知る

「あの時助けていただいたカメです」カメを治療した獣医が数年後、偶然そのカメと再会。その姿に感無量(アメリカ)

投稿日:

Box_Turtle
imege credit: Wikimedia Commons

「獣医であることが、こんなにも素晴らしいと実感させてくれる出会いがあった。獣医という職業を選んだことは、間違っていなかったと確信させてくれた出来事だ」

 アメリカ、オハイオ州の郊外に、ホッキング・ヒルズ・アニマル・クリニックという動物病院がある。そこで働くある獣医さんが、最近遭遇したできごとをフェイスブックに投稿した。

 彼女はある日、職場の裏手にある森へ散歩にいった。そこで昔の患者と再会を果たしたのだ。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

ちゃめっ気たっぷり。愛くるキュートなペットのキツネ、ジェニパーの最新映像が届いたよ!

 去年カラパイアでもご紹介した、インスタグラムアイドル、キツネのジュニパー。シーツの上でピョンピョンホリホリして、首をかしげるしぐさがもうたまらなく可愛いくって、インスタグラムのふぉろあー数は150万を突破した。

 あれから1年ちょっと経ったけど、ジュニパー…

日本だけではない。世界の半数の国で出生率が低下していることが判明

 日本では出生率の低下が問題となっている。厚生労働省が2018年6月に発表したデータによると、2017年に生まれた子どもの数(出生数)は前年よりも3万人余り少ない94万6060人となり過去最少を更新した。

 だがこれは、日本だけの傾向ではないようだ。世界中で昔よりも子供…

背徳の愛?イルカとクジラの交雑種が発見される(アメリカ・ハワイ)

image credit:Kimberley A Wood/Cascadia Research
 ハワイ諸島で実施されたクジラとイルカの遺伝子調査から、これまで見たこともない交雑種が発見された。イルカとクジラが愛し合って生まれたハイブリッド種である。

 カズハゴンドウクジラとシワハイルカの交雑種が確認…

プリオン病は脳に30年間潜伏し、時が来たら素早く襲撃をしかける(米研究)

 プリオンは異常な折り畳み構造のプリオンタンパク質から成る感染性因子のことだ。脳の内部から攻撃し、クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)などの様々な神経変性疾患を引き起こす。

 最新の研究によって、このプリオンがさらに恐ろしい存在であることが明らかになった。3…

孤独の蔓延が人々の命を奪う。孤独感や疎外感は肥満よりも深刻な社会問題(米研究)

 孤独感や疎外感はよく取りざたされる肥満よりもずっと深刻な健康問題であると専門家が注意を呼びかけている。

 アメリカではますます多くの人々が孤独な生活を送るようになっているそうだ。既婚率は下がり、出生率も低下している。

 このように拡大しつつある孤独は早…





まつ毛育毛剤通販