00芸能 012政治 02社会 不倫 今井絵理子 自民党

市議の妻から賠償請求、元カレからは秘密の暴露! “純愛不倫”の今井絵理子が四面楚歌に

投稿日:

市議の妻から賠償請求、元カレからは秘密の暴露! 純愛不倫の今井絵理子が四面楚歌にの画像1
今井絵理子オフィシャルサイトより

 不倫疑惑が報じられておきながら、純愛アピールに走るSPEED元メンバーで参院議員の今井絵理子氏と、橋本健・神戸市議。2人は「週刊新潮」(新潮社)で“新幹線手つなぎ写真”などが報じられ、すぐさま大騒ぎとなった。

 それでも2人は互いに好意を持ちながら、橋本氏が妻と離婚調停中であることを理由に「一線は越えていません」と繰り返し釈明。肉体関係がなければ不倫でも略奪でもないという理論のようだ。

 そんな2人に対し、橋本氏の妻が7月30日放送の『Mr.サンデー』(フジテレビ系)にコメントを寄せ、異議を唱えた。

 橋本氏は同27日の会見で「ここ4~5年、事実上婚姻関係は破綻している。1年前に離婚の申し出をした。別居も始めている」などと主張。これに妻は「4~5年前から破綻している事実はない。(会見で橋本氏が)妻に離婚事由に相当する問題があるなどというのは、極めて不誠実な釈明だ」と猛反論した。

 橋本氏が「婚姻関係が破綻している中、恋愛は認められるものと認識していた」と説明したことに対しても「今の状態は自由恋愛を認められるとの認識を語っていたが、そんなことはまったくない」と否定。続けて「去年8月、一方的に離婚してほしいと言ってきた後、9月からは自分と2人の子どもを残して自宅に戻らなくなった。生活費も大幅に減額された」とまくし立てた。

「4~5年前から婚姻関係が破綻していると言っておきながら、離婚というアクションを行ったのは、今井さんとの親交が生まれた、ここ1年の間。今井さんの存在が彼に影響を与えたことは明らかです」とはスポーツ紙記者。

 妻との間で離婚調停がスタートしたのは、今年3月。裁判所はそれぞれの話の時系列と、その間に何があったかを総合的に判断しながら、婚姻関係が破綻しているかどうかを判断する

「夫妻には2人の子どもがいて、下の子はまだ幼稚園。『4~5年前から婚姻関係が破綻していた』のに子どもを作っていたわけで、橋本氏の説明には疑念が生じます。婚姻関係の破綻が認められない可能性もあります」(法曹関係者)

 そうなれば、今井氏と橋本氏の再婚など、夢のまた夢。前出法曹関係者は「そればかりか、橋本氏の妻が今井さん相手に、不貞行為に対する慰謝料を請求することも可能です。額は大きくありませんが、それをやられては、彼女の政治家生命は完全に終わりでしょう」と補足する。

 橋本氏の妻は、今井氏が公表した釈明コメントに自身への謝罪の言葉がなかったことに、不快感をあらわにしているという。

 また今井氏の元カレも複数の週刊誌の取材に応じ、同氏の育児放棄ぶりや、橋本氏との二股疑惑について洗いざらいしゃべっているという。

 まさに四面楚歌。不倫を「純愛」にすり替えようとする者には、必ずバチが当たるようだ。

続きを読む

-00芸能, 012政治, 02社会, 不倫, 今井絵理子, 自民党

執筆者:


関連記事

仕事選びまくり、ドタキャンしまくりでも“独り勝ち” 宮沢りえの天下は続く……

仕事選びまくり、ドタキャンしまくりでも独り勝ち 宮沢りえの天下は続く……の画像1

「通常、この時期になると、秋・冬の映画のキャスティングというのはいろいろと明らかになってくるんですが、最近はある女優さんの影響で、ペンディングになってる案件がいくつもあるんです。彼女は演技力だけでなく脚本を見る力もあるので、誰も文句は言えないんですけどね」(映画関係者)

 その女優とは、ここのところ日本映画界の賞という賞を総ナメにしている女優・宮沢りえのこと。

「今年も日本アカデミー賞の最優秀主演女優賞を獲得しました。2000年代に入って、最優秀主演女優賞を複数回受賞しているのは彼女のほかに、樹木希林さんと吉永小百合さんしかいません。しかも、3回受賞しているのは宮沢さんだけです」(テレビ局関係者)

 実際、今は女優としては独り勝ちの状態だという。

「先日クランクアップした、阿部寛さんの主演映画『祈りの幕が下りる時』のヒロインは松嶋菜々子さんが演じていますが、もともとは宮沢さんに声をかけたものの、『ドラマ化もされたシリーズものには出ない』という理由で断られたそうです。彼女はCMもやってますから、基本的に仕事を選べる立場にあります。なので、いい脚本を待つだけ待って、そちらを選ぶということはプロとしては当然といえば当然なのですが、待たせるだけ待たせて、結果キャンセルとなると、新たに代役を探すのも難しくなります。ただ、それでもあの演技を見せられると、まず彼女に声をかけたくなる気持ちもわかりますけどね。実際、彼女に続く女優がいないのも事実ですから」(芸能事務所関係者)

 しばらく宮沢の天下が続きそうだ。

『VS嵐』も終了させる!? ジャニーズが絶不調フジテレビと決別し、テレビ朝日と蜜月関係へ

『VS嵐』も終了させる!? ジャニーズが絶不調フジテレビと決別し、テレビ朝日と蜜月関係への画像1

 ジャニーズ事務所が、低視聴率にあえぐフジテレビをついに見限り、視聴率3冠王として業界トップを走る日本テレビと、それに追随する好調ぶりを見せるテレビ朝日に乗り換えたという。

“次期社長”として、事実上事務所を仕切っている藤島ジュリー景子副社長。以前、フジに在籍していたこともあって、フジとは長らく“蜜月関係”を築いていた。SMAP解散に伴い、昨年12月で終了した『SMAP×SMAP』の後番組にも、関ジャニ∞の冠番組が内定。つなぎ番組として、『ちょっとザワつくイメージ調査 もしかしてズレてる?』をスタートさせ、10月からは関ジャニの番組が始まる予定となっていた。

 ところがジャニーズは、この『もしズレ』の真裏で、関ジャニの冠番組『ペコジャニ∞!』をTBS系でスタートさせることを発表した。同番組はスペシャル番組として過去に2度放送され、その反響の大きさからレギュラー化が決定。一方の『もしズレ』は5%前後の視聴率が続いており、その後継番組に出演することで、タレントが巻き添えになりかねないと考え、フジとの約束を反故にしたようだ。

 それだけではない。現在フジで放送されている『VS嵐』すらも、ジャニーズ側は終了させようとしているという情報もある。

 テレ朝では、早河洋会長がSMAP解散を受けて、「タレントやアーティストは視聴者の支持がなければ活躍できない。事務所が強ければ成功するものではない」と、暗にジャニーズを批判した。

 その話を耳に入れたジュリー副社長が、「ジャニタレを『ミュージックステーション』から引き上げる」と言って現場サイドを困らせたという話もあり、テレ朝とジャニーズが敵対関係に発展するだろうという声もあった。

 ところが、フタを開けてみると、10月からは、ジャニーズの幹部候補である東山紀之が初のキャスターを務める『サンデーLIVE!!』がスタート。また、深夜ドラマ『重要参考人探偵』にはKiss-My-Ft2の玉森裕太とNEWSの小山慶一郎を起用。さらに、来年1月には、フジの月9ドラマからすっかり姿を消した木村拓哉主演の木9枠ドラマの放送が決定したと一部で報じられている。

 テレ朝はここ数年、日テレと視聴率3冠王を競うほど、視聴率が好調。ジャニーズはフジを見限って、テレ朝に乗り換えるつもりなのだろう。いずれにしても、テレ朝がジャニーズの軍門に下ったのは間違いない。SMAPが解散した後もなお、テレビ界のジャニーズ支配が変わらないとは恐ろしい話だし、テレビ局側も節操がない。

 事務所との力関係でキャスティングを決めるような悪習が、テレビ業界全体の地盤沈下を招いていることに気がつかないのだろうか? いつしか、ジャニタレに頼らない番組作りができる日が来ることを期待したい。
(文=本多圭)

【モリカケ】自民幹部「連想ゲーム」特定野党を批難 ⇒ 共産・宮本岳志「この世の地獄というものを体験させてあげよう!」

1: (^ェ^) ★ 2018/06/17(日) 07:48:42.06 ID:CAP_USER9
日本共産党の宮本岳志議員は16日、自民党の森山裕国対委員長が鹿児島市内で開かれた党会合で、野党の国会質疑を「連想ゲーム」と揶揄したことに対して不快感を示し「この世の地獄というものを体験させてあげよう…

舞台降板騒動の鈴木砂羽、関係者も認める“キツい性格”「合わない人も多かった」

舞台降板騒動の鈴木砂羽、関係者も認めるキツい性格「合わない人も多かった」の画像1
『フラッシュバック』(デジタルブックファクトリー)

 女優の鈴木砂羽が主演、演出する舞台『結婚の条件』で、出演女優2人が「鈴木に土下座させられた」などと開幕直前で降板した騒動。鈴木は「土下座させたことはございません」と全否定し、双方の言い分が食い違っている。ただ、演劇関係者からは「鈴木さんはかなりキツい物言いをする性格だから、合わない人も多かった」という話も聞かれる。

「もとはビニ本なんかに出ていた人で、女優としては地味なタイプだったけど、バラエティー番組で貧乏時代や酒豪の話をしてウケたものだから、それからは開き直って、余計にストレートな物言いをするようになった。特に酒が入ると人の悪口を言いふらし、それが漏れてひそかに反感を買っていたこともあった」(同)

 鈴木は過去、自ら「車で送ってもらったときに後部座席に吐いた」と酒癖の悪さを明かし、酒が入ると他人にしつこく長い説教をするとも語っていた。その通り、今回の騒動でも対立した女優から「(酒の席で)気に入らないキャストの悪口を吹き込んでいた」と暴露されている。

 今作は、鈴木の演出家デビュー作。当初はメディアで「私、こういうのが向いているんだなと思った。人に指図するのが好きなんです」などと話していたが、指図される側の反応は違った。鈴木と衝突した2女優は鳳恵弥と牧野美千子。共に有名人ではないが、鳳は2004年に★☆北区つかこうへい劇団に入団し、女優としてのキャリアはある。

「それでも、1994年デビューの鈴木さんからすれば“若手”の部類。だから、上から目線だったのでは。でも、彼女は演出家としては素人なんだから、もっと低姿勢で接するべきだったと思う。もちろん、2人の女優が公演前にわざわざブログでトラブルを暴露したのも、営業妨害みたいで最低だけどね」(前出関係者)

 鳳は公演前日9月12日のブログで降板を伝えた際、稽古の中で罵倒され、「土下座をするように砂羽さんから促され、頭を下げました」と内情を明かした。その原因は通し稽古を2回できなかったことで揉めたというのだが、ほかにも「自分がセリフが入らないのを脚本のせいにして何度も書き直させていた」などと書いていることから、鈴木の態度全般に不満を持っていたことがわかる。

 鈴木は、私生活では11年に10歳年下の俳優・吉川純広と結婚したが、15年に離婚。その原因はハッキリしないが、結婚前、俳優の中村獅童と交際していたときのことを暗に指して「取っ組み合いのケンカもした。風呂に突き落としたり」などと修羅場エピソードを笑って明かしていたことから、その気性の激しさはうかがえる。

 関係者も認める「キツい性格」は女優としては通用したかもしれないが、他人に指示する演出家としてはマイナスだったようだ。結果的に「結婚の条件」よりも「演出家の条件」を考えさせられる騒動となってしまった。
(文=片岡亮/NEWSIDER)

“アパ離婚”で再ブレーク狙う!? 袴田吉彦&河中あいに批判殺到「とっくに別居してたのに嘘くさい」

アパ離婚で再ブレーク狙う!? 袴田吉彦&河中あいに批判殺到「とっくに別居してたのに嘘くさい」の画像1
TBS公式サイトより

 21日、今月上旬に離婚していたことを報告した俳優の袴田吉彦とタレントの河中あいが、29日放送のバラエティ番組『今夜解禁!ザ・因縁』(TBS系)に出演。当事者だけが知る不倫騒動の真相を、包み隠さず語るという。

 袴田と河中は、2010年にデキ婚し、翌年に女児を出産。今年1月発売の「週刊新潮」(新潮社)で、グラドルの青山真麻(現在は真麻)が袴田との不倫関係を暴露。密会場所が決まって「アパホテル」であったことや、青山が「袴田がアパホテルのポイントを貯めていた」と明かしたことから“アパ不倫”と呼ばれ騒動となった。なお、袴田サイドは、14年夏から河中や娘と別居状態であったことを認めている。

 離婚報告からわずか8日後に放送される『今夜解禁!ザ・因縁』では、袴田が不倫に至った理由を告白するほか、河中が娘と2人で暮らす自宅を初公開。週刊誌で不倫を知ったときの心境を、「手が震えて、すっごい吐き気もきました」などと語っているようだ。

 しかし、ネット上では「プライベートの切り売り」「両親がテレビでべらべらしゃべって、子どもがかわいそう」「娘さん、もうわかる年頃だから暴露とかやめてほしい」「とっくに別居してたのに、不倫でショックって嘘くさい」といった声が相次いでいる。

「芸能界でお馴染みの離婚ビジネスでしょう。特に袴田が所属するプラチナムプロダクションのように、グラビア系事務所が戦略的に行っている印象があります。袴田は、28日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)でアパ不倫ネタを解禁。司会のダウンタウンから「奥さん、どこ行ったんですかね?」などと容赦なくイジられ、本人も「離婚しました」「アパ離婚で」などと報告していました。“アパ”や“ポイント”など、面白ワードを上手に生かせれば、三枚目キャラで再ブレークも狙えそうですが、番組に出演している袴田のテンションを見る限り、世間の批判を助長しそうな予感です」(芸能記者)

 相次ぐテレビ出演で、世間から厳しい目が向けられそうな袴田。アパ離婚をビジネスチャンスに変えられるだろうか?



まつ毛育毛剤通販