未分類

【こんなに!】トランプ政権を去った良識的な人々…

投稿日:


この記事は私がまとめました

とうとうマティス国防長官までトランプ大統領の元を去りました。トランプ政権はどうなってしまうのでしょう。米国にとって、または世界にとって重要な役割を果たしていた人たちをご紹介します。

m.satoakiさん

〇マティス国防長官

トランプ大統領のブレーキ役となっていたマティス氏の辞任に、日本政府内からは不安の声が漏れている。

その背景には、シリアをめぐって「大統領とエルドアン・トルコ大統領の思惑の一致」(ベイルート筋)という“裏取引”が浮かび上がってくる。マティス国防長官はトランプ氏に撤退を思いとどまらせようと最後の説得を試みたが失敗、抗議の辞任に踏み切った。

プライベートでは戦史・戦略の研究に時間を費やし、結婚もせず子供も居ないため『戦う修道士(Warrior Monk)』、海兵隊時代には部下を心服させ、粘り強く戦い続ける歴戦の実戦指揮官としての名声から『荒くれ者、狂犬(Mad Dog)』などと呼ばれていた。

〇ティラーソン国務長官

「実際、かなり馬が合っていたけれども、意見の食い違いがあった。イラン合意について言えば、僕は最悪だと思うが、向こうはいい内容だと思っていたんだろう。僕は(合意を)取り消すか何かしたかったけれども、彼の意見は少し違っていて、だから意見が一致していなかった」と、トランプ氏は述べた。

一方で国務省は、ティラーソン長官は大統領と会話していないし、更迭理由についても「承知していない」と明らかにした。

⇒ 2018年12月にマスコミのインタビューに答えている

ティラーソン氏は在任中、「こういうことを、こういう風にやりたい」と主張するトランプ氏に対し、頻繁に「大統領、それは違法なのでできません」と諭さねばならなかったという。同氏は、「私は率直なやり方以外、どのように彼と対峙すべきか分からなかった」「彼(トランプ氏)は、『それはできません』と私に毎日言われることに疲れたのだろう」と述べた。

 またティラーソン氏はトランプ氏が「きわめて規律を欠いている」と語り、規律が整い、プロセス指向の強いエクソンモービル社CEOの身から一転して、「読書が嫌いで、ブリーフィングの報告書を読まず、さまざまなことの詳細を考えるのが嫌いで、ただ『私はこう信じる』と言う男のために働くのは難しかった」と付け加えた。つまり、ティラーソン氏は半ば堂々と、「トランプ氏は大統領として人格的にふさわしくない」と語ったのである。

〇ジェームズ・コミーFBI長官

コミー氏は米大統領選時でのトランプ氏陣営とロシアの関わりの捜査を仕切っている際に更迭されていた。その後、米上院の公聴会に出席し、国家安全保障担当の元大統領補佐官が対象となったロシア疑惑捜査の打ち止めをトランプ氏から求められたとの事実も明かしていた。

2017年6月8日、ロシアゲートに関し、コミー前米連邦捜査局(FBI)長官は米上院情報特別委員会の公聴会で証言した。 コミーは席上、ロシアが米国の大統領選挙に干渉したことは「疑いはない」と述べた。ドナルド・トランプ大統領から大統領自身が捜査対象ではないと公表するよう要求されたが、そうすると捜査状況に変化が生じた時に内容を訂正する義務が生じる可能性があるため、公表しなかったと説明している。トランプ大統領が、コミーに対して大統領への忠誠を求めたことには、行政機関においてFBIは伝統的に独立した地位にあるため、不安に感じたと説明した。

ジェームス・コミー前FBI長官の回顧録『A Higher Loyalty(より高き忠誠心)』は、「まるでマフィアのボスの儀式のようだと思った」と書いている。

また、トランプ政権を山火事にたとえ、「米国の基準や伝統が焼き尽くされる恐れがある」とも述べている。

〇国家経済会議(NEC)のコーン委員長

ゴールドマン・サックスの元最高執行責任者(COO)だったコーン氏は、トランプ大統領が指名した金融業界出身の高官の1人。

ホワイトハウス関係者によると、トランプ大統領が前週に鉄鋼とアルミニウムの輸入製品に高い関税を課すことを提案する前、コーン氏をはじめとする自由貿易主義者らと、国家通商会議のピーター・ナバロ議長ら保護貿易主義的な顧問らの間で激しい議論が交わされたという。

〇マクマスター大統領補佐官

トランプ氏はマクマスター氏について、頭が固すぎる上、説明が長く、的外れな内容に思える、と不満を漏らしていたという。

マクマスター氏の退任劇は、ホワイトハウス高官とされる人物のメディアへのあるリークの翌日に起こった。リークの内容は、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領の再選を祝うべきではないと助言する報告書をトランプ大統領が受け取っていたというもの。トランプ氏はそれにもかかわらず、プーチン氏に祝意を伝えている。

〇ジェフ・セッションズ司法長官

セッションズ氏は2016年の大統領選挙でトランプ候補を支持した最初の上院議員だったが、ロシア疑惑の捜査から身を引いたことなどを理由にトランプ氏から繰り返し批判を受けてきており、解任は以前から予想されていた。

 トランプ大統領はセッションズ氏に対し、不法移民に対して十分に厳しい措置を取っていないとして公然と非難を重ねたほか、大統領選でのトランプ陣営とロシアの共謀疑惑やトランプ大統領の司法妨害疑惑をめぐるロバート・モラー(Robert Mueller)特別検察官の捜査を擁護していると批判していた。

〇ジョン・ケリー首席補佐官

ケリー氏は国家安全保障長官に就任に際し、「メキシコ国境の壁(いわゆるトランプの壁)の建設は2年以内に完成するだろう、準備期間は数か月しかかからない」と話していましたので「良識派」とは言えなかもしれません。

海兵隊出身のケリー将軍と大統領の関係が悪化していたという報道が、このところ続いていた。大統領がケリー氏に辞任圧力をかけたという報道もある。

ケリー氏は最初は国家安全保障長官としてトランプ政権に入り、昨年7月から前任のラインス・プリーバス氏の後任として、首席補佐官になった。情報漏えいと内部対立が相次ぐトランプ政権に、軍人ならではの規律をもたらすために選ばれたとの見方もある。

2人の関係はここ数日間、言葉も交わさないほど冷え切っているという。

続きを読む

-未分類

執筆者:


関連記事

「この漫画家ほんと才能あるなあ…」と思ったシーン

「この漫画家ほんと才能あるなあ…」と思ったシーン 1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/23(日) 00:57:15.79 ID:9788eO5L0 彡(゜)(゜)「ワイはアドルフ・ヒ …

権力の乱用?壁建設を目指し米トランプ大統領が「国家非常事態」を宣言

この記事は私がまとめました アメリカ・トランプ大統領による非常事態宣言についてのまとめです asuho_manさん アメリカ・トランプ大統領が「非常事態宣言」を発令 アフロ U.S. Presiden …

トランプ米大統領が19日にツイッターで予告した重大発表とは【最新速報】

この記事は私がまとめました 2019年1月20日AM6:00時点の最新速報です。トランプ米大統領が2019年1月19日にツイッターで予告した重大発表の速報と周辺情報をあわせてまとめました。 REVAN …

やっぱり結婚する上で母親の介護がついてくるって女の人は嫌がるよね・・・

やっぱり結婚する上で母親の介護がついてくるって女の人は嫌がるよね・・・ 1:名無しさん@おーぷん:2017/07/23(日)12:45:48 CTn やっぱり結婚する上で母親の介護がついてくるって女の …

海外「もっと日本人と交流したい!」翻訳機を使って浅草を楽しむ日系女子に、外国人もほのぼの♪

海外「もっと日本人と交流したい!」翻訳機を使って浅草を楽しむ日系女子に、外国人もほのぼの♪ AKA Musio X 英語学習AIロボット 【日本正規代理店品】 MSX510017SBニュージーランド出 …





まつ毛育毛剤通販