通信

総務省、携帯会社に通信料金と端末代の分離義務付けを検討。スマホ4年縛り終了へ

投稿日:

総務省が携帯電話料金の引き下げに向け、電気通信事業法を改正し、携帯会社に通信料金と端末代の分離を義務づけることを検討していることが分かった。分離プランの義務化などで「4年縛り」も実質的にできなくなる見通しだという。

総務省の有識者会議は26日にも緊急提言をまとめる方針で、法改正を検討する必要性が指摘される見通しだ。

総務省は早ければ来年の通常国会に法改正案を提出する。携帯会社の通信料金が海外に比べて高いとされるのは、端末代の一部を月々の通信料金から割り引くプランが原因の一つと指摘されている。総務省はこれをできなくして、通信料金と端末代の分離を義務づけることを検討している…
続きはソース元で
https://www.yomiuri.co.jp/economy/20181125-OYT1T50005.html


続きを読む

続きを読む

-通信

執筆者:


関連記事

【解約祭り】mineo、こっそり通信の最適化していたことを謝罪。なお、今後も継続されhttpsは低速縛りになる模様

mineoは、こっそり通信の最適化していたことがバレた件について謝罪した。なお、今後も通信の最適化は継続され、SSL通信は低速が強いられる模様。
同社コミュニティサイト「マイネ王」内のスタッフブログには、mineoの責任者である上田氏から記事が投稿された。その中では、…

トランプ政権、日本などの同盟国に中国ファーウェイの通信機器の不使用を求める

ウォール・ストリート・ジャーナルは22日、トランプ政権が日本やドイツ、イタリアといった同盟国に対して、中国の「ファーウェイ」の通信機器を使わないよう求めていると伝えた。
そのうえで、こうした通信機器を使わない国には通信技術の開発に向けた財政支援を増やすこと…

まもなくサービスが始まる5Gで暮らしは変わるのか

スペインで開催中の「MWC 2019」では、まもなくサービスが始まる次世代の通信方式5Gの端末やサービスが最も注目されているという。
中略「5G」注目される理由は5Gは現在のスマートフォンなどに使われている4Gにかわる新しい通信方式で、第5世代という意味です。こ…

総務省がドコモに是正命令。本人確認せず336件の契約

総務省は28日、NTTドコモが携帯電話不正利用防止法で定められた本人確認を行わずに336件の契約を結んでいたとして、同社に対して是正命令を出した。
総務省によると、今回の336件はすべて法人契約です。NTTドコモは2014年3月から2015年4月までの間に、336件の契約について…

【悲報】ワイ、格安SIMの速度の遅さに耐えられず。キャリアに戻りたいと咽び泣く

1:風吹けば名無し 2019/02/22(金) 19:19:55.86 ID:DFEq4JlXM.net
キャリアに戻りたいンゴ…





まつ毛育毛剤通販