中国軍

中国が「グアムキラー」DF-26弾道ミサイルの発射映像を公開…4枚フィンを装備し「動く標的に命中」と主張!

投稿日:

1: 日本人 ★
 《 中国国営メディアはこのほど、別名「グアムキラー」とも呼ばれる中距離弾道ミサイル「東風(DF)26」発射の様子を映したとする映像を公開した。

 (略) 中国政府系のグローバル・タイムズ紙は28日、DF26にはミサイルの先端付近に4枚のフィンが装備され、これで針路を変更して動く艦船に命中できると伝えた。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

9849561
https://www.cnn.co.jp/world/35131995.html
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1548825841/
続きを読む

続きを読む

-中国軍

執筆者:


関連記事

「中国軍機が韓国防空識別圏に進入」と韓国報道に中国専門家「相手にしなくていい」!

1: たんぽぽ ★
 《 2018年1月30日、環球時報は、中国軍機が韓国の防空識別圏に進入したと韓国メディアが報じたことについて、中国の専門家が「構う必要はない」としたことを伝えた。  韓国軍合同参謀本部は29日、韓国空軍が同日午前に中国軍機1機が離於島(中国名・…

中国海軍が太平洋に米原子力潜水艦を監視する各種センサーを設置か!

1: ■忍法帖【Lv=10,ぶとうか,tdu】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb
 《 ファーウェイ副会長逮捕事件によって米中関係だけでなくカナダ・中国関係もギクシャクしている。実は中国、カナダ、アメリカの間に波風を立てている問題はその事件だけではない。カナダの海洋研究機関が設…

中国が南沙諸島に対艦巡航ミサイルと地対空ミサイルを初配備…軍事拠点化を強化!

1: ニライカナイφ ★
 《 米CNBCテレビ(電子版)は2日、中国が南シナ海の南沙(英語名スプラトリー)諸島に対艦巡航ミサイルと地対空ミサイルを配備したと報じた。  事実であれば南沙諸島へのミサイル配備は初めてで、 》 ここまで一部引用、続きは記事ソースを…

日本の最新型潜水艦「そうりゅう級」は「すごい部分はあるが、恐れることはない」…中国メディア!

1: きつねうどん ★
 《 鳳凰網は、海上自衛隊の「そうりゅう」型潜水艦について「すごい部分はあるが、恐れることはない」とする記事を掲載した。  記事は「海上自衛隊は全体的にバランスの取れた実力と、先進レベルの実力、充実した武器装備を持ち、一定規模かつ強い…

中国空軍が次世代ステルス戦闘機「J(殲)-20」の実戦配備を発表…F-22米戦闘機を意識して開発!

1: シャチ ★
 《 中国空軍は9日、国産の次世代ステルス戦闘機「殲(J)20」を実戦配備したと発表した。レーダーに捕捉されにくい同機の配備を受け、東シナ海や南シナ海の海洋権益拡大に向けた軍の動きが活発化する恐れがある。  米軍のステルス戦闘機、F22を…





まつ毛育毛剤通販