知る

あまりにも辛すぎる鳥生を送っていた鳥に、やっと幸運が訪れた。大親友を得てこれからという時に、ああなのに・・・

投稿日:

no title

 バタン類のオウム、ラッキー・ルーの鳥生はとても険しいものだった。人間に持て余され、罵られ、多くの家をたらいまわしにされてきた。

 最後にようやくたどり着いたカナダ、バンクーバーのシェルターで、ゆっくり過ごせると思っていたところ、今度はそのシェルターの運営者が病気で亡くなってしまった。次に行く先を決めなければならない。

 だがここにきて、ラッキーに幸運が訪れた。そのシェルターにいる間、心から信じあえる友達ができたのだ。ココと巡り合い、2羽は大親友となった。

 その仲睦まじい様子をほほえましく思った愛鳥家のダニタ・モリソンさんは、2羽を一緒に引き取ることにした。

 モリソンさんは鳥を愛し、その飼育にも慣れている。ラッキーは今度こそ、今度こそ幸せに暮らしていけるはずだった。ああ、なのに、それなのに・・・
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

金属を溶接して命を吹き込む。スペインの鋼の彫刻師

 スペイン在住のジョージー・プーラリアニさんは、44年間アートとは無関係の生活を送っていたが、3年前、ふと自分の持っている能力について考えた。

 気が付く気が付かないは別にして、誰もが自分だけの特技を持っている。プーラリアニさんは気が付いた。自分には見たも…

東北地方太平洋沖地震から6年、津波で流された漁船がアメリカ・オレゴン州の浜辺で発見される

image credit:PENNEWS/TIFFANYBOOTHE/SEASIDEAQUARIAM
 2011年3月11日、日本で発生した東北地方太平洋沖地震から6年以上が過ぎた。その時に津波によって流された船が、最近になりアメリカの海岸に漂着したそうだ。

 流れ着いた先はオレゴン州アルカディアのレクリエーショ…

身をもって不死を証明しようとしたラマ僧、30年後に掘り起こされた遺体の謎

 古来から多くの人々が不死を夢見てきた。だが人体は自然に老いさらばえるもので、死の訪れを止めることはできない。少なくとも現時点では。

 だがその常識を覆すような出来事があったようだ。

  ロシア、ブリヤート出身のラマ僧ダシ=ドルジョ・イチゲロフは、年老い…

数字の「ゼロ」の起源。3、4世紀前のインドの写本から最古のゼロの使用例を発見

image credit:University of Oxford
 数字のゼロという概念は数学とっての革命だった。それがインドを起源とすることは以前から知られていたが、具体的な起源となると曖昧なままだった。

 この度、英オックスフォード大学の研究者によって、インドの3、4世紀の頃のバクシ…

記憶力を15%強化する新しいタイプの脳に埋め込むインプラントが開発される(米研究)

 記憶力を強化するとうたう脳にインプラントを埋め込む技術は新しいものではない。だが、まったく新しいアプローチによって、脳の声に耳を傾けて反応するデバイスが登場した。
 
 この”閉ループ法”による脳深部刺激を試みた結果、リストに掲載された単語の記憶率を15%…



まつ毛育毛剤通販