知る

あまりにも辛すぎる鳥生を送っていた鳥に、やっと幸運が訪れた。大親友を得てこれからという時に、ああなのに・・・

投稿日:

no title

 バタン類のオウム、ラッキー・ルーの鳥生はとても険しいものだった。人間に持て余され、罵られ、多くの家をたらいまわしにされてきた。

 最後にようやくたどり着いたカナダ、バンクーバーのシェルターで、ゆっくり過ごせると思っていたところ、今度はそのシェルターの運営者が病気で亡くなってしまった。次に行く先を決めなければならない。

 だがここにきて、ラッキーに幸運が訪れた。そのシェルターにいる間、心から信じあえる友達ができたのだ。ココと巡り合い、2羽は大親友となった。

 その仲睦まじい様子をほほえましく思った愛鳥家のダニタ・モリソンさんは、2羽を一緒に引き取ることにした。

 モリソンさんは鳥を愛し、その飼育にも慣れている。ラッキーは今度こそ、今度こそ幸せに暮らしていけるはずだった。ああ、なのに、それなのに・・・
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

見知らぬ犬の無償の愛が奇跡を生む。怪我を負い、川に流されそうになったハイカーを2度救ったアラスカン・ハスキー

 6月中旬、アラスカ州アンカレジ郊外にあるイーグルリバー沿いのクロウパス・トレイルをハイキング中、1人の女性が滑落した。

 岩に衝突し、そのまま雪の上を滑り落ちた彼女はしばらくショック状態で動けなかったが、そこに突然1匹の白い犬が現れる。

 どこからともな…

オゾン層が回復していることを確認。南極上空のオゾンホールが閉じつつあるとNASAが発表

 1980年代に南極上空に出現したオゾンホールはオゾン層破壊物質に対する世界的な使用規制のおかげで縮小した、とNASAが発表した。

 研究によると、大気に含まれるオゾン層を破壊する塩素の濃度は急速に低下しつつあり、オゾン層の回復はその直接的なサインであるそうだ。…

ニコラ・テスラは異星人と接触していたのか?彼が作り上げた人類初のUFO

 19世紀中期から20世紀中期に活躍した発明家、ニコラ・テスラ(1856年7月10日 – 1943年1月7日)。蛍光灯や空中放電実験で有名なテスラコイルなど数々の発明でその名を歴史に刻んでいる。

 ニコラ・テスラは当時、その抜きんでた創造力と発想で新たなる文明をもたらした。…

R.I.P. 世界最高齢のクモ「ナンバー16」が、43歳で亡くなる(オーストラリア)※クモ出演中

 「ナンバー16」との愛称で呼ばれていた世界最高齢とされるクモが逝去(享年43歳)した。

 亡くなったメスのギアウス・ビロサス(Giaus Villosus)は、日本では一般にトタテグモと呼ばれる種で、西オーストラリアでの長期的個体数調査のために野生での暮らしを観察されて…

屈強なヴァイキングの戦士、しかも高位軍のリーダー。実は女性だったことがDNA調査で判明(スウェーデン)

 これまでずっと男性だと考えられてきた10世紀に暗躍したヴァイキング(海賊)のリーダーの遺骨のDNA検査から、その人物が実は女性であったことが判明した。

 遺体は、19世紀末に考古学者ヒャルマル・ストルペ(Hjalmar Stolpe)によってスウェーデン、ビルカで発掘され…





まつ毛育毛剤通販