00芸能 012政治 02社会 不倫 今井絵理子 自民党

市議の妻から賠償請求、元カレからは秘密の暴露! “純愛不倫”の今井絵理子が四面楚歌に

投稿日:

市議の妻から賠償請求、元カレからは秘密の暴露! 純愛不倫の今井絵理子が四面楚歌にの画像1
今井絵理子オフィシャルサイトより

 不倫疑惑が報じられておきながら、純愛アピールに走るSPEED元メンバーで参院議員の今井絵理子氏と、橋本健・神戸市議。2人は「週刊新潮」(新潮社)で“新幹線手つなぎ写真”などが報じられ、すぐさま大騒ぎとなった。

 それでも2人は互いに好意を持ちながら、橋本氏が妻と離婚調停中であることを理由に「一線は越えていません」と繰り返し釈明。肉体関係がなければ不倫でも略奪でもないという理論のようだ。

 そんな2人に対し、橋本氏の妻が7月30日放送の『Mr.サンデー』(フジテレビ系)にコメントを寄せ、異議を唱えた。

 橋本氏は同27日の会見で「ここ4~5年、事実上婚姻関係は破綻している。1年前に離婚の申し出をした。別居も始めている」などと主張。これに妻は「4~5年前から破綻している事実はない。(会見で橋本氏が)妻に離婚事由に相当する問題があるなどというのは、極めて不誠実な釈明だ」と猛反論した。

 橋本氏が「婚姻関係が破綻している中、恋愛は認められるものと認識していた」と説明したことに対しても「今の状態は自由恋愛を認められるとの認識を語っていたが、そんなことはまったくない」と否定。続けて「去年8月、一方的に離婚してほしいと言ってきた後、9月からは自分と2人の子どもを残して自宅に戻らなくなった。生活費も大幅に減額された」とまくし立てた。

「4~5年前から婚姻関係が破綻していると言っておきながら、離婚というアクションを行ったのは、今井さんとの親交が生まれた、ここ1年の間。今井さんの存在が彼に影響を与えたことは明らかです」とはスポーツ紙記者。

 妻との間で離婚調停がスタートしたのは、今年3月。裁判所はそれぞれの話の時系列と、その間に何があったかを総合的に判断しながら、婚姻関係が破綻しているかどうかを判断する

「夫妻には2人の子どもがいて、下の子はまだ幼稚園。『4~5年前から婚姻関係が破綻していた』のに子どもを作っていたわけで、橋本氏の説明には疑念が生じます。婚姻関係の破綻が認められない可能性もあります」(法曹関係者)

 そうなれば、今井氏と橋本氏の再婚など、夢のまた夢。前出法曹関係者は「そればかりか、橋本氏の妻が今井さん相手に、不貞行為に対する慰謝料を請求することも可能です。額は大きくありませんが、それをやられては、彼女の政治家生命は完全に終わりでしょう」と補足する。

 橋本氏の妻は、今井氏が公表した釈明コメントに自身への謝罪の言葉がなかったことに、不快感をあらわにしているという。

 また今井氏の元カレも複数の週刊誌の取材に応じ、同氏の育児放棄ぶりや、橋本氏との二股疑惑について洗いざらいしゃべっているという。

 まさに四面楚歌。不倫を「純愛」にすり替えようとする者には、必ずバチが当たるようだ。

続きを読む

-00芸能, 012政治, 02社会, 不倫, 今井絵理子, 自民党

執筆者:


関連記事

【自民総裁選】石破氏「全く問題がないというなら、ふさわしい対応をとるべきだ」自らが総理であれば、加計理事長の国会招致に応じるとの考え示す

1: Ψ( ̄∇ ̄)Ψ ★ 2018/08/18(土) 16:04:51.64 ID:CAP_USER9
◆石破氏“9条改正案の提出は時期尚早” 8/17(金) 0:03配信 日テレNEWS24 (略) 加計学園の問題については、「全く問題がないというなら、ふさわしい対応をとるべきだ」と述べ、自らが総理大臣であれば…

杉田水脈議員、新潮45騒動で除名処分の可能性… → 自民関係者「次の総務会で彼女の処分について議題に上がる!」

そもそも杉田議員は限られた財源を何に優先的に使っていくかという問題を論じているに過ぎない。それを問題視する輩こそ言論の自由を抹殺しようとする暴挙だ。→「新潮45」大騒動で「杉田水脈」に離党・除名処分の可能性(SmartFLASH) – Yahoo!ニュース https://t.co/…

仮想通貨「GACKTコイン」大暴落で投資家に多額損失…金融庁が処分の可能性も …

仮想通貨「GACKTコイン」大暴落で投資家に多額損失…金融庁が処分の可能性も …コレに似たような【怪しい勧誘】にはじゅうぶん気をつけたいものですね!アノテコノテですわ…ホント…https://t.co/Ab8PW5brm7 pic.twitter.com/PvuWqdHrRM— 万華鏡 (@tukuyomi_rinne) 20…

中村昌也の熱愛発覚記念! 今だから振り返る、矢口真里と“間男不倫”報道の舞台裏

中村昌也の熱愛発覚記念! 今だから振り返る、矢口真里と間男不倫報道の舞台裏の画像1

 タレントの中村昌也が、グラビアアイドル森咲智美と交際していることが発覚した。2人は昨年パチンコ番組で共演したことをきっかけに仲を深め、今年に入ってから交際がスタートしたという。

 中村といえば、2011年に矢口真里と結婚。しかし、13年に矢口が自宅で別の男性といるところに鉢合わせし、それをきっかけに離婚している。日本中が大騒ぎとなったあの離婚騒動について詳しく知る芸能記者が、当時の裏側を振り返る。

「最初に矢口と中村の別居を報じたのは『女性セブン』(小学館)でした。記事の内容としては、子どもが欲しいという中村と、“子づくりより仕事”という矢口の間ですれ違いが生じ、ケンカが絶えなくなり別居した、というもの。この時点では、よくある別れ話という感じでしたね」

 しかし、その後「週刊女性」(主婦と生活社)が、矢口の不倫現場に中村が鉢合わせたと報じたのだ。

「『週刊女性』に情報をリークしたのは、中村が所属するワタナベエンターテインメントの関係者だといわれています。『女性セブン』の記事は、矢口と中村のどちらかに肩入れするような内容ではなく、比較的ニュートラルな印象だったんですが、どうやらそれが気に食わなかったらしい。ナベプロとしては、完全に矢口を悪者にしてバッシングさせる方向へ誘導させたかったわけですね」(同)

 最初に出た「女性セブン」の記事は、矢口の浮気についてはまったく触れておらず、また中村と矢口との“格差”も不仲の原因としていた。

「レギュラーを多く抱える矢口と、まだ駆け出しの若手俳優ということで、当時の夫婦間格差は誰もが認めるところでした。しかし、芸能界の中でも“格”を気にするナベプロとしては“格差”が原因とされていたことにも、カチンときたのかもしれません。だからこそ、よりスキャンダラスな形で矢口を責め立てたのだと思います」(同)

 結局、矢口と中村はそのまま離婚。そして、矢口はレギュラー番組をすべて降板し、約1年半、芸能活動を休止することとなった。

「ナベプロの思惑通りに世間は矢口をバッシングし、大打撃を与えました。しかし、残念なことに中村に対しても、あまりよくないイメージがついてしまった。矢口は芸能活動復帰後、以前通りとまではいえないにせよ、着実に仕事をこなしていますが、中村については露出がどんどん減っている。ナベプロとしては中村を守る意味も込めて、矢口の不倫をリークしたのでしょうが、結果的に中村は損をしてしまったような状態なんですよね……」(同)

 今後も、「自宅で浮気をされた俳優」というイメージがついて回るであろう中村。もしも、不倫鉢合わせが明らかにならないまま離婚していたら、妙なイメージがつくこともなく、芸能活動も順調だったかも……などという可能性については、できるだけ考えないようにしているに違いない。

『VS嵐』も終了させる!? ジャニーズが絶不調フジテレビと決別し、テレビ朝日と蜜月関係へ

『VS嵐』も終了させる!? ジャニーズが絶不調フジテレビと決別し、テレビ朝日と蜜月関係への画像1

 ジャニーズ事務所が、低視聴率にあえぐフジテレビをついに見限り、視聴率3冠王として業界トップを走る日本テレビと、それに追随する好調ぶりを見せるテレビ朝日に乗り換えたという。

“次期社長”として、事実上事務所を仕切っている藤島ジュリー景子副社長。以前、フジに在籍していたこともあって、フジとは長らく“蜜月関係”を築いていた。SMAP解散に伴い、昨年12月で終了した『SMAP×SMAP』の後番組にも、関ジャニ∞の冠番組が内定。つなぎ番組として、『ちょっとザワつくイメージ調査 もしかしてズレてる?』をスタートさせ、10月からは関ジャニの番組が始まる予定となっていた。

 ところがジャニーズは、この『もしズレ』の真裏で、関ジャニの冠番組『ペコジャニ∞!』をTBS系でスタートさせることを発表した。同番組はスペシャル番組として過去に2度放送され、その反響の大きさからレギュラー化が決定。一方の『もしズレ』は5%前後の視聴率が続いており、その後継番組に出演することで、タレントが巻き添えになりかねないと考え、フジとの約束を反故にしたようだ。

 それだけではない。現在フジで放送されている『VS嵐』すらも、ジャニーズ側は終了させようとしているという情報もある。

 テレ朝では、早河洋会長がSMAP解散を受けて、「タレントやアーティストは視聴者の支持がなければ活躍できない。事務所が強ければ成功するものではない」と、暗にジャニーズを批判した。

 その話を耳に入れたジュリー副社長が、「ジャニタレを『ミュージックステーション』から引き上げる」と言って現場サイドを困らせたという話もあり、テレ朝とジャニーズが敵対関係に発展するだろうという声もあった。

 ところが、フタを開けてみると、10月からは、ジャニーズの幹部候補である東山紀之が初のキャスターを務める『サンデーLIVE!!』がスタート。また、深夜ドラマ『重要参考人探偵』にはKiss-My-Ft2の玉森裕太とNEWSの小山慶一郎を起用。さらに、来年1月には、フジの月9ドラマからすっかり姿を消した木村拓哉主演の木9枠ドラマの放送が決定したと一部で報じられている。

 テレ朝はここ数年、日テレと視聴率3冠王を競うほど、視聴率が好調。ジャニーズはフジを見限って、テレ朝に乗り換えるつもりなのだろう。いずれにしても、テレ朝がジャニーズの軍門に下ったのは間違いない。SMAPが解散した後もなお、テレビ界のジャニーズ支配が変わらないとは恐ろしい話だし、テレビ局側も節操がない。

 事務所との力関係でキャスティングを決めるような悪習が、テレビ業界全体の地盤沈下を招いていることに気がつかないのだろうか? いつしか、ジャニタレに頼らない番組作りができる日が来ることを期待したい。
(文=本多圭)





まつ毛育毛剤通販