知る

弱肉強食がひっくり返った!?ニワトリの集団がキツネを襲う事案が発生(フランス)

投稿日:

fox2
photo by pixabay

 キツネとニワトリの関係は捕食する側と捕食される側なわけだが、相手が圧倒的多数の場合にはその立場は逆転してしまうようだ。

 フランス北西部のブルターニュにある農業学校の鶏舎で、若いキツネの死骸が発見されたらしい。

 どうやらニワトリ集団が襲いかかって殺害したとみられ、クチバシでつつかれまくったキツネは無残な状態だったという。

続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

ワニとギャンブルの意外な関係。2017年度イグノーベル賞10部門の受賞研究

 猫は個体でもあるが液体でもあるということは薄々みんな気が付いていたはずなのだが、それを物理学で証明した研究が、イグノーベルの物理学賞を受賞し話題となったことは記憶に新しい。

 他にはどんな研究が受賞したのだろうか?

 いろいろ気になるだろう?ではその10…

激しい噴火を繰り返す、ハワイ島キラウエア火山。なぜハワイの人々は溶岩の前に植物を置くのか?

 現在も噴火を続けているハワイ島のキラウエア火山。有毒ガスと溶岩が噴出し、多くの住人が避難している。

 現地から伝わってくる映像や画像をよく見るとあることに気が付くだろう。迫りくる溶岩の手前には、フラダンスの腰みのにも利用されているティーリーフ(センネン…

怖い怖い、地球滅亡怖い。終末を恐れ30年間秘密のシェルターに閉じこもっていた究極の引きこもり男性(アメリカ)

 誰にだって恐怖を感じる対象があるものだ。蜘蛛が怖かったり、狭い空間が嫌だったり、高いビルの屋上にどうしても足を踏み出すことができない人もいる。

 だがそれが、日常生活に支障をきたすようであれば恐怖症である。恐怖のあまり尋常ではない行動に走る場合がある。…

学校の始業時間を遅くすることで、生徒の幸福度が改善される(シンガポール研究)

 シンガポールで行われた新しい研究によれば、学校の始業時間を遅くするだけで生徒の睡眠不足が解消され、幸福度が上がるそうだ。

 これまでの研究でも、朝早い授業は生徒の睡眠不足を助長させるだけで、ストレスの原因にしかならないと報告されていたが、今回の研究もそ…

人類の火星到達が遠のいた感。火星で危険な化学物質が発見される(英研究)

 スコットランド・エディンバラ大学の研究チームが、火星の土壌に存在する酸化体、酸化鉄、紫外線エネルギー、過塩素酸塩という化学物質の組み合わせを調査したところ、地球起源の生体細胞には非常に有害である可能性が濃厚だと判明した。

 過塩素酸塩が酸化鉄と過酸化水…





まつ毛育毛剤通販