地下鉄「永田町駅」は核シェルター?鉄道都市伝説の真贋!

投稿日:

1: 砂漠のマスカレード ★
 《 (略) 北朝鮮の核開発以前、長らく米ソの冷戦が続き、この冷戦下でも両国に挟まれた日本は渦中にあった。核戦争から逃れようとする術をめぐっても、都市伝説は多く生まれた。

 東京のあちこちに造成された地下空間は核攻撃から身を守るための核シェルターであるという説もそのひとつだ。地下空間は人目に触れることが少なく、その構造は謎めいている。それが都市伝説を生む要因でもある。特に東京には地下鉄がたくさん走っている。そのため、地下鉄核シェルター説には事欠かない。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

170406_if_nuclear_bomb_top-w960
http://news.livedoor.com/article/detail/15568292/ 
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1541745219/
続きを読む

続きを読む

-

執筆者:


関連記事

日本の新核融合炉、世界最先端の大型実験装置「JT-60SA」の建設が大詰め…エネルギー問題解決へ!

1: AHRA ★
 《 人類のエネルギー問題を解決するともいわれる「核融合発電」を実現させるため、2020年の完成に向け世界最先端の大型実験装置「JT-60SA」(茨城県那珂市)の建設が大詰めを迎えている。日本は核融合の技術で世界をリードしており、フランスを舞…

ネットオークションで「ウラン」売買か、警察が押収して調査したところ「劣化ウラン」の可能性!

1: 僕らなら ★
 《 捜査関係者によりますと、去年1月、原子力規制庁の担当者がインターネットのオークションサイトに、「ウラン」として粉末や固形の物質が出品されているのを見つけて警視庁に通報しました。 (略) 警視庁が出品者や購入者を特定するとともに、売買…

陽子ビーム加速に、世界初の手法で成功…核融合炉の材料試験活用!

1: ばーど ★
 《 量子科学技術研究開発機構は18日、青森県六ケ所村の六ケ所核融合研究所で、核融合炉に使う材料の強度試験の前提となる陽子ビームの加速に、世界初の手法で成功したと発表した。  材料開発には核融合反応で発生するのと同等の高速中性子を連続照射…

経済産業省が新たな小型原発を開発へ、2040年ごろまでに実用化…ロッキード「超小型核融合炉作っんだけど」!

1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [US]
 《 地球温暖化対策を名目に、経済産業省が新たな小型原発の開発を進め、二〇四〇年ごろまでに実用化を目指す方針を固めた。  太陽光や風力などの再生可能エネルギーが世界的に普及している中、経産省は温室効果ガス削減には原発…

核融合のエネルギーを利用する「核融合発電所」を15年以内に実現することを目指す…MITが研究開始!

1: しじみ ★
 《 人間の生活に必要なエネルギーは、2018年現在、主に火力発電と電子力発電によって生み出されていますが、新たな発電技術として核融合のエネルギーを利用する「核融合発電」が研究されています。  核融合発電について、アメリカのマサチューセッツ工科大…





まつ毛育毛剤通販