知る

墓だと思ったら風呂だった。マヤ文明時代の人々が使用していた2500年前の蒸し風呂が発見される(グアテマラ)

投稿日:

00_e
image credit:Jarosław Źrałka

 マヤ文明時代を生きていたマヤ人が、宗教儀式、あるいはリラックスするために使ったと思われる、2500年以上前の古代の蒸し風呂が発見された。

 見つかったのは現在のグアテマラのナクム遺跡で、他に陶器の器や黒曜石の道具など、儀式に使われ
たと思われる道具も一緒に見つかっている。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

早く目覚めてくれますように!動けなくなった火星探査機オポチュニティの為に、毎日元気が出る曲を送信中(NASA)

 2004年1月25日、火星に到着したNASAの火星探査機オポチュニティだが、2018年6月1日、火星を覆う大規模な砂塵嵐のせいでソーラーパネルが覆われた。

 これにより太陽光充電ができなくなってしまい、現在もなお地球と交信できなくなったままだ。

 14年の長きにわたり火…

バーコードにも遊び心を。スキャンできるし面白い、15のクリエイティブなデザインバーコード

 今やほとんどの小売り商品についているバーコード。これは、縞模様状の線の太さによって数値や文字を表す識別子で、デジタル情報として入出力できる。

 1967年、アメリカの食品チェーン店が、レジスターの行列を解消させる方策として実用化して以来世界中に浸透した。

1930年代に開発されたアメリカの美顔計測器が恐怖以外見当たらない

 1930年代に開発された美顔計測器(美顔マイクロメーター)は、人の顔の各部位を測定して、メイクによってどこを"隠す"か、どこを"目立たせる"かを特定するための機器である。

 開発者は、あの有名なマックスファクターだ。

 当時、美を追求する女性にとっての救世主だ…

あのかわいらしい鳥に一体何が?シジュウカラが他の鳥を襲い脳を食べていたことが確認される(英研究)

 スウェーデンの国鳥でもある、マダラヒタキ(学名 Ficedula hypoleuca)という小さな鳥は、餌を求め、子供を作るためにアフリカのサブサハラからヨーロッパへと大旅行を行なっている。

 いつもなら特に問題なくヨーロッパに渡り、数ヶ月後には子供を連れてアフリカに行…

一見普通の絵と思いきや…開けてびっくりホラー化決定!大ギャップが楽しめるペーパーアートのビフォア・アフター

 折りたたんだ紙に絵を描く。その紙を開くと絵が変化する。

 隠された部分に何が潜んでいるのか?予想外のものが飛び出して着たりするもんだから、その意外性が楽しいのが仕掛け絵だ。

 アーティストのベン・アヴィリスは、開いた後にお約束のホラーを仕込むのが得意だ…





まつ毛育毛剤通販