海外ニュース

【画像あり】アメリカ人、口から気管支樹の形をした血の塊が飛び出す

投稿日:

1: 風吹けば名無し 2018/12/08(土) 15:16:36.21 ID:yOpAal3X0
大学病院に搬送されたある米人男性が、激しい咳をした際に”肺の形をした異物”を吐き出してしまう出来事があったようだ。
医学雑誌NEJMで症例が報告されている。

・米人男性(36)が慢性心不全でカリフォルニア大学病院に搬送された
・患者は入院中もずっと喀血(咳と一緒に血が出る)の症状をみせていたが、
ひどい咳をした際、肺にある「気管支樹」の形をした血塊が口から飛び出した
・空気の通り道となる「気管支樹」は樹木の形をしている。男性患者の体内から出てきた
それもしっかりと原型を留めていた

https://www.dailymail.co.uk/health/article-6464419/Man-36-literally-coughed-LUNG-hospitalized-heart-palpitations.html
https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMicm1806493
no title
続きを読む

続きを読む

-海外ニュース

執筆者:


関連記事

これが今回のラスベガス乱射事件の7つの謎や

1: 名無しさん@おーぷん 2017/10/15(日)18:00:45 ID:CM1
一個ずつ詳細書いていくで1. 使われたすべての薬莢がない2. なぜ熱い薬莢や銃が置かれたカーペットに焼け焦げがないのか3.犯人の使った自動小銃ではほぼ射程距離外4. なぜ警察は72分応答していなかったのか5…

名門大学で美人JDの“5分間”シェアリングが開始!? 「あんなことや、こんなことまで……」

<p> 先日、ラブドールのシェアリングサービスが登場した途端、当局に摘発された事件をお伝えしたばかりだが、今度はミスキャンパスをシェアする試みが行われている。</p>

<p> 場所は北京交通大学のキャンパス。創立1896年という、理工系の名門大学である。</p>

<p> 新学期が始まってまだ1カ月もたっていない先日、キャンパス近くの学生寮エリアに突然、パステルピンクの派手な舞台が設置された。</p>

<p> 看板に大きく書かれているのは「共享校花」の文字。「共享」はシェアする、「校花」はいわばミスキャンパスのような美人女子大生を意味し、つまりは“キャンパスの花をシェアしよう”ということである。<br />
</p>

生きるためには仕方ない? 中国で「孤児ファイトクラブ」が物議

生きるためには仕方ない? 中国で「孤児ファイトクラブ」が物議の画像1
悲壮な表情で格闘を行う少年たちの実際の様子(騰訊視頻繁)

 長い歴史のある闘牛や闘犬に対してですら、世界的な批判の声が高まっているが、中国には親を失った孤児同士をまるで牛や犬のように戦わせ、見世物とする団体が存在するようだ。

 先日、ネット上で「格闘孤児」というタイトルの動画が公開され、そこには小中学生と思われる少年2人が格闘技場のようなステージの上で、激しく殴り合う様子が映し出されていた。この動画は数日間で、1,200万超の再生回数を記録した。 

「京華網」(7月23日付)によると、孤児同士を戦わせていたのは、2000年に四川省成都市内で設立され、これまで400人の孤児を預かってきた保護施設。孤児たちのほとんどは両親と死別したり、育児放棄されて親との同居がかなわない子どもたちだ。この施設の責任者である恩波(エン・ボー)氏は、テロ鎮圧のために組織された中国版SWAT「特警」の元メンバーで、00年の退職を機に、今回の格闘孤児の育成を思いついたという。

生きるためには仕方ない? 中国で「孤児ファイトクラブ」が物議の画像2
施設の責任者である恩波氏
生きるためには仕方ない? 中国で「孤児ファイトクラブ」が物議の画像3
試合前の少年。不安そうな顔が印象的だ

 恩氏は、子どもたちが将来、犯罪の道を歩まないようにという願いも込めて無償で施設運営を行っていると主張。施設の子どもたちは、その代償として格闘技を学び、施設が定期的に開催する格闘技イベントに出場するのだという。もちろんファイトマネーなどは子どもたちに一切支払われていない。

 この施設で暮らす14歳の少年は「試合が始まる前、鉄の格子の中に入れられる瞬間がとても怖いです。ここでの生活は疲れるし、本当につらいです。でも、両親は亡くなっているので、ここで生活するしかありません」と明かしている。

 中国教育部(日本の文部科学省に相当)は、「この施設は児童福祉に関する法律に抵触している可能性があり、調査をすると同時に、すぐに児童を保護し、学校に通えるよう手配を進める」と表明している。

 しかし、ネット上では「この施設がなくなったら、孤児たちの生活はどうなるのか?」という心配の声も上がっている。社会福祉が未整備の中国では、この施設のように衣食住の心配なく孤児たちが暮らせる環境は、そうそうないのである。
(文=青山大樹)

ドイツのスーパーが人種差別の反対アピールの一環で…外国産を取り除くとどうなるかをやってみた

人種差別はいろんな意見のある難しい問題ですが、ドイツのスーパーマーケットが差別発言やそれに関する抗議の一環でユニークなアピールを実施しました。

店内の棚から外国産の食品を全て取り除いたのです。

するとどうなったかと言うと……。

ロバを獣姦したモロッコ少年15人、“狂牛病パニック”で病院に駆け込む

ロバを獣姦したモロッコ少年15人、狂牛病パニックで病院に駆け込むの画像1
イメージ画像(足成より)

 行きずりでおイタした相手が病気持ちであることが判明し、慌てて病院に駆け込んだという経験のある人は、男女問わずいることだろう。

 それと似ているようで、まったく次元の異なる事件が、モロッコで話題となっている。

 モロッコ紙「アル・アフバール」によると、8月のある日、同国の田舎町で10代の少年15人が病院に駆け込み、狂犬病の治療を受けたという。

 少年たちは地元の少数民族で、下は7歳から上は15歳まで。彼らは村にいるロバを獣姦したところ、のちにそのロバが狂犬病にかかっていることがわかり、恐怖に駆られた親に連れられて、慌てて病院に駆け込んだのだという。

 狂犬病はウイルスを病原体とする病気で、動物から人へも感染する。また、日本語では犬の病気のように思われており、実際に犬から感染することが多いが、哺乳類の動物ならどれでも感染する恐れがあり、例えば牛や馬、猫、コウモリなどから人に感染することもある。

 狂犬病は、それにかかった動物にかまれたり、傷口や体の粘膜部をなめられたりすることで感染するが、いったん発症すると死に至るケースも多く、WHO(世界保健機関)の発表によると、世界中で毎年数万人が狂犬病で死んでいるものと思われ、そのほとんどがアフリカとアジアの国々の人たちだという。

 ちなみに日本では、野犬の駆除や飼い犬へのワクチン接種の義務化などで、1957年(昭和32年)以降、狂犬病の人へ発症は確認されていない。

 今のところ病院で治療を受けたのは15人とされているが、両親が村人たちからの嘲笑を恐れて、子どもをこっそりと別の村の病院へ連れていったケースも考えられ、さらに人数が多い可能性もあるという。

 ちなみに狂犬病を発症したロバは、殺処分になったという。

 性欲あふれる村の少年たちの若気の至りが招いた今回の事件だが、これに懲りて、これからしばらくは自分の手だけをお相手とすることだろう。





まつ毛育毛剤通販