中国

中国版GPS「北斗」が全世界で運用開始、2020年予定を前倒し…アメリカに対抗して開発!

投稿日:

1: ばーど ★
 《 中国政府は、「中国版GPS」とも呼ばれる独自の衛星測位システム「北斗」について、27日から全世界で運用を始めたと発表しました。

 中国の衛星測位システム「北斗」は、中国がアメリカのGPSに対抗して開発を始めたもので、2012年からアジア太平洋地域を中心に運用しています。中国政府は、この1年で最新の衛星を19機打ち上げるなど、システムの構築を加速させていて、27日、全世界で運用を始めたと発表しました。全世界での運用は、当初、2020年ごろの開始を予定していましたが、事実上、前倒しした形です。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

9641
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181227/k10011762001000.html
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1545920570/
続きを読む

続きを読む

-中国

執筆者:


関連記事

訪中した文在寅が『出迎えの段階でコケにされる』悲劇が発生。北京で道化として活躍中

1:荒波φ ★ :2017/12/14(木) 08:39:59.08 ID:CAP_USER.net
中国を国賓訪問するため13日に北京首都国際空港に到着した文在寅(ムン・ジェイン)大統領に対し、本来出迎えに来るべき韓国の盧英敏(ノ・ヨンミン)駐中国大使の姿はなかった。盧大使は文大統領の到着した時間…

インドネシア高速鉄道が『世にも無様な有り様』を呈して現地高官が激怒。中国側が叱責された模様

1:ニライカナイφ ★:2018/04/06(金) 13:14:46.20 ID:CAP_USER
◆中国の高速鉄道外交に「難題」、インドネシアで「建設が遅すぎる」と批判の声=中国メディア中国は国家戦略として高速鉄道の輸出を推進しており、日本をライバル視している。インドネシアの高速鉄道を巡って…

学生「世界史で満州事変は日本の一方的な侵略、南京事件はあったと習って先生におかしいと言うと「それは日本の目線であって世界目線で通用しない!」と言われた…」

【動画】
南京戦の真実を追求する会第九回講演会元TBSアナウンサーの鈴木史朗さん#南京事件 #南京戦 #鈴木史朗 #阿羅健一 pic.twitter.com/9wyEUdZZFz— チャンネル写楽TV (@Jon2hz7wo5iQ) 2018年12月15日

 

「宇宙強国」目指す韓国が新型ロケットを打ち上げへ、先代は3回のうち2回失敗…中国メディア!

1: 荒波φ ★
 《 韓国紙・中央日報電子版の16日付報道によると、韓国航空宇宙研究院が14日、10月に発射予定の同ロケットの模擬ロケットを全羅南道高興外羅老島の発射台まで運んだ。模擬ロケットは実物と同じ寸法だが打ち上げることはできないとのことで、実物の発射に向…

米国で中国のスパイ狩り始まる!? → 慰安婦問題糾弾でも急先鋒の上院議員の中国系補佐官が工作員だとメディアが一斉報道www

米国上院の有力議員の補佐官が司法当局から中国政府のスパイと断じられていたことが判明した。この人物は日本の慰安婦問題でも長年、日本を糾弾し、いまもそのための在米組織の中枢にあることも分かった。【古森義久の緯度経度】https://t.co/PxcuQlWW3O— 産経ニュース…





まつ毛育毛剤通販