知る

我々はいかにして記憶し、いかにして忘却するのか?(米研究)

投稿日:

memory-2021124_640_e

 我々はどのように記憶し、どのようにその記憶を忘却するのか?アメリカ・フロリダ州にあるスクリプス研究所の研究チームは、ミバエを使って、脳の記憶に関する研究を行っている。

 彼らがシナプスという神経細胞同士の接合部分の変化を解析した結果、たった1つの神経細胞が記憶に関する学習プロセスと忘却プロセスの引き金を引いていることが明らかになった。

 「このシステムは、重要性が低く、かならずしも長期間保持している必要のない記憶を削除するためのものだと考える」とスクリプス研究所のジェイコブ・ベリー氏。

 「このすべてを同じニューロンでやるのだから、エレガントである。」
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

小人が来たぞ~!?手の指を足型にしちゃうとかいう最新ネイルアート

image credit:nail_sunny
 たかが爪、されど爪。ネイルアートの進化はありとあらゆる方向に進んでいる。スカルプやジェルネイルなど、素材的にはここ数年変わっていないのだが、その加工の仕方が凄い。

 ロシアのネイルサロン「nail_sunny」がインスタグラムで公開したネ…

早く預けたはずなのに…空港で預け入れ荷物を早く受け取るための3つの方法【ライフハック】

 飛行機の普及により海外が身近となった。日本からの海外旅行者も年々増加しているという。様々な異文化に直接触れることができる海外旅行は、価値観を見直し、自分を大きくさせてくれる良い機会となる。

 だが旅には荷物がつきもの。何泊も宿泊するとなると、手荷物だけ…

体が風船のようにパンパンに膨れてしまったダイバー。減圧症(潜水症)の恐ろしさ(ペルー)

 アレハンドロ・ラモス・マルチネスは、ペルーのピスコ出身の漁師ダイバーである。その彼が風船男として報道され話題となっている。

 彼は水深30メートルから急激に浮上したため、血中に溶けていた窒素が気泡になって筋肉に付着、そのせいで体がパンパンに膨らんで風船の…

海外で過ごす時間が長いほど、自信や自己が確立される(米研究)

 「自分探しの旅」はしばしば嘲笑されることがある。だがそれが長期間であるのなら見つかるかもしれない。

 新たなる研究によると。海外で過ごす時間が長いほど、自己概念が明確になるという。

 米ライス大学のハジョ・アダム氏らによれば、海外暮らしが「自己概念の明…

レッツ育毛!髪の毛に良いとされる食品24、悪いとされる食品6

 また髪の話をしよう。

 あることがデフォになっているので薄くなればなるほどに、心と頭に隙間風。いっそ頭髪などこの世から消えてしまえばいい。そう思ったことはないだろうか?

 もし人類から頭髪が消えたら確かに楽だろう。だが理美容業界は大打撃を受ける。地域に…





まつ毛育毛剤通販