防衛省

元自衛官に限っていた即応予備自衛官採用を一般公募者にも対象拡大…防衛省!

投稿日:

1: ガーディス ★
 《 防衛省は13日、元自衛官に限っていた即応予備自衛官の採用について、2019年度から一般公募出身の予備自衛官に対象を広げる方針を固めた。近年、志願者の減少傾向に歯止めがかからず、担い手不足の解消が目的。意欲的な一般公募者に門戸を広げ、充足率の向上を目指す。  》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

sokuyobi30dys
https://www.jiji.com/sp/article?k=2018101300360
引用元: ・http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1539413721/
続きを読む

続きを読む

-防衛省

執筆者:


関連記事

複数の護衛艦が敵の位置情報をリアルタイムで共有する「共同交戦システム」を独自開発へ、23年度に実証試験…防衛省!

1: みつを ★
 《 防衛省は、複数の護衛艦が敵の位置情報などをリアルタイムで共有する「共同交戦能力(CEC)システム」の独自開発に乗り出す。艦艇間の通信能力を向上させ、敵の情報を即時に共有することで、探知した巡航ミサイルなどを別の艦艇から迎撃できるように…

「多機能電子戦機」に関して、情報提供企業の募集…防衛装備庁!

Name 名無し 18/06/13(水)13:40:52 防衛装備庁は、多機能電子戦機に関して、その取得方法を検討するに当たり、以下 のとおり、情報提供する意思のある企業を募集しますので、ご協力をお願いします。1 募集の目的 本募集は、多機能電子戦機の実現可能な取得方法の検討(以…

海自護衛艦「いずも」を空母に改修、F-35B戦闘機を約10機搭載…離島防衛の拠点に!

1: 孤高の旅人 ★
 《 政府は、海上自衛隊最大級の護衛艦「いずも」を、戦闘機の離着艦が可能となる空母に改修する方向で検討に入った。  (略) いずもは、広い甲板を持つ空母に似た形状の護衛艦で、全長248メートル、満載排水量約2万6000トン。ヘリコプター…

「イージス・アショア」予算要求前倒し、2017年度補正予算で調査…導入について閣議決定へ!

1: オデッセイ ★
 《 小野寺五典防衛相は8日、米国から導入を予定している陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の調査費について、2017年度補正予算案で要求する方針を明らかにした。  (略) 陸上イージスは、1基約800億円。日米両国が共…

陸自の運用一元化、「陸上総隊」発足…海自では「自衛艦隊」、空自では「航空総隊」!

1: ガーディス ★
 《 陸上自衛隊は27日、全国に五つある方面隊を一元的に指揮する司令部として「陸上総隊」を朝霞駐屯地(東京都練馬区など)に発足させた。あわせて離島防衛の専門部隊「水陸機動団」も相浦駐屯地(長崎県)に新設し、陸上総隊の直轄に置く。  防衛…





まつ毛育毛剤通販