海外ニュース

国別のネット利用時間が発表される…最も長いのはフィリピン、日本は?

投稿日:

インターネット利用時間
カナダの“HootSuite Media”が、2018年のインターネット利用時間の調査報告書を発表しました。

それによると最も長くインターネットを利用しているのはフィリピン。

そして気になる日本の順位は……。

続きを読む

続きを読む

-海外ニュース

執筆者:


関連記事

死亡事故は想定内!? 中国で世界初「無人運転バス試験運用開始」の深いワケ

死亡事故は想定内!? 中国で世界初「無人運転バス試験運用開始」の深いワケの画像1
自動運転システムを搭載した実際の路線バス

 現在、世界各地で無人自動運転バスの実証実験が行われ、大きな革新をもたらそうとしている。日本でも、数年以内の実用化を目指している。

 そんな中、お隣中国では、世界に先んじて無人自動運転バスの試験運行が10月にも開始されるという。自動運転技術の安全性もさることながら、交通マナーが非常に悪い中国で、果たして無人自動運転バスの運行は可能なのだろうか?

「連合早報」(9月19日付)」によると18日、広東省深セン市で《2017年・路線バス無人自動運転記念》なるイベントが開催され、地元の政府関係者などが参加した。

 同市では、市内の路線バスのうち2路線で、無人自動運転バスの運行をスタートさせるという。

 1019の路線に1万279もの停留所が存在する同市では、毎日延べ474万の乗客がバスを利用している。今後、安全性を十分に考慮した上で、全路線バスに無人自動運転技術を導入していく方針だという。

死亡事故は想定内!? 中国で世界初「無人運転バス試験運用開始」の深いワケの画像2
上海市内にある、無人コンビニ店舗《BingoBOX》

 実は、中国では現在、国を挙げて自動運転技術の開発を行っている。中国ネット検索最大手の「百度(バイドゥ)」は今年、フォード・モーター社、ダイムラー社、インテル社など世界50社と共同で、自動運転技術の研究を開始した。《アポロ計画》と名付けられた同プロジェクトは、AI技術を用いて自動運転システムを研究していくという。2020年12月には実用化される見通しだともいわれている。

 無人運転の公道運用で世界をリードする理由について、中国事情に詳しいジャーナリストの奥窪優木氏はこう話す。

「日本や欧米諸国では、死亡事故でも起きようものなら計画自体が頓挫することになるので、自動運転の試験運用にはかなり慎重にならざるを得ない。一方、中国では死亡事故の1つや2つで国家的プロジェクトが止まるようなことはないため、イケイケドンドンが可能なのです。中国の世論にも安全性を疑う声はありますが、市民の交通マナーの悪さから死亡事故が頻発しているので、『人間の運転よりは自動運転のほうが安心できる』という声も多数あります」

 果たして世界初の試行運転がうまくいくのか、注目だ。
(文=青山大樹)

立ち退きを拒否した中国の住居…市が道路を通すために斜め上の解決を図る

都市開発の激しい中国では強引な立ち退きも多く、住人が最後まで抵抗して、新しい道路の真ん中に住居がポツンと残るケースも珍しくありません。

こちら、広東省広州市の集合住宅も、道路を通すために取り壊す計画が、住民の立ち退き拒否によって難航しました。

その結果…

アート史に残る珍事…1億5000万円のバンクシーの絵画、落札直後に仕掛けが作動しシュレッダーで切り刻まれる

ストリートアートを世界各地にゲリラ的に描く覆面アーティスト、バンクシー。

彼の代表作「少女と風船」がオークションで104万2000ポンド(約1億5000万円)で落札されたのですが、その直後に前代未聞のハプニングが起きました。

バンクシー自身が額縁に仕込んだシュレッダ…

つくばエクスプレスが「20秒早発」で謝罪…BBCが驚きをもって報じる

つくばエクスプレスが今週初め、定刻より20秒早発したことで「確認が不十分だった」と謝罪しました。
(9時44分40秒に出発する予定を、9時44分20秒に出発)

乗客からの苦情はなく、日本国内でもさすがに細かすぎではないかとの声も上がっていましたが、イギリスBBCニュース…

ノルウェーで“いかさま”に使用したとみられる中世のサイコロが出土…よく見ると何かおかしい!?

サイコロは紀元前のはるか昔から使用されてきたので、ヨーロッパ中世の遺跡から発見されても珍しいことではありません。

ところがノルウェーのベルゲンで発掘された600年前の6面ダイスは、他とは明らかに違う奇妙な作りになっていました。

“いかさま”用とみられるサイコ…





まつ毛育毛剤通販