声も

投稿日:

フジ『27時間テレビ』のリアルタイム視聴はバカらしい!?「中居くん出ないなら見ない」の声もの画像1

 9月9・10日に放送予定のフジテレビ系超大型番組『FNS27時間テレビ にほんのれきし』の全容が明らかになるにつれ、ネット上では「やる意味あるの?」との声が大きくなっている。

 通算31回目となる今回は、これまでの生放送ではなく、事前収録に。女優の波瑠が“タビビト”として登場するメーン企画「にほんのれきし博物館」を中心に、バカリズムが脚本を手掛けるドラマ「僕の金ヶ崎」「私たちの薩長同盟」、俳優の堤真一らが歴史を解き明かす「学ぶ ヒストリー劇場 大地震と富士山噴火と人々と」、林修と爆笑問題のロケ企画「あの人の歩き方」などを放送する。

 また、既存の番組の歴史バージョンとして、明石家さんまが司会を務める「ホンマでっか!?TV」「さんまのお笑い向上委員会SP」、ウッチャンナンチャン・南原清隆が司会を務めるお笑い番組「ネタパレ ~歴史ネタSP~」、ウッチャンナンチャン・内村光良が司会を務める「痛快TVスカッとジャパン」などを放送。

 グランドフィナーレでは、「池上彰が見た たけしと戦後ニッポン」と題し、総合司会を務めるビートたけしの人生と戦後のエピソードをリンクさせながら、池上が解説をしていくという。

 先日、同局で行われた制作発表には、たけしと番組キャプテンの関ジャニ∞・村上信五が登壇。『27時間テレビ』で体を張った生コントを披露してきたたけしだが、「やっぱり私の体力もなくなってきましたからね。今までは、記念館で汚いプールに落っこちたり、いろいろ顔面打ったり(中略)さすがにもうダメだと……。それだったらもっと安全なところで安全な企画をやってくれないかということになって、それで生で飛び込まなくてもいいということで(収録を)やっているんですけど、結局スタジオにいても喉が枯れるほどしゃべってるので、かえって体力なくなっちゃってますね……」とコメント。これに、すでに3日間の収録を終えたという村上は「結果、27時間以上分の収録時間になりますからね」と続けていた。

「昨年はHey! Say! JUMPを引き立てようとして大失敗した『27時間テレビ』ですが、今回は関ジャニ∞がテーマソングを歌うほか、村上がほぼ出ずっぱり。『村上信五とスポーツの神様たち』の戦国時代バージョンも放送予定で、27時間を通して村上の印象が濃い番組となりそう」(テレビ誌記者)

 大胆にかじを切った今年の『27時間テレビ』だが、ネット上では「生放送じゃないのに、やる意味って?」「もう止めたら?」「『24時間テレビ』は生なのに」「中居くんが出ないなら見ません」といった声が相次いでいる。

 なお、昨年の『FNS27時間テレビ フェスティバル!』は、平均視聴率7.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と自己最低を記録。企画ごとに司会者が異なるリレー形式だったため、まるで特別感のない放送となったが、明石家さんまが中居正広にSMAPの分裂騒動について切り込んだ「さんま・中居の今夜も眠れない」は大きな話題となった。

「そもそも日本テレビの『24時間テレビ』のパロディとして始まった『27時間テレビ』ですが、もはやなんのために続けているのか謎。また、17年にわたり放送されていた『さんま・中居の今夜も眠れない』が消滅し、惜しむ声が相次いでいる。生放送ならではのハプニングも期待できず、リアルタイム視聴がバカらしくなりそう」(同)

 先月、フジテレビ新社長に就任した宮内正喜氏は、初めての定例会見で「キーワードは『変わる』です。今までフジテレビになかった新しい風を吹かせるということ。勇気を持って進み、視聴率を上げたい」と胸を張っていたが、その結果やいかに……?

続きを読む

-00芸能, 011テレビ, 27時間テレビ, ビートたけし, フジテレビ, 村上信五, 関ジャニ∞

執筆者:


関連記事

「休業してたの?」久々登場の森下千里“意識高い系”が裏目に? 知的イメージのゴリ押しで……

「休業してたの?」久々登場の森下千里意識高い系が裏目に? 知的イメージのゴリ押しで……の画像1
森下千里 オフィシャルブログより

「日刊ゲンダイ」が、タレントの森下千里の近況を報じている。

 森下は2001年にレースクイーンとしてデビュー後、グラドルとして人気を博し、『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)や『志村けんのバカ殿様』(フジテレビ系)などのバラエティ番組でも活躍したが、最近はテレビで見かけることがなかった。同紙によると、森下は2015年に所属事務所を退所し、今春まで2年ほど芸能活動を休止していたという。

「そもそも休業していたことを誰も知らなかったわけですが(笑)、自発的に芸能活動を休止したというよりも、人気に陰りが見え始め、最終的にメディアから声がかからなくなったというのが実際のところでしょう。グラドルはビジュアルが売り物だけに、賞味期限が短い。熊田曜子のように三十路を過ぎても、グラドルとして活動しているのはきわめて異例。なので、多くはグラビアで得た人気を足がかりに女優やタレントへの転進を試みるのですが、芸能界はそんなに甘くない。結局、グラドルにとって最終目的はスポーツ選手やベンチャー社長らとの結婚、いわゆる“玉の輿”になってしまうんです」(芸能記者)

 だが、森下の場合、玉の輿に走らなかった“意識の高さ”が、逆に休業に追い込まれるという苦境を招いてしまったと言える。

「休業前はバラエティー番組に進出するだけでなく、株式投資やIT、起業といったジャンルにも手を出しています。また、15年には初の書き下ろし小説『倍以上彼氏』(河出書房新社)も発表しましたが、どれもモノになりませんでした。こうした動きからは、オンナを売り物にするグラドル色を排して、知的なイメージで売り出していこうとする意識の高さがうかがえます。しかし、その一方で、14年に出演した『有吉反省会』(日本テレビ系)では、芸能界の大御所に取り入ろうと必死だったことを明かしています。芸能界での生き残りを懸けて試行錯誤していたということでしょうね」(同)

 休業中は広告代理店でインターンとして働いたり、ピラティスのスタジオを経営したりしていたという森下だが、今後はタレント兼作家として活動していきたいと語っており、相変わらずの意識の高さが見え隠れする。知的イメージのゴリ押しが仇とならなければいいが。

【これは酷い…】坂上忍が在日芸能人と共演し自民・和田議員に地上波で徹底的に叩く暴言連発 ⇒ 東国原もついでにフェイクを垂れ流す…

【これは酷い】フジテレビ・バイキングMCの坂上忍が和田政宗議員のことを『元NHKなのこれ?』『こいつ何言ってんの?』と、公共の電波で一議員を『これ』『こいつ』呼ばわり。批判するのは自由だが、これはいくらなんでも限度を超えてる。酷すぎる。和田政宗議員に対し…

【ド正論】松島尚美「野党は辞めせたいだけの為に色んな事件を突いてる人の軍団!」⇒ 美川憲一「もっとやるべき事がいっぱいあるでしょ!?」

美川憲一「本当はこんな事やってる場合じゃない。もっとやるべき事がいっぱいあるでしょ」坂上忍「希望と民進が合体して国民民主党?だったら何で別れたんだよ!」←珍しく野党批判(笑)松島尚美「野党は辞めせたいだけの為に色んな事件を突いてる人の軍団って見ちゃっ…

『ぼくらの勇気』に見た矢田亜希子の“時空の歪み”と、押尾学との「消したい過去」

『ぼくらの勇気』に見た矢田亜希子の時空の歪みと、押尾学との「消したい過去」の画像1
矢田亜希子オフィシャルブログより

 KinKi Kids主演のスペシャルドラマ『ぼくらの勇気 未満都市2017』(日本テレビ系)が21日に放送され、平均視聴率10.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。直前には、4夜連続で『「ぼくらの勇気 未満都市2017」カウントダウンSP』を放送するなど、日テレ側も熱心に告知していたにもかかわらず、物足りない結果に終わってしまった。

 このドラマは、1997年に放送された『ぼくらの勇気 未満都市』に登場した「20年後の約束」を描いたもの。KinKi Kidsの2人はもちろん、嵐の相葉雅紀や松本潤に加え、現在は引退し、会社員となった小原裕貴の出演も話題となった。さらに、女優の矢田亜希子も出演し、ドラマ放送に合わせてブログに投稿した20年前と現在を比べる写真が話題となっている。

 当時18歳だった矢田は、現在38歳。すっかり妙齢となったが、変わらぬ美しさに「ここだけ時間の流れが違う」「歴史が存在しないかのよう」とネット民も驚きの反応だ。この20年の間、矢田自身にとっても“なかったことにしたい歴史”があるのは確かだろう。

「元俳優でミュージシャンの押尾学との結婚ですね。人気絶頂期の、2006年11月に結婚し、翌年に長男が誕生します。それまで生命保険会社のCMに出演するなど、好感度抜群の女優でしたが、押尾との結婚後に仕事が激減しました」(芸能事務所関係者)

 両者はドラマ『夢で逢いましょう』(TBS系)の共演をきっかけに交際を開始。押尾が矢田を口説き落とし、矢田もベタ惚れ状態だったといわれる。押尾のやんちゃなイメージもあいまって、矢田のイメージも落ちていった。そして、決定打となったのが09年8月の押尾学事件だ。

「六本木のマンションで不倫相手のホステスと合成麻薬MDMAを服用し、麻薬取締法違反で逮捕されます。その際、女性と性行為に及び、相手の体調が急変したにもかかわらず救護を行わなかったとして保護責任者遺棄致死罪でも起訴され、懲役2年6月の実刑判決が下り、刑務所に収監。事件を受けて、矢田は離婚を発表。子どもを引き取り、名前が特徴的であったため、家庭裁判所に申請し、改名したといわれています。押尾との復縁は絶対にないという矢田側の強い意志の現れでもあるでしょう」(同)

 それでも矢田には、“押尾学の元嫁”のイメージがつきまとい、以前のような活躍を見せていないのは残念だ。変わらぬ美貌を生かして、実力派女優として新たなる活躍を見せてほしいものだ。
(文=平田宏利)

“脱げる石原さとみ”の真骨頂! 今野杏南が新作映画でバストトップ披露「あまりにエロすぎて……」

脱げる石原さとみの真骨頂! 今野杏南が新作映画でバストトップ披露「あまりにエロすぎて……」の画像1

 これまでも吉高由里子や真木よう子ら数多くの女優が過激な濡れ場に挑戦して飛躍してきたが、また一人、“脱げる女優”が誕生するようだ。

 Fカップ乳を武器に活躍していたグラビアアイドルの今野杏南が、菅田将暉と韓国出身の俳優ヤン・イクチュンのW主演映画『あゝ、荒野』(10月7日前篇公開/10月21日後篇公開)でバストトップを披露していることがわかった。

 現在28歳の今野は、今年7月に発売したイメージDVDを「ラストイメージDVD」と銘打ち、今後はグラビアから女優業へと大きくかじを切ることを宣言。今作は一流スタッフが集結する文芸映画ということで、濃厚濡れ場への挑戦を決意したようだ。

「女子大生役の今野は、対人恐怖症の童貞を演じるヤン・イクチュンをラブホテルに誘い、馬乗りになって濃厚なディープキス。ベッドの上ではバスタオルを脱ぎ捨てた彼女が、薄いピンク色の乳首を初披露。互いの股間が擦れ合うと息遣いが荒くなり、Fカップが揺れまくる。試写会を見た関係者も『あまりにエロすぎて、股間がビンビンですよ』と、かなり興奮させられたようです。もともと女優志望だったという今野は、これまでもさまざまなドラマ、映画、Vシネマで妖艶な役どころを演じ、演技を磨いてきた。本人も『すべてをさらけ出せるカッコイイ女優さんに尊敬みたいなものがあった』と語り、ヌードを披露したことに一切の後悔はないようです」(映画ライター)

 そんな今野といえば、女優の石原さとみに似ていることで話題を呼び、トップグラドルとして君臨してきた。

「清純派路線を突き進む石原が、過激な濡れ場やヌードを披露することは考えられない。もし今野が演技力を身につけ“脱げる石原さとみ”のポジションを確立できれば、仕事が急増することは確実。今回のバストトップ披露によって、女優としての階段を一気に駆け上がっていくこととなるかもしれません」(同)

 映画の公開に合わせて、10月3日には写真集『杏南の日記』(小学館)を発売。巨匠カメラマン・篠山紀信氏による撮影とあって、かなり過激なカットが期待できそう。今野の“覚悟”をしっかりと見届けたいものだ。





まつ毛育毛剤通販