知る

血液から採取したDNAで体年齢を把握。健康な100歳以上の人は20代のDNA配列に似ている(英・伊共同研究)

投稿日:

iStock-852617440_e

 いぎりす・ブラウン大学とイタリア・ボローニャ大学の研究者が、DNAから数え年ではなくて、体自体の年齢を把握できるかもしれない指標を発見したそうだ。

 それは細胞の中ではなく、血液の中に浮かんでいるセルフリーDNA(cfDNA)の中で見つかったある違いである。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

最先端の便秘治療。モーター内蔵のカプセルを飲み機械的な刺激で便意を引き起こす「バイブラント・カプセル」

 たかが便秘、されど便秘。どう頑張ってみてもどうにもならず、不快な思いをした経験がある人も多いだろう。

 植物繊維を摂取してみたりマッサージしてみたりはたまたウナギをお尻に入れるというマネ厳禁な民間療法を試してみたり(関連記事)してもダメなものはダメ。無理…

だってオーストラリアだから。オーストラリアの巨大な7つの生物たち(※クモ・ワニ出演中)

 南半球にあるオーストラリアは北半球とは違う生態系を持っている。「オンリーオーストラリア」とタグづけられた画像を見ると、巨大生物がうようよと。

 昆虫やヘビですらでかいのだ。

 ここではネット上で話題となった7つの巨大動物たちを見ていこう。

青銅器時代、キツネは家畜化されていた(スペイン)紀元前3千世紀から2千世紀

 紀元前3千世紀から2千世紀にかけて、ヨーロッパのイベリア半島北東部では、人間と動物を一緒に埋葬するという習慣が広く見られた。

 そうした動物の中には犬はもちろんのこと、キツネも含まれていたという。

 キツネも家畜化されていたようで、飼い主と食べていたも…

遠い宇宙から飛んできた記録的な数の「高速電波バースト」が検出される。その数は一気に2倍に(オーストラリア研究)

 オーストラリア州にある巨大な電波望遠鏡によって、ここ1年間で20という記録的な数の未知の天体現象「高速電波バースト」が検出された。

 高速電波バーストは2007年以降その存在が確認されたが、この1年で一気に倍増した形となる。そのいくつかは、これまでで最も近くか…

人間はそういう風にできているのか?奇妙な10の心理効果

pixabay
 良くも悪くも、あらゆる人間が心理効果に操られている。

 よく知られたものから、幸いにしてあまり知られていないものまで様々であるが、いずれにせよ、その複雑な作用は理屈や感情を上回る。

 ここではそうした、奇妙でありつつも、どこか恐ろしさを感じさせ…





まつ毛育毛剤通販