鉄道

鉄道のエネルギー効率は自動車や飛行機を圧倒的に上回る!

投稿日:

1: しじみ ★
 《 これまで数十年にわたりホンダ・シビックに乗り、年間10万マイル(16万km)を飛行機で移動していて「自動車と飛行機に対して敵意はない」という科学者のヴァーツラフ・スミル氏が、高速鉄道のエネルギー効率の良さを説いています。

 スミル氏が愛用するシビックの場合、街乗りで1人の乗員が移動するのに必要なエネルギーは1kmあたり2メガジュール(MJ)。2人で乗るなら、1人あたりの必要エネルギーは半分の1MJに減ります。車に比べると飛行機は驚くほど効率的で、1人・1kmあたりの必要エネルギーは1.5MJ未満に抑えられています。 》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

9a69f97e
https://gigazine.net/news/20181227-fast-train-energy-efficient/
引用元: ・http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1545894886/
続きを読む

続きを読む

-鉄道

執筆者:


関連記事

インド~ロシアに新たな物流回廊、イラン国内経由…旧ソ連のカフカス地域の地政学上の重みが増す!

1: しじみ ★
 《 インドとロシアを南北に結び、欧州に延びる新たな物流回廊が実現へ動き出した。経由するイラン国内の鉄道を2020年にも完成させ、全線開通を目指す。  短い輸送時間を武器にスエズ運河を通る海路の代替を狙い、一部で中国の広域経済圏構想「一帯一路」と…

未来の交通システム「ハイパーループ」の実物大カプセルが公開…乗客を乗せ時速100キロで走行!

1: みつを ★
 《 乗客を乗せて時速1000キロで移動する未来の交通システム「ハイパーループ」の実物大カプセルが、2日にスペインで初披露された。  ハイパーループは実業家のイーロン・マスク氏が打ち出した構想で、低圧力の鋼鉄チューブの中を、旅客機に匹敵する…

一日使える無料乗車券配布で話題沸騰! 23区のローカル線「池上線」でどこへ行く?

<p> 来たる10月9日(月・祝)。東急池上線が、開通90周年を迎えたことを記念して、始発から終電まで、一日乗り降り無料乗車券を配布することになり、反響を呼んでいる。</p>

<p> 東急池上線は、1922年に池上本門寺の参詣客の輸送を目的に、蒲田~池上間で開通。その後、1928年に蒲田~五反田間が開通したもの。当初は</p>

268両編成の無人貨物列車が時速約100キロで92キロ暴走、管理センターが故意に脱線させ止める…オーストラリア!

1: ばーど ★
 《 オーストラリア運輸安全委員会(ATSB)は5日、西オーストラリア州で、鉄鉱石を積んだ貨物列車が無人のまま時速約100キロで92キロ走行したと明らかにした。貨物列車はその後、故意に脱線させた。けが人はいないという。  ATSBによれば、…

超高速輸送システム「ハイパーループ」が時速1200キロへ…減圧トンネルを走行!

1: ばーど ★
 《 減圧した専用トンネルの中を列車が高速で走る超高速輸送システム「ハイパーループ」が海外で注目を集めている。米スペースX創業者、イーロン・マスク氏が技術設計を支援しているほか、中国やインドでは実用化の構想も進んでいる。 》 ここまで一部引用…





まつ毛育毛剤通販