知る

あまりにも辛すぎる鳥生を送っていた鳥に、やっと幸運が訪れた。大親友を得てこれからという時に、ああなのに・・・

投稿日:

no title

 バタン類のオウム、ラッキー・ルーの鳥生はとても険しいものだった。人間に持て余され、罵られ、多くの家をたらいまわしにされてきた。

 最後にようやくたどり着いたカナダ、バンクーバーのシェルターで、ゆっくり過ごせると思っていたところ、今度はそのシェルターの運営者が病気で亡くなってしまった。次に行く先を決めなければならない。

 だがここにきて、ラッキーに幸運が訪れた。そのシェルターにいる間、心から信じあえる友達ができたのだ。ココと巡り合い、2羽は大親友となった。

 その仲睦まじい様子をほほえましく思った愛鳥家のダニタ・モリソンさんは、2羽を一緒に引き取ることにした。

 モリソンさんは鳥を愛し、その飼育にも慣れている。ラッキーは今度こそ、今度こそ幸せに暮らしていけるはずだった。ああ、なのに、それなのに・・・
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

AI(人工知能)にハリーポッター全7巻を学習させてハリポタの新作を書かせてみた。タイトル「ハリー・ポッターと山盛りの灰のようにみえるものの肖像」

 Botnik Studiosというクリエイティブ集団が、ハリー・ポッターシリーズ全7巻をすべて学習した予測入力キーボードを使って、アルゴリズムを組み込んだAI(人工知能)にハリポタの新作を書かせた。

 その結果、タイトルを含め、はちゃめちゃだが、かなり面白いものになっ…

ゲーム内ならアルアルだけど、リアルじゃ絶対ありえないこと12

 民家に不法侵入し、タンスを開けまくり、壺があったら叩き壊しながら、「これリアルじゃ絶対やっちゃダメなことだろ」と思った経験はないだろうか?どんなに迷っても必ず残り3人が一列に並んでついてきてくれるとかさ。

 海外掲示板redditにて、そんなゲーム内アルアル…

オレンジの皮パワーってすごかった。12,000トンのオレンジの皮が自然に青々とした緑をもたらすまで(アメリカ)

 一時は中止に追い込まれ、ほとんど忘れ去られていた実験的な保全プロジェクトが、その着想から20年近くの歳月を経て、驚くべき生態系の勝利を勝ち取った。

 1990年代半ば、あるジュース企業がコスタリカの荒れ果てた牧草地にトラック1,000台分のオレンジの皮を廃棄した…

5000年前の巨大石板「コックノー・ストーン」は宇宙地図なのか?その秘められた謎に迫る科学者たち

 昨年、紀元前3000年頃のものと思われる巨大石板が51年ぶりに発掘された。エジプト文明やメソポタミア文明と同時期のものだ。

 この石板は1887年、スコットランド、クライド・バレー地方で、レヴァランド・ジェームズ牧師によって発見されたものだが、1965年に考古学者、…

UFOの存在は「疑問の余地がないほどに証明された」と元米国防省の職員

 海外メディア各紙が伝えたところによると、元米国防省の職員が、UFOの存在は「合理的な疑問の余地がないほどに証明された」と発言したそうだ。

 米政府の某機密プログラムの責任者だったルイス・エリソンド(Luis Elizondo)氏は、宇宙人がUFOに乗って地球を飛来した可…



まつ毛育毛剤通販