00芸能 24時間テレビ NEWS りゅうちぇる ジャニーズ 手越祐也 日本テレビ

手越か、りゅうちぇるか……二転三転『24時間テレビ』マラソンランナー「当日発表」決定の舞台裏

投稿日:

 手越か、りゅうちぇるか……二転三転『24時間テレビ』マラソンランナー「当日発表」決定の舞台裏の画像1
スターレイプロダクション公式サイトより

 8月26、27日に放送される『24時間テレビ』の「チャリティーマラソンランナー」をめぐり、日本テレビが大ピンチだ。

 7月30日放送の『行列のできる法律相談所』で、今年のマラソンランナーはなんと「放送当日」に発表されるということが明かされたが、その舞台裏を芸能関係者がこう耳打ちする。

「実は7月29日に東京スポーツなど一部メディアが、りゅうちぇるで内定したと報じました。それは当たっているのですが、その中で、りゅうちぇるが“補欠”だったという記述が大問題になっているんです」

 当初、日テレサイドが希望していたのは、ますだおかだ・岡田圭右の娘の岡田結実、アンジャッシュの渡部建、同局の水卜麻美アナの3人だったという。しかし、いずれも交渉の早い段階で頓挫。そこで白羽の矢が立ったのが、NEWSの手越祐也だった。

「ところが、手越は金塊強奪事件の容疑者とのツーショット写真や“コネチケ騒動”、一夜を共にした女性からの“制服フェチ”暴露など、ネガティブな報道が相次いだことで白紙に。結果、補欠だったりゅうちぇるになったのが真相です。自分こそが唯一の候補者だと疑わなかったりゅうちぇるは、そんな裏事情を知って激しく落胆。ランナー役を降りる可能性も出てきてしまった。しかも、手越サイドはまだオファーを正式に断っていなかったようで、ここにきて手越がやる気マンマンになっているといいます」(同)

 さらに、「当日発表」にしたことで、日テレには視聴者からの猛抗議が殺到しているという。

「『24時間テレビ』は、あくまでもチャリティー番組であるというのが存在意義だった。それを“当日発表”としたものだから、“チャリティーマラソン”を視聴率アップの材料に利用していると受け取られてしまった。もしかすると、BPO(放送倫理・番組向上機構)問題にも発展するかもしれません。局の幹部は『大誤算だった』と頭を痛めていますよ」(日テレ関係者)

 視聴率三冠の日テレが、自ら掘った墓穴に転がり落ちてしまうのか、局員は戦々恐々だろう。

続きを読む

-00芸能, 24時間テレビ, NEWS, りゅうちぇる, ジャニーズ, 手越祐也, 日本テレビ

執筆者:


関連記事

“大根女優”本田翼が『わにとかげぎす』で覚醒! モデル系女優の正しい使い方とは?

<p> 水曜深夜に放送されている『わにとかげぎす』(TBS系)が面白い。</p>

<p> 深夜のスーパーマーケットで働く38歳の富岡ゆうじ(有田哲平)は、孤独な日々に不安を覚えて、流れ星に「友達をください」と願う。そんな富岡の元に同じアパートで暮らす美女・羽田梓(本田翼)が現れ、富岡の人生は一変していく。</p>

<p> 本作は、90年代に大ヒットしたギャグ漫画『行け!稲中卓球部』や暗黒青春漫画『ヒミズ』の作者として知られる古谷実の同名漫画をドラマ化したものだ。</p>

<p> 古谷はコメディとシリアスの間を横断することで、哲学的な要素を描く漫画家だ。この『わにとかげぎす』も、笑いの中に怖さが、怖さの中に笑いがあり、その往復によって人生の深淵を表現している。</p>

泰葉「ネジが外れ狂ってしまった」、“都知事選出馬”宣言の前日に元マネジャーを非難!

泰葉「ネジが外れ狂ってしまった」、都知事選出馬宣言の前日に元マネジャーを非難!の画像1

 お騒がせタレントの泰葉が、今度は次回の東京都知事選挙に出馬すると宣言した。

 泰葉は27日のブログで、「政界関係者より私の弁明力が高く評価された事を真摯に受け止め 次期、都知事選に立候補することにしました」と報告。小池百合子都知事の任期満了は2020年だが、泰葉は「気の早い話しですが芸能活動を一点の曇りなく終了し 政界に進出するためにはとても良いスパンだと考えています」と説明した。

 また、選挙演説さながらに「カジノ誘致に賛成です エンターテイメントを存分に発揮させ明るい東京にします」「私が受けた虐待経験を生かし いじめや暴力の根絶に尽力を注ぎます」「PTSDの障害を体験をもとに都民、国民のみなさまに理解を深めていただく努力」などと、自身の政策まで綴っている。

 これに対し、ネット上では「子作りして、海外に移住するんじゃなかったっけ?」「政界関係者って、誰だよ」「出刃包丁とウンコを送りつける都知事……」「おい! 正蔵、なんとかしろよ」といった呆れ声が相次いでいる。

 今月、元マネジャーの男性・A氏を逆恨みし、自宅玄関前に出刃包丁、犬のフン、脅迫状を放置したことを認め、情報番組『ミヤネ屋』(日本テレビ系)で謝罪したばかりの泰葉(関連記事)。しかし、出馬宣言の前日26日、ブログで再びA氏を「ストーカー」呼ばわりし、「メディアへの発言も被害届を盾にコントロールし おびただしい金銭要求がありました」「ネジが外れ狂ってしまったとした考えられません」(原文ママ)などと非難している。

「現在、アメブロからの収入に頼って生活している泰葉ですが、CD制作費約600万円の支払いが滞っているだけでなく、クレジットカード、健康保険料、税金、車のリース代なども含めると、未払い金は1,000万円ほどに膨れ上がっているとか。また、現在、1日に何度もブログを更新している泰葉ですが、自分の行動をコントロールできていない可能性が高そう。ブログを更新することで心の平穏が保たれているとしたら、世間は話半分で見守るしかないでしょう」(同)

 坂口杏里救済宣言、和田アキ子提訴宣言、タレント活動休止宣言……と、これまで幾度となく宣言と撤回を繰り返してきた泰葉。メンタルが心配だが、周囲に手を差し伸べる人間はいないのだろうか?

フジテレビ「ご指摘の事実はございません」、『今夜も眠れない』中止理由で、明石家さんまと真っ向対立!

フジテレビ「ご指摘の事実はございません」、『今夜も眠れない』中止理由で、明石家さんまと真っ向対立!の画像1

 フジテレビ系『FNS27時間テレビ』内の定番コーナー「さんま・中居の今夜も眠れない」が放送されない理由について、フジテレビが明石家さんまの言い分を真っ向否定しているという。

 2016年まで17年連続で放送されてきた「さんま・中居の今夜も眠れない」だが、来月9~10日に放送される『FNS27時間テレビ にほんのれきし』では放送されないことが発覚。

 コーナーのファンや、元SMAP・中居正広のファンが「なんで?」とザワつく中、さんまが今月12日放送のラジオ番組で理由を説明。「『さんま・中居~』だけは別にやりたいって言ったんですけども、今はジャニーズ事務所側も“今、中居を生放送でさんまさんと絡ませるのは……”っていうことでペケになったんですけど。そんな、俺も大人やから、言うたらアカンことは言わへんけどな。何を恐れてらっしゃるのか(中略)それは、9月9日で3人が辞めるわけやから。ただ、今回の『27時間』が9月9日の放送やねん」などと明かしていた。

 しかし、22日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)の取材に対し、フジテレビは「ご指摘のような経緯で企画が決定した事実はございません」と、さんまの説明を完全否定。あくまでも「にほんのれきし」というテーマに沿って構成した結果だと主張しているという。

「フジの説明が正しいとすれば、さんまがラジオでデタラメを言っていたということに。ただ、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の独立日とオンエア日が重なっていることからも、フジの言い分を信じるジャニーズファンはほとんどいないでしょう」(テレビ誌記者)

 さんまといえば、03年からバラエティ番組『さんタク』(同)で元SMAP・木村拓哉と毎年共演。通常なら正月に放送されるが、今年はSMAP解散直後を避け、4月という異例のタイミングで放送された。

「さんまと木村のトーク部分は、案の定、かなりカットされたとか。ただ、『さんタク』と違って『今夜も眠れない』は生放送であることに意味があるため、カットができない。『今夜も眠れない』の中止から、ジャニーズ事務所がこれまで、いかに自分たちに都合の悪い発言をテレビ局にカットさせてきたかということが、暗に伝わってきます」(同)

 中止理由をめぐって、主張が真っ向対立しているさんまとフジ。一体、どちらがウソをついているのだろうか?

【放送直前】『24時間テレビ』事件簿! 嵐のギャラ騒動、川口春奈が拒否、徳光和夫が時速2.5キロ……

<p> 日本テレビの恒例大型番組『24時間テレビ40 愛は地球を救う』がこの週末に生放送されます。今年のテーマは「告白~勇気を出して伝えよう~」で、メインパーソナリティーは嵐・櫻井翔、NEWS・小山慶一郎、KAT-TUN・亀梨和也の御三方です。</p>

<p> 自己最高平均視聴率は、当時SMAPだった草なぎ剛と香取慎吾がメインパーソナリティーを務めた2005年で、19.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)。以降、15%を切る年はなく、昨年は15.4%を記録しました。日本人って、『24時間テレビ</p>

櫻井翔が校長に!? 斬新設定もキャラはいたって普通!『先に生まれただけの僕』第1話

<p> 人気アイドルグループ・嵐の櫻井翔が私立高校の校長役を演じるドラマ『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)の第1話が14日に放送され、平均視聴率10.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。2ケタ台ギリギリでのスタートとなりました。</p>

<p> さて、まずはあらすじを少し。総合商社・樫松物産に勤める主人公・鳴海涼介(櫻井翔)は、抜群の営業スキルをもち将来を嘱望される存在でした。しかし、鳴海が忠誠を尽くしていた専務が社内政治で…



まつ毛育毛剤通販