地下鉄「永田町駅」は核シェルター?鉄道都市伝説の真贋!

投稿日:

1: 砂漠のマスカレード ★
 《 (略) 北朝鮮の核開発以前、長らく米ソの冷戦が続き、この冷戦下でも両国に挟まれた日本は渦中にあった。核戦争から逃れようとする術をめぐっても、都市伝説は多く生まれた。

 東京のあちこちに造成された地下空間は核攻撃から身を守るための核シェルターであるという説もそのひとつだ。地下空間は人目に触れることが少なく、その構造は謎めいている。それが都市伝説を生む要因でもある。特に東京には地下鉄がたくさん走っている。そのため、地下鉄核シェルター説には事欠かない。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

170406_if_nuclear_bomb_top-w960
http://news.livedoor.com/article/detail/15568292/ 
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1541745219/
続きを読む

続きを読む

-

執筆者:


関連記事

核実験の機密映像62本を一挙公開…ローレンスリバモア研究所!

1: 名無しさん@涙目です。(帝国中央都市) [US]
 《 (略) 今回、公開された機密ビデオの中にはドミニク作戦の枠内で1962年6月12日に太平洋上のクリスマス島上空で行われた実験のビデオも含まれている。  ビデオを見ると、この実験は「Mark 36」の投下実験で、…

日本政府が核ミサイル配備を検討していた…約50年前に中国核攻撃をABMで迎撃!

1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [US]
 《 日本政府が1960年代後半に核兵器である弾道弾迎撃ミサイル(ABM)の国内配備を検討し、米国政府と協議を重ねていたことがわかった。ABMは米国が東西冷戦期にソ連や中国と対立する中で開発。当時すでに日本政府が唱…

核兵器製造企業に日本の7社が融資、ICANが公表…企業に方針転換を迫る考え!

1: ニライカナイφ ★
 《 昨年にノーベル平和賞を受賞した核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN〈アイキャン〉)で国際運営委員を務める川崎哲氏が7日、都内で記者会見し、核兵器を製造する企業に対し、日本の7社が投融資をしていたことを明らかにした。核兵器禁止条…

核兵器製造企業に日本の7社が融資、ICANが公表…企業に方針転換を迫る考え!

1: ニライカナイφ ★
 《 昨年にノーベル平和賞を受賞した核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN〈アイキャン〉)で国際運営委員を務める川崎哲氏が7日、都内で記者会見し、核兵器を製造する企業に対し、日本の7社が投融資をしていたことを明らかにした。核兵器禁止条…

核融合のエネルギーを利用する「核融合発電所」を15年以内に実現することを目指す…MITが研究開始!

1: しじみ ★
 《 人間の生活に必要なエネルギーは、2018年現在、主に火力発電と電子力発電によって生み出されていますが、新たな発電技術として核融合のエネルギーを利用する「核融合発電」が研究されています。  核融合発電について、アメリカのマサチューセッツ工科大…





まつ毛育毛剤通販