宇宙

日本版GPS衛星「みちびき」、今日から本格運用開始…最大10メートルあった位置情報の誤差が数センチに!

投稿日:

1: 記憶たどり。 ★
 《 日本版GPS衛星「みちびき」の本格的なサービスが1日から始まり、専用の受信装置を使えば、これまで最大10メートル程度あった位置情報の誤差が、数センチにまで縮まることから、さまざまな分野での活用が期待されています。

 日本版GPS衛星「みちびき」は、去年10月までに合わせて4機が打ち上げられ、これまで調整が行われていました。衛星を管轄する内閣府は24時間、運用ができる4機体制の準備が整ったとして、1日から本格的なサービスを開始しました。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。 
続きを読む

続きを読む

-宇宙

執筆者:


関連記事

「環境破壊するな」「人類仲良くね」…宇宙人が人類に送った「5つのメッセージ」を元空軍パイロットが受信!

1: 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [BR]
 《 この度、オルタナティブニュース「Disclose.tv」が、宇宙人と接触したコンタクティーの証言を分析。宇宙人らが人類に送るメッセージは、大きく5つに分けられることが判明した。 ■宇宙人が人類に送る5つのメッセージ …

NASAが開発中の超大型ロケット「SLS」、初打ち上げは2019年12月以降に!

1: きつねうどん ★
 《 NASAが開発をすすめる超大型ロケット「SLS(スペース・ローンチ・システム)」。こちらは2019年に無人での打ち上げが予定されていましたが、NASAは新たに初回打ち上げが2019年の12月、あるいは2020年の6月にまで延期される可能性を示唆しました。 …

宇宙の終わりを迎えるのは少なくとも1400億年先…東大・国立天文台チームが分析結果を発表!

1: すらいむ ★
 《 宇宙がこのまま膨張し続けたとしても、物質を構成する原子がばらばらになって世界が終わりを迎えるのは、少なくとも1400億年先だとする分析結果を、東京大と国立天文台の研究チームが26日発表した。  》 ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧く…

ロシアのソユーズロケット打ち上げ失敗から宇宙飛行士の命を救った脱出装置「SAS」とは?

1: しじみ ★
 《 (略) 今回は、ロケットの打ち上げ失敗から、宇宙飛行士はどのようにして生還を果たしたのか。その顛末と、命を救った「緊急救助システム(SAS)」について取り上げる。  ロケットの打ち上げ失敗という大事故にもかかわらず、無事に宇宙飛行士が生還で…

NASAはなぜSpaceXの低コストなロケットを使わずに「SLS」の独自開発に莫大な費用を投じるのか?

1: しじみ ★
 《 かつてはNASAやESA、JAXAといった国家レベルの組織に限られていた宇宙開発の分野に、近年はイーロン・マスク氏の「SpaceX」や、ジェフ・ベゾス氏の「Blue Origin」などの民間企業が入るようになり、しかも画期的な結果を残すに至っています。 民間企業…





まつ毛育毛剤通販