海外ニュース

8歳少女がサンタさんに風船を飛ばしたら国境を越えて…隣国の夫婦が願いを叶える

投稿日:

サンタさんへのお願いを風船で飛ばしたら00
アメリカ南部の男性が犬の散歩をしていると、手紙の付いた赤い風船を発見しました。

手紙はスペイン語で、メキシコの8歳の少女がクリスマスに欲しいものをサンタさんにお願いしたものだったのです。

「クリスマスの子どもの願いを叶えないわけにはいかない!」と男性と妻は国境を越えてプレゼントを渡しに行くことにしました。

続きを読む

続きを読む

-海外ニュース

執筆者:


関連記事

売り子の少女が男性客に抱きつき、ほっぺにチュー! 夜市で過熱する「花売り商戦」

<p> 9月に入り、中国の学校でも新学期が始まったが、8月の夏休み期間中、夜市では小学生の少女たちが花束を売っていた。ただ、その方法というのが尋常ではなかったため、ネットニュースで取り上げられることとなった。</p>

<p>「看看新聞」によると、場所は貴州省の省都・貴陽市。夜になると、繁華街では屋台が並び、多くの市民が食事や夜食を求めてやってくる。そして深夜1時すぎになると、7~歳くらいの小学生の少女数人が現れ、いくつもの花束を抱えて、食事をしている人たちの間を練り歩いていく。</p>

<p> 少女たちは彼らに花束を売っているのだが、そう簡単には買ってもらえない。すると、少女たちは男性客にいきなり抱きついて買ってくれるまで離れず、中には無理やりほっぺにキスをして、買ってくれるよう迫る子も。</p>

NASAの火星探査機「インサイト」が 着陸に成功、太陽系の謎に迫る…海外の反応

NASAの火星探査機インサイト“InSight”が11月27日早朝(日本時間)に火星着陸に成功しました。

今後2年間に渡り火星の内部構造を調査し、太陽系の惑星の誕生の秘密を探るとのことです。

囚人がカミソリで自分のペニスを切りつけ、瀕死の状態に……

囚人がカミソリで自分のペニスを切りつけ、瀕死の状態に……の画像1
イメージ画像(photo by yaybiscuits123 from flickr.)

 海外で、男が自分のペニスを切りつける事件が相次いでいる。

「Mirror.co.uk」(8月3日付)によると、イギリスの刑務所で、囚人が看守から渡された使い捨てのカミソリで自身のペニスを切りつけ、瀕死の状態に陥っていたことがわかった。

 この男は7月7日に麻薬や銃器犯罪の容疑で逮捕され、同10日から裁判所に出廷していた。

 看守が男を発見したとき、ペニスは血だらけで、辛うじてぶら下がった状態だったという。すぐさま病院へ搬送され、計26時間に及ぶ手術の末、男は一命を取り留めたが、男の息子は「父には自傷癖があり、1週間前の拘留中にもリストカットの前兆があった。それなのに、なぜカミソリを与えたのか?」と、刑務所側に説明を求めている。

 一方、アメリカ・シカゴでは、ペニスから血を流した全裸の男が大暴れしている。

「INDEPENDENT」(7月26日付)によると、同24日、駐車してあった車を次々と傷つけて回る全裸男が登場。カメラを回し始めた撮影者を罵倒し、通報によって駆けつけた女性警察官に襲いかかった。危険を察知した警察官はテーザー銃を使用し、男を拘束したという。その後、男がどうなったのかは明らかにされていないが、この奇行は合成麻薬の影響だとみられている。LiveLeakにアップされた動画では、まるで動物園の檻の中で暴れる野獣のような男の股間から大量に出血しているのが確認できるが、どの程度切ったのかはわかっていない。

 自分のペニスを傷つけるとは、想像しただけで失神してしまいそうだが、2人の回復を祈りたい。

イタリアのピサの斜塔、少しだけ真っ直ぐになっていたことが判明する

観光客が支える記念写真を撮ることでおなじみの、イタリアのピサの斜塔。

20世紀末には傾きが大きくなりすぎ、倒壊を防ぐため1990年に閉鎖して大掛かりな補修工事が行われました。

そんなピサの斜塔ですが、最近の調査で傾きが4cmほど戻っていることがわかりました。

オーストラリアで268両の貨物列車が暴走…脱線させて止める

オーストラリアの内陸部で、運転士不在のまま268両の貨物列車が暴走するハプニングが起きました。

1時間にわたって列車は爆走、やむをえず脱線させて止める決断が下されました。





まつ毛育毛剤通販