ちょっといい話

たった1人残った84歳のおばあちゃんが町長からレストラン経営まですべてを切り盛りする…ネブラスカ州の町モノウィ

投稿日:

住民が1人しかいない村モノウィ00
アメリカ・ネブラスカ州の町モノウィ“Monowi”には住人がたった1人、84歳になるエルシー・アイラーさんしかいません。

彼女は町長であり、司書であり、飲食店オーナーであり、事務員でもあります。

他の住人や子どもたちも去って行き、夫を亡くして以来、彼女だけでこの街を維持しているのです。

続きを読む

続きを読む

-ちょっといい話

執筆者:


関連記事

「ママがニュースキャスターだと…こんな特別な写真が撮れる」20年以上前の思い出の1枚

親がテレビのニュースキャスターをしている子どもは、そう多くはいません。

母親がニュースキャスターをしていたという男性の、一般とは違う思い出の写真をご覧ください。

年老いた男性が「昔の約束」を果たす…真の友情だと感動を呼ぶ

年老いたアメリカ人男性が、親友と交わした古い約束を果たしたときの姿が、海外サイトで多くの反響を呼んでいました。

いったいどんな約束だったのでしょうか……写真をご覧ください。

「卒業式の日、友情の記念にネクタイを学校の柵にぶら下げた…」→9年後に見に行ったときの写真がこちら

2009年のイギリスのとある高校の卒業式。あるグループは友情の記念として校舎の柵にネクタイを結んだそうです。

それから9年が過ぎた今年、久しぶりに母校を訪れた際に「まさか残ってたりしないよね」と思いつつも、一応確認しに行ったそうです。

すると……ネクタイはま…

保育士の悩み「これを両親に秘密にするのは不親切? それともやさしさ?」

正直であることが必ずしも皆の幸せに繋がるとは限りませんが、保育士という職業でも、判断に悩むことがあるそうです。

「やさしさなのか否か」を考えさせるウソが話題になっていました。

最高の誕生日プレゼントだと涙する少女、その理由は…兄弟姉妹全員の養子の許可証だった

子どもが誕生日にもらって一番うれしいプレゼントは何でしょうか。

たいていは、おもちゃやお気に入りのグッズだと思いますが、もしお父さんとお母さんがいない子どもだったら?

とある女の子がもらって涙したのは……養子の許可証でした。





まつ毛育毛剤通販