知る

「犬注意」の看板だ!どんな猛犬がいるのかと思えば…

投稿日:

00

 備えあればうれいなし。

 そこに危険を示すサインがあれば警戒態勢をとるのが人間というものだ。なので「Beware of the dog(犬注意)」と書かれた看板があれば用心する。飼い主の方だって愛犬を加害者にさせたくないし、リスクは未然に回避したい。

 ではどんな猛犬が潜んでいるのか?
 鋭い牙を持った、獰猛な犬がそこにいるのか!?

 それを確かめてしまいたくなるのも人間心理だ。

 で、実際に確かめてみたところ、あらやだ脱力。
 獰猛とは真逆のかわいらしさで攻撃する犬だったりなんかする。

 ここでは「犬注意」の看板の裏に潜んでいた、別の意味での猛犬たちを見ていこう。 続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

レオナルド・ダヴィンチはモナリザの中にエイリアンの証拠を隠していた?

 YouTubeに投稿された動画が波紋を呼んでいる。14~15世紀の画家で発明家レオナルド・ダヴィンチが、自分の作品の中にエイリアンをこっそり書き込んでいるというのだ。

 とくにモナリザにそれがはっきりわかるという。

 投稿者であるParanormal Crucibleが言うには、モ…

今そこにある感動。オートバイ事故で半身不随になった飼い主の車椅子を懸命に押す犬(フィリピン)

image credit:Viral Press
 6月30日のこと、フィリピン・ダバオで、飼い主に尽くす犬の姿が、車で通行中の夫婦に偶然目撃された。

 飼い主は自分で車椅子の車輪を回しているのだが、犬は自発的に車椅子の座席の下に鼻を押し入れ、懸命に押していたのである。

 家に帰ろ…

古代マヤ「パレンケの宇宙飛行士」との異名を持つパカル大王の仮面が発掘される(メキシコ)

image credit:youtube
 古代マヤの都市パレンケの王であったパカル1世は、その石棺に人が乗った宇宙船らしき彫刻が彫られていたことから「パレンケの宇宙飛行士」との異名で知られている。
  
 そのパカル大王を象ったと考えられる仮面がメキシコ、パレンケで発掘された…

具合の悪い時には水銀を食べる?おしっこは殺菌剤?中世の人々が信じていたとんでもない16の常識

 時代とともに常識も正義も変わっていく。不変なものなどなにもないのだ。

 今の常識から鑑みると、中世の常識はかなりおかしい。だがそれが一般認識だったのである。現在の常識も未来から見たらもはやすでにおかしいものもあるのかもしれない。

犬と猫、どっちも家族にしたいし仲良くさせたい。猫と相性が良いとされる5種の犬

 犬と猫。両方いたら、どんなに毎日が楽しいことだろう。

 ネット上でも犬と猫+@と、種類の違うペットたちが楽しく暮らしている動画をよく目にする。いろいろ違うから、いろいろ楽しいのだ。

 とは言えやはり動物にも相性がある。異種の動物たちが必ず仲良くなるとは…





まつ毛育毛剤通販