宇宙

ロケット発射場が足りない…宇宙ビジネスが活気づく陰で、打ち上げインフラの壁!

投稿日:

1: しじみ ★
 《 日本の宇宙産業の将来を左右する難題が再浮上している。次期基幹ロケット「H3」の開発が佳境を迎え、宇宙ビジネスが活気づく陰で、打ち上げインフラの整備は盛り上がりを欠いたまま。

 発射場の基礎体力が脆弱なままでは先行する欧米には追いつけない。 》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

800px-H-IIA_F25_launching_Himawari-8
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36092070T01C18A0X11000/
引用元: ・http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1539146201/
続きを読む

続きを読む

-宇宙

執筆者:


関連記事

日本が発見した月の巨大空洞を宇宙飛行士の居住空間として活用…NASA!

1: みつを ★
 《 NASA=アメリカ航空宇宙局は、日本が先月発見した月の地下にある全長50キロにおよぶ巨大な空洞が宇宙飛行士の居住空間として活用できるとの見方を示し、今後、探査ロボットなどを送り込んで詳しく調べたいという考えを明らかにしました。   (略…

宇宙を漂う「スペースデブリ」をハープーン(銛・もり)で突き刺して回収する方法を開発…エアバス!

1: ニライカナイφ ★
 《 壊れて動かなくなった人工衛星や、ロケット打ち上げ時に投棄されたロケットエンジン、そして人為的に破壊された人工衛星の破片など、宇宙空間には宇宙のゴミ「スペースデブリ」が無数に存在し、秒速数kmという超高速で飛びまわり続けています。 …

日本初の水星探査機「みお」、欧州探査機「MPO」とともに20日打ち上げ…到着までは7年の長旅!

1: ガーディス ★
 《 古代から存在は知られているのに探査が難しく、どうやってできたか、何からできているのかがほとんど分かっていない水星。数多くの謎の解明を目指す日本初の探査機が20日、欧州の探査機とともに南米フランス領ギアナから打ち上げられる。構想21年、…

火星表面の巨大な「雪の湖」を探査機「マーズ・エクスプレス」が撮影!

1: 野良ハムスター ★
 《 欧州宇宙機関(ESA)の探査機「マーズ・エクスプレス」が、火星の軌道上での活動開始から15年になることを祝い、莫大な量の氷と雪で満たされたクレーターを撮影した詳細で非常に美しい複数の写真を取得した。これらの写真は、欧州宇宙機関…

太陽系の端に新天体「ゴブリン」(直径約300キロ)を発見…すばる望遠鏡で米チーム!

1: ガーディス ★
 《 冥王星よりもはるか外側の太陽系の端で、太陽を中心に回る小惑星サイズの天体を新たに見つけたと、米カーネギー研究所などのチームが2日発表した。楕円軌道を描いており、遠い場所では太陽から地球の距離(約1億5千万キロ)の2300倍も離れた宇宙空間…





まつ毛育毛剤通販