中国軍

火を噴くJ-10中国軍戦闘機…模擬地上ターゲットにロケット弾を発射!

投稿日:


 中国空軍のJ-10戦闘機が模擬地上ターゲットにロケット弾を発射、パイロットは超低高度の侵入と精密攻撃能力を調整しました。

8cdcd42dcac31d5ca32c44
http://japanese.china.org.cn/
引用元:http://japanese.china.org.cn/
続きを読む

続きを読む

-中国軍

執筆者:


関連記事

中国軍の戦闘機による特異な飛行事例が増加…防衛省!

1: ハンバーグタイカレー ★
 《 一方で、2017年12月、初めて対馬海峡を通過するなど、中国軍の戦闘機による特異な飛行事例が23件と、前の年度の同じ時期に比べ、ほぼ倍増していることもわかった。 》 ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。 https://head…

中国軍機の宮古海峡飛行に日本が過剰に反応する3つのポイント…中国メディア!

1: ■忍法帖【Lv=9,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb
 《 記事によると、中国軍のTU154情報収集機1機が18日、沖縄本島と宮古島の間の宮古海峡上空を通過したことを受け、航空自衛隊はF15戦闘機を緊急発進(スクランブル)させるなどして対応した。  これについて…

中国が日本のEEZ内に新たな海上ブイを設置、軍事目的で海中の潜水艦スクリュー音などを収集か…尖閣諸島周辺!

1: ばーど ★
 《 尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の日本の排他的経済水域(EEZ)内で、今年に入り、中国が新たに海上ブイを設置したことが2日、分かった。気象観測のほか、軍事目的で海中のデータを収集している可能性がある。中国が領有権を主張する尖閣周辺のEEZ…

中国の国産空母が年内就役へ、年末年始の試験航海で艦載機の発着も実施…建国70年で「強軍」象徴!

1: シャチ ★
 《 (略) 今月1日付の共産党機関紙・人民日報は、国産空母計画の進展状況について「想定した目標を達成している」と報道。 同紙系の環球時報などによると、国産空母は年末年始にかけ黄海北部で4回目の試験航海を行い、艦載機の発着が初めて行われたもよ…

台湾侵攻の準備?中国軍機が頻繁に台湾上空を周回飛行…最新の軍事情報を集めるような飛び方!

1: きつねうどん ★
 <朝鮮半島の緊張を後目に、中国軍機が頻繁に台湾上空を飛ぶようになった。以前のような単なる威嚇ではなく、まるで最新の軍事情報を集めるような飛び方だ>  軍事専門家によれば、中国が最近、台湾の周囲を回る「周回飛行」を増やしているのは台…





まつ毛育毛剤通販