知る

アレな生態系日常漫画「いぶかればいぶかろう」第14回:子がっこと猫と。いぶり家の日常

投稿日:

top

 今回は5歳男児の子がっこを中心に、いぶり家の日常をお伝えするよ。 続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

動物園から盗まれたペンギン。なんとネットで売られていたことが発覚!犯人逮捕へ(イギリス)

 動物園にいる動物たちはあまり外出する機会がないはずだけど、思わぬ長旅をすることになったペンギンのカップルがいるようだ。

 イギリス・ノッティンガムシャーのストレリーにある農場でエキゾチック・アニマルのブリーダーをしているリース・オリバーさん(27歳)は1月…

歴史上数少ない「軌道が正確に解析された隕石」駐車中の車のトランクに落下したピークスキル隕石(アメリカ)

 1992年10月9日、アメリカニューヨーク州ピークスキルで、月よりも明るく輝いた天体が空から落ちてきた。

 目撃者の話によると、光り輝いた物体が、北東に向けて空に一筋の線を描くように流れ落ちたという。

 たった40秒の間に、隕石は4つの州の空を駆け抜け、地球の大…

食べ物が怖い、料理するのが怖い、食べること自体が怖い。食に関する10の恐怖症

 食べることは生命活動を維持していくうえでとても重要なものの1つである。中には食べることが生きがいという人もいるだろう。おいしいものを食べてる時が至福の幸せという人も。

 だがその反対に食べることが恐怖の対象になっている人もいる。特定の食べ物にただならぬ…

70~80年代のレトロフューチャー。フランスの海洋学者、ジャックス・ルージェリの設計した素晴らしい海洋建造物や乗り物。

 まるでSF映画に出てくるよな海の中の近未来メトロポリス。これらはアメリカ・フロリダ州フロリダキーズの海底に存在する。

 この「アクエリアス」と名付けられたこの海中居住施設の中に、はフランス人海洋学者であり建築家のジャックス・ルージェリ(1945年7月11日~)…

19世紀の西洋で、「リビングルーム」は「デスルーム」と呼ばれていた。その理由とは?

 「リビングルーム」は日本語に訳すと「居間」となる。もっと文字通りに訳せば、「暮らす部屋」であり、「生きる部屋」であるともいえる。

 しかし、現在では「リビングルーム」と呼ばれる部屋は、19世紀には「デスルーム」、つまり「死の部屋」と呼ばれていたのである。…





まつ毛育毛剤通販