知る

ユニークレトロ!フランスの商品を宣伝するために作られた面白い形の宣伝カー(1929年~)

投稿日:

21-15_e

 歴史があわただしく変動する第一次世界大戦と第二次世界大戦の間の時期である。

 1929年、フランスの様々な商品を宣伝するための宣伝カーのパレードが実施された。

 フランス発の試みとなったこのパレードは、自転車レース「ツール・ド・フランス」のレースディレクターと、当時フランスを代表するチョコレートメーカー「ムニエ(Menier)」のムニエ氏が手を組み企画したものだ。

 見た目もユニーク、一目で何の商品の宣伝なのかがわかる宣伝カーを一目見ようと、1000万物人がパレードを見に訪れたという。
続きを読む

続きを読む

-知る

執筆者:


関連記事

なんと葉巻型!史上初となる恒星間小惑星「オウムアムア(Oumuamua)」を観測。太陽系外から飛来

image credit:ESO/M. Kornmesser
 どちらかというとその細長い形状は宇宙船のようだ。
 だがこれは恒星間天体であり小惑星なのである。

 これまで発見された小惑星や彗星は75万個にも及ぶが、それはすべて太陽系の一部を構成するものだった。だがついに、太陽系外から飛…

青銅器時代に作られた武器や道具のほとんどは宇宙の素材「隕石」から作られていた(フランス研究)

 新しい研究によれば、青銅器時代の鉄製の武器や道具はいずれも隕石から抽出した素材で作られたのかもしれないそうだ。

 この発見は、鉄鉱石から鉄を精錬する技術を人類が発明する前に作られた鉄器の作成方法について、専門家に深い洞察をもたらしてくれる。

古代マヤ文明と地球外生命体は接触していた!?エイリアンっぽいものが描かれた石板がメキシコの洞窟で見つかる

 エジプトのピラミッドやフランスの古い硬貨など、もしかしたら昔から宇宙人は地球にやって来ていたのか!?と思わせる“証拠”の数々。

 1930年代に描かれた絵画にスマホらしきものが登場していたりもして、まさか宇宙的な技術でタイムトラベル・・・とか謎が謎を呼んで…

ニューヨーク市の公立学校の学生の約10人に1人がホームレスであることが判明(アメリカ)

 アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク市では学生の10人に1人がホームレスの支援施設や親戚の家で暮らしている。これは同市始まって以来の多さである。

 昨年、仮住まいで暮らすこの市の学生は、3年連続で10万人を超え、114,659人となった。こうした子供たちはホームレ…

ADHD(注意欠陥・多動性障害)は脳の多様性の一形態。ADHDとうまく付き合う方法

 ADHDは注意欠陥・多動性障害のことだ。最近ではADHDという言葉もかなり浸透してきた。

 だがそのイメージはというと、すぐに気を散らして、じっとしていられない。良く物をなくしたり、やたらと話が飛ぶ人といったマイナスのイメージを想像することだろう。

 そんなこ…





まつ毛育毛剤通販