米空軍

米空軍が大陸間弾道弾ミサイル「ミニットマンⅢ」を発射…システムの信頼性と精度のテストを実施!

投稿日:

1: SQNY ★
 《 米空軍は、大陸間弾道弾ミサイル「ミニットマンⅢ」の発射実験を行った。ニューヨーク・タイムズが報じた。

 ミサイルは、米カリフォルニア州にあるヴァンデンバーグ空軍基地から発射された。米空軍地球規模攻撃軍団によると、弾頭を搭載していない訓練用ミサイルが、太平洋標準時6日23時01分(日本時間7日16時01分)に発射された。実験の目的は、大陸間弾道弾ミサイルのシステムの信頼性と精度のテスト。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

800px-Minuteman3launch
https://sptnkne.ws/jXfE
引用元: ・http://egg.5ch.net/test/read.cgi/news5plus/1541675892/
続きを読む

続きを読む

-米空軍

執筆者:


関連記事

米空軍で最も高額な航空機は?トップ10を紹介!

10位 B-52H爆撃機 B-52HはB-52改良版の最終型番で、就役中の唯一の型番だ。同機はB-2ステルス爆撃機、B-1B爆撃機と共に、米国の空からの戦略核兵器による攻撃力を形成している。 2012年時点のユニットコストは8400万ドルで、1回当たりの飛行コストは6万7005ドル。http://j…

A-10サンダーボルトII攻撃機を常に万全な状態に、機体チェックをする地上整備員…米空軍シェパード空軍基地!

 テキサス州にある米空軍シェパード空軍基地では、所属するA-10サンダーボルトII攻撃機を万全な状態を保つため地上メンテナンススタッフは常に機体をチェックしています。(翻訳微妙)https://www.facebook.com/USairforce/引用元:https://www.facebook.com/USairforce/ 

米空軍が核ミサイル施設防衛を担う新型ヘリにボーイングMH-139を採用…旧式のヒューイ「UH-1N」と入れ替え!

1: みつを ★
 《 米空軍は24日、核ミサイル施設の防衛を担う新型ヘリコプターをボーイングから23億8000万ドル(約2680億円)で調達する契約を結んだと発表した。契約に基づいて新型ヘリコプター「MH139」84機を調達し、現在使われているベトナム戦争…

米国の国家空中作戦センター「E-4Bナイトウォッチ」、通称「最後の審判」が離陸…空中給油で1週間の間、飛行可能!

1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [HU]
 《 米国はE-4B ナイトウォッチを発進させた。E-4B は米国の国家作戦空中センターとして運用される航空機で「最後の審判」の通称で知られている。 ​ (略) E-4Bに「最後の審判」という通称がつけられた理由は、これが核戦争な…

B-1・B-2爆撃機を順次退役へ、2020年後半から次世代戦略爆撃機B-21を運用…米空軍!

1: ニライカナイφ ★
 《 ウィルソン米空軍長官は13日、国防総省で記者会見し、2020年代後半から次世代戦略爆撃機B21が運用可能となるのに伴い、B1とB2戦略爆撃機を順次退役させると表明した。  (略) B21の運用が始まれば、戦略爆撃機をB21とB…





まつ毛育毛剤通販