中国

中国初の火星探査は2020年頃に実施へ、2030年頃に深宇宙探査を実施…中国メディア!

投稿日:

1: ◆ciadbU3kq9FF
 《 珠海市で同日開かれた第9回中国国際航空宇宙サミットフォーラムにおいて、趙氏は中国の未来の深宇宙探査プロジェクトの重点課題を紹介した際に、「中国初の火星探査は、2020年頃の実施を計画しており、2021年に火星探査機を火星に着陸させる。その後は2030年頃までに小惑星探査、火星サンプル採集、木星探査及び惑星通過という3回の深宇宙探査を実施する」と述べた。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

img_0c794f938d785d3b29619f3cbecce8fa91537
https://www.recordchina.co.jp/b659697-s10-c20-d0046.html
引用元: ・http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1541597722/
続きを読む

続きを読む

-中国

執筆者:


関連記事

ピカチュウ?らしき生き物の中の人と目が合う気まずさwwwwwwwwww

続きを読む

人民解放軍の「新兵器説」も……中国でUFOの目撃情報相次ぐ

<p> 中国で、未確認飛行物体が多数の人々に目撃されるという事件が2日続けて起こり、話題となっている。</p>

<p>「上観新聞」(8月13日付)によると、今月12日、観光地として知られる遼寧省大連市金石灘区の上空に、UFOが現れた。この物体は巨大な黒い輪のような形をしており、出現当時、多くの観光客や付近の住民が目撃。複数の写真がネット上にアップされ、さまざまな臆測を呼んでいる。</p>

<p> 撮影された動画を見てみると、上空に現れた円形の黒い物体が巨大化しながら、徐々に形を四角形に変えたり、高速移動を行ったりと、自然現象とは思えない動きを繰り返し、最後は雲の中に消えていく様子が確認できる。ネット上では、「ついに宇宙人が中国へ偵察にやってきた!」「この動きは自然現象ではない!」など、未知との遭遇に興奮する者がいる一方で、「金石灘区には大きな遊園地施設があって、アトラクションの一環で煙が出るものがある。それに違いない」「人民解放軍が、インドとの海戦に備えて新兵器の開発をしているんじゃないか? 数年前にインドと対峙したときも、UFOの目撃情報が相次いだからね」など、冷静なコメントを寄せる者も少なくなかった。<br />
</p>

『日本は韓国みたいな事を言わないから良い』と中国人が”日式中華”に歓喜。文化に敬意を払っている気がする

1:れいおφ ★:2018/02/28(水) 14:11:26.96 ID:CAP_USER
先日、筆者が上海市内の日本料理屋で昼食を取っていたところ、店内のテレビで日本のグルメレポート番組が放映されていました。何の気なしに見ていると、ゲストが訪れた老舗中華料理屋に「酸辣湯麺」というメニューが…

【悲報】ファーウェイ製品から『余計なもの』が見つかってしまう

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/07(金) 15:41:45.485 ID:3BimjdnH0
ファーウェイ使ってるやつどうすんだよ Mi2@YES777777777【余計なものが…】政府は各府省庁が使用する情報通信機器から中国通信機器大手のファーウェイとZTEの製品を排除…

日本の深慮遠謀はすごすぎる、と中国人が株価暴落に嘆息 我が国の株価はアップル6社分しかない

1:名無しさん@涙目です。(秋田県) [JP]:2018/08/04(土) 20:49:41.60 ID:lD1r7Ouw0 BE:194767121-PLT(12001)
新浪新聞の中国版ツイッター・微博(ウェイボー)アカウントの微天下は3日、日本の株式市場の時価総額が中国を超えて世界2位になったと伝えた。 記事は、ブル…





まつ毛育毛剤通販