知る

魔術師・妖術師が使用した10のアイテム(英国:妖術と魔術博物館)※ミイラ出演中

投稿日:

0_e2

 イギリス、コーンウォール・ボスキャッスルにある妖術と魔術博物館には、常時3000を超えるミステリアスなアイテムが展示されている。

 写真家のサラ・ハナントによると、治療から呪い、霊を祀る御霊屋から船乗りのための呪文、下位の魔女の使う道具から西洋の魔術師が儀式で身に着ける正式なローブまで、その種類は多岐にわたり、魔術関連アイテムの世界最大のコレクションだという。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

呪われた絵画と言われている10の作品とそれにまつわる逸話

 そもそも人は悪いことが連鎖して起きると、何かに関連付けて考えるという特性を持っている。「呪いの品」と呼ばれるものは、そういった類のものなのかもしれない。

 「呪われた絵画」は、本物だけでなく複製ですら所有する人、目にする人に不安と恐怖を与えると言われて…

土葬・火葬以外の選択肢「水葬」が認められる(米カリフォルニア州)

 日本の場合だと葬送の手段として現在は火葬が一般的だ。アメリカの場合、土葬が一般的だったが都心部を中心に火葬を望む人の割合が増えているという。

 いずれにせよ土葬か火葬だ。だが、カリフォルニア州の住民はそれ以外の選択肢も選べるようになるという。それは「水…

アダ・ブラックジャック。北極遠征隊に加わり極寒の島に置き去りにされ唯一生き残った奇跡の女性サバイバー物語

 1921年、当時23歳だった女性、アダ・ブラックジャック(エイダ・ブラックジャックとも)は、探検隊のメンバーの1人で、シベリアの北の孤島、ヴランゲリ島へ出帆した。

 小柄なイヌピアト族の女性であるアダは、とても北極圏を探検するタイプには見えない。だが彼女はど…

似てるけど違ってた!漆黒の踊る鳥「カタカケフウチョウ」がカタカケフウチョウが1種類ではないことが判明(インドネシア)

 カタカケフウチョウは、ほぼすべての光を吸収してしまう漆黒の羽を進化させたことや、独特の求愛ダンスを踊ることで知られている。

 しかし、実はこの仲間には非常に姿が似ているが、実は別個の種がいることが明らかにされた。

これが絶世の美女と噂された古代エジプト王妃「ネフェルティティ」のご尊顔だ。3Dスキャンで再現された3400年前のミイラの姿

 最新の3D撮像技術を駆使して、ツタンカーメンの義母にあたる「ネフェルティティ」のご尊顔が再現された。

 製作には500時間が費やされ、宝飾品はディオールのデザイナーによって手作りされるという凝りようだ。一方で肌の色については色素が薄すぎるという批判もある。




まつ毛育毛剤通販