知る

図書館はワクワクする場所!世界各地の図書館の14のアイディア

投稿日:

02_e0

 今は活字離れの時代と言われている。書籍や新聞、雑誌など、紙に印刷された文字媒体の利用率が低下しているのだ。

 だが本は本ならではの良さがある。活字をたっぷり詰め込まれた本が所狭しと並んでいる図書館は、中に入ると心が躍るものだ。

 古本独特のニオイに包まれながら読書をすれば新たなインスピレーションを得られることだろう。

 図書館内では私語厳禁、退屈な場所だと思うかもしれないが、そこはワンダーランド。図書館スタッフもユーモアにあふれていて、様々なアイディアを見ることができる図書館が存在する。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

引っ越しで置いて行かれたピットブル。シェルターで涙を流しながら飼い主が再び現れるのを待ち続けていた(アメリカ)

 カリフォルニア州のある動物シェルターに、一頭のピットブルが収容されていた。元気がない様子で、ずっと、犬舎の金網の向こうを見つめているのだった。

 ブルー・キングという名のこのピットブルは、ある家で1年近く飼われていた。そして、どんな事情があったのかはわ…

バミューダトライアングルの謎に決着か? 失踪事件の一部は巨大な暴れ波が原因であるという新説(英研究)

 海底の巨大クレーターから六角形の雲、シンクホールから異星人の基地まで、バミューダトライアングルで生じた不可思議な失踪事件の原因については、いくつもの仮説が提唱されてきた。

 フロリダ、プエルトリコ、バミューダを結ぶこの海域では、過去一世紀だけでも数多く…

感謝の気持ちを伝えたい。命を救ってくれた医師の顔のタトゥを背中に入れた男性患者(アルゼンチン)

image credit:YouTube
 感謝の気持ちを伝えるときに言葉だけでなく贈り物をしたり手紙を書いたりする人は多いが、アルゼンチンの若者はものすごく大胆な方法を選んだようだ。

 コルドバ州の州都・コルドバの南東333kmに位置する町、アレホ・レデスマに住むナノ・サルゲロ…

幻の島「アトランティス」か? グーグルアースによってアゾレス諸島付近の海底に600キロの陸塊を発見

 古代ギリシャの哲学者プラトンが、著書の中で記述した大西洋に浮かぶ島「アトランティス」。そこには世界を支配するほどの王国があり、世界の覇権を握ろうとしたものの、ゼウスの怒りに触れて海中に沈められたとされている。

 この伝説の都市の存在を信じているものは、…

垂直にぎっしり並ぶ。アメリカで1970年代に行われていた自動車の運搬方法「Vert-A-Pac(ヴェルタ・パック)」

 1920年代にモータリゼーションが起こったアメリカでは、個人用自動車の普及に伴い、生産した自動車の移動方法の効率化が急務だった。

 1960年代頃まで、有蓋車(ゆうがいしゃ)と呼ばれる貨車で自動車が運ばれていたのだが、1車両にセダン4台が二段、つまり8台しか収納…





まつ毛育毛剤通販