通信

総務省、携帯会社に通信料金と端末代の分離義務付けを検討。スマホ4年縛り終了へ

投稿日:

総務省が携帯電話料金の引き下げに向け、電気通信事業法を改正し、携帯会社に通信料金と端末代の分離を義務づけることを検討していることが分かった。分離プランの義務化などで「4年縛り」も実質的にできなくなる見通しだという。

総務省の有識者会議は26日にも緊急提言をまとめる方針で、法改正を検討する必要性が指摘される見通しだ。

総務省は早ければ来年の通常国会に法改正案を提出する。携帯会社の通信料金が海外に比べて高いとされるのは、端末代の一部を月々の通信料金から割り引くプランが原因の一つと指摘されている。総務省はこれをできなくして、通信料金と端末代の分離を義務づけることを検討している…
続きはソース元で
https://www.yomiuri.co.jp/economy/20181125-OYT1T50005.html


続きを読む

続きを読む

-通信

執筆者:


関連記事

携帯電話の事業者別シェア、ドコモが39%、KDDIは28%、SBが23%、MVNO11%

総務省は6月22日、電気通信サービスの契約数(2018年3月末)を公表した。
移動系通信(携帯電話、PHS、BWA)の契約数は、前年比3.4%増の1億7357万件。        このうち、携帯電話の契約数は、前年比4.1%増の1億7009万件。        移動系通信の事業者別シェ…

「携帯料金高い」6割。要因は「携帯電話事業者への不信感」

野村総合研究所は19日、携帯電話料金に対する利用者の意識調査の結果を発表した。
利用者が料金に納得していない要因は、料金の高さと携帯電話事業者への不信感が生み出していると分析。携帯電話事業者に対し、利用者の使い方に合った料金プランを勧めたり、誠実な販売手法…

中国ZTE、アメリカの制裁で1200億円の赤字に転落

中国の大手通信機器メーカーZTEが30日発表したことし1月から6月までの中間決算によると、最終的な損益が日本円にして1200億円余りの赤字に転落した。
ZTEが30日発表したことし1月から6月までの中間決算によりますと、最終的な損益が78億人民元、日本円で1200億円…

【朗報】割安プラン「docomo with」対象端末にiPhone 6sが追加される

ドコモは、端末割引をしない代わりに通信料金を毎月1500円割り引く割安通信プラン「ドコモウィズ」の対象端末にiPhone 6sを加えると発表した。
ドコモウィズの対象端末はこれまで富士通やシャープ、韓国サムスン電子などの価格の安い端末に限られていた。人気のiPhone…

ソフトバンク「非常時にキャリア同士で支え合う構造を検討する時期に入ったのではないか」

ソフトバンクの宮川潤一副社長は、災害や大規模障害の発生に備え、通信事業者間で通信回線を間借りするローミング接続の導入を検討する時期に入ったのではないかと述べた。
中略 同社の宮川潤一副社長は、今回の通信障害がスマートフォンを使ったチケット発券サービスなど…





まつ毛育毛剤通販