00芸能 011テレビ 27時間テレビ ビートたけし フジテレビ 村上信五 関ジャニ∞

フジ『27時間テレビ』の“リアルタイム視聴”はバカらしい!? 「中居くん出ないなら見ない」の声も

投稿日:

フジ『27時間テレビ』のリアルタイム視聴はバカらしい!?「中居くん出ないなら見ない」の声もの画像1

 9月9・10日に放送予定のフジテレビ系超大型番組『FNS27時間テレビ にほんのれきし』の全容が明らかになるにつれ、ネット上では「やる意味あるの?」との声が大きくなっている。

 通算31回目となる今回は、これまでの生放送ではなく、事前収録に。女優の波瑠が“タビビト”として登場するメーン企画「にほんのれきし博物館」を中心に、バカリズムが脚本を手掛けるドラマ「僕の金ヶ崎」「私たちの薩長同盟」、俳優の堤真一らが歴史を解き明かす「学ぶ ヒストリー劇場 大地震と富士山噴火と人々と」、林修と爆笑問題のロケ企画「あの人の歩き方」などを放送する。

 また、既存の番組の歴史バージョンとして、明石家さんまが司会を務める「ホンマでっか!?TV」「さんまのお笑い向上委員会SP」、ウッチャンナンチャン・南原清隆が司会を務めるお笑い番組「ネタパレ ~歴史ネタSP~」、ウッチャンナンチャン・内村光良が司会を務める「痛快TVスカッとジャパン」などを放送。

 グランドフィナーレでは、「池上彰が見た たけしと戦後ニッポン」と題し、総合司会を務めるビートたけしの人生と戦後のエピソードをリンクさせながら、池上が解説をしていくという。

 先日、同局で行われた制作発表には、たけしと番組キャプテンの関ジャニ∞・村上信五が登壇。『27時間テレビ』で体を張った生コントを披露してきたたけしだが、「やっぱり私の体力もなくなってきましたからね。今までは、記念館で汚いプールに落っこちたり、いろいろ顔面打ったり(中略)さすがにもうダメだと……。それだったらもっと安全なところで安全な企画をやってくれないかということになって、それで生で飛び込まなくてもいいということで(収録を)やっているんですけど、結局スタジオにいても喉が枯れるほどしゃべってるので、かえって体力なくなっちゃってますね……」とコメント。これに、すでに3日間の収録を終えたという村上は「結果、27時間以上分の収録時間になりますからね」と続けていた。

「昨年はHey! Say! JUMPを引き立てようとして大失敗した『27時間テレビ』ですが、今回は関ジャニ∞がテーマソングを歌うほか、村上がほぼ出ずっぱり。『村上信五とスポーツの神様たち』の戦国時代バージョンも放送予定で、27時間を通して村上の印象が濃い番組となりそう」(テレビ誌記者)

 大胆にかじを切った今年の『27時間テレビ』だが、ネット上では「生放送じゃないのに、やる意味って?」「もう止めたら?」「『24時間テレビ』は生なのに」「中居くんが出ないなら見ません」といった声が相次いでいる。

 なお、昨年の『FNS27時間テレビ フェスティバル!』は、平均視聴率7.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と自己最低を記録。企画ごとに司会者が異なるリレー形式だったため、まるで特別感のない放送となったが、明石家さんまが中居正広にSMAPの分裂騒動について切り込んだ「さんま・中居の今夜も眠れない」は大きな話題となった。

「そもそも日本テレビの『24時間テレビ』のパロディとして始まった『27時間テレビ』ですが、もはやなんのために続けているのか謎。また、17年にわたり放送されていた『さんま・中居の今夜も眠れない』が消滅し、惜しむ声が相次いでいる。生放送ならではのハプニングも期待できず、リアルタイム視聴がバカらしくなりそう」(同)

 先月、フジテレビ新社長に就任した宮内正喜氏は、初めての定例会見で「キーワードは『変わる』です。今までフジテレビになかった新しい風を吹かせるということ。勇気を持って進み、視聴率を上げたい」と胸を張っていたが、その結果やいかに……?

続きを読む

-00芸能, 011テレビ, 27時間テレビ, ビートたけし, フジテレビ, 村上信五, 関ジャニ∞

執筆者:


関連記事

【ド正論】石原慎太郎「安倍総理は気の毒だね!わけのわからない問題でさ!本来なら外交、安保、内政に前向きな話をすべきだよ!あまりにもマイナーな問題じゃない?」

石原さん「気の毒だね、彼(安倍総理)は。わけのわからない問題でさ、人心が倦んじゃってね」反町MC「森友問題などで国会がほぼ占拠されてることが残念だと。本来なら外交、安保、内政にしても前向きな話をやるべきだと」石原さん「そうですね。あまりにもマイナーな問…

なぜ、この時代に……? 『おじゃMAP!!』ツチノコ探索企画が一周回って斬新!

<p>「事実」はひとつだが、「真実」は決してひとつではない。「真実」は人間の主観に基づき導かれた結論なのだから、おのおのの中にあるのは当然。Aという真実を持つ者に、別の者がBという真実を振りかざし「それは違う!」と糾弾しても、二者は交わらない線路でしかない。</p>

<p> 8月9日に放送された『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)がフォーカスしたのは、なんとツチノコである。今日び、どうしてツチノコを!? 発端は、一通の投稿であった。岐阜県加茂郡東白川村に住む視聴者から、番組へ以下のような依頼が寄せられたのだ。</p>

<p>「わたしの村は岐阜にある日本一ツチノコの目撃情報が多い東白川村といいます。毎年ツチノコ祭りがあり、その日は村人よりも来場者の方が多くなるのですが、世間から『うそつき村』と呼ばれています。わたしの亡き父もツチノコを見たことがあり、わたしはとても悔しいです」</p>

「おのののかのパンツかぶってた!?」巨人解雇の“元カレ”江柄子裕樹に、テレビ界が熱視線

 巨人は10月4日、江柄子(えがらし)裕樹投手ほか3選手に対し、来季の契約を結ばない旨を通告した。

 江柄子は明治大、社会人・東芝を経て2011年にドラフト6位で巨人入り。6年目の今季は2試合の登板にとどまり、防御率は15.00。通算では34試合に登板し、1勝5敗で防御率は4.10だった。

 華やかな活躍をすることがないまま解雇された江柄子だが、このニュースが、なぜかテレビ関係者の間で注目を集めているという。スポーツ紙デスクが、その理由を語る。

「…

宮迫博之・密会モデルが「オフホワイトグラドル」として“売名”始動! 一方、もう1人の疑惑女性は今……

 雨上がり決死隊・宮迫博之(47)との二股不倫疑惑報道で注目されたモデルの小山ひかる(26)が、8日放送の情報番組『サンデー・ジャポン』(TBS系)にコメンテーターとして出演した。

 小山は、宮迫との関係について「してないです」を連発。「一線は越えてないです」「ちゃんと(服は)着て、(セックスは)してません」と、笑顔で不倫関係を否定した。

 また、ホテルで密会を重ねていたことについては、「あとから来るもんだと思ってたんですよ、みんなが」と、他の飲み仲…

菜々緒、熊田曜子、東原亜希……小森純の違約金発言で思い出す「謝らなかったペニオク芸能人」

菜々緒、熊田曜子、東原亜希……小森純の違約金発言で思い出す「謝らなかったペニオク芸能人」の画像1

 ペニオク騒動後、芸能界からフェードアウトしていたタレントの小森純が、20日放送のバラエティ番組『良かれと思って!』(フジテレビ系)に出演。騒動について赤裸々に告白したことで、いまだ謝罪していない芸能人が注目されている。

 小森は、騒動について「本当にすいません」と改めて謝罪。詐欺事件に加担した経緯について、「信頼しているスタイリストさんから来た案件だったんですよ。仕事として事務所は受けたんですけども、ちゃんと内容を確認しなかったんですよね。そのまま、文章とかもちゃんと確認せずに、ブログに掲載してしまった」と説明。

 当時、すぐさま『サンデー・ジャポン』(TBS系)の生放送で涙ながらに謝罪。これがきっかけで仕事を失ってしまったものの、「謝罪は当然のことだったと思うんですよ」と語り、いまだ謝罪していない“ペニオク芸能人”に対して、怒りの感情は「ないです」ときっぱり。

 また、当時は広告契約も多く、商品のプロデュースも多数手掛けていたため、騒動による違約金は“億単位”であったと告白。騒動後は「芸能界の友だちもほとんどいなくなっちゃった」といい、夫の家族にこれ以上迷惑はかけられないという思いから、離婚を切り出したこともあると話した。

 2012年12月に出会い系サイト運営会社の役員など4人が逮捕されたペニーオークション詐欺事件は、これに多くのタレントが加担させられていたことから、大騒動に発展。小森は、アロマ加湿器を225円で落札したと虚偽の投稿をし、オークションサイトへ誘導していた。

「当時、関与疑惑が取り沙汰された有名人は、ほしのあき、永井大、熊田曜子、デヴィ夫人、ピース・綾部祐二、東原亜希など。ほしのも小森同様、ブログで謝罪後、メディアへの出演を自粛。永井や綾部もステマ投稿を認め、謝罪した。一方で、熊田は現在まで騒動をスルー。何事もなかったかのようにママタレとして活躍しています」(芸能記者)

 現在、大活躍の菜々緒も、10年12月に自身のブログで「友達から聞いたサイトですがかなり面白いので紹介します。普通のオークションと違って見ていて欲しいものが沢山。とりあえず見てみてください」と綴り、問題のオークションサイトを紹介。しかし、所属事務所は「落札したとは記しておらず、物品もお金も受け取っていません」と強調。

 同じ事務所の東原についても、「落札した」と虚偽の投稿をしたiPadについては提供されたことを認めたものの、「お金は一切受け取っていません」と主張。共に活動を自粛することはなかった。

「本人が認めなければ違約金が発生しないというのは、不倫疑惑なども同じ。熊田や菜々緒くらい図太くなければ、芸能界では生き残れないということでしょう」(同)

 世間が忘れつつある中、突如としてテレビ番組でペニオク騒動を振り返った小森。そんな彼女の行動に、ヒヤヒヤしている“ペニオク芸能人”は多そうだ。



まつ毛育毛剤通販