宇宙

ロケット発射場が足りない…宇宙ビジネスが活気づく陰で、打ち上げインフラの壁!

投稿日:

1: しじみ ★
 《 日本の宇宙産業の将来を左右する難題が再浮上している。次期基幹ロケット「H3」の開発が佳境を迎え、宇宙ビジネスが活気づく陰で、打ち上げインフラの整備は盛り上がりを欠いたまま。

 発射場の基礎体力が脆弱なままでは先行する欧米には追いつけない。 》 

ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

800px-H-IIA_F25_launching_Himawari-8
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36092070T01C18A0X11000/
引用元: ・http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1539146201/
続きを読む

続きを読む

-宇宙

執筆者:


関連記事

探査機「はやぶさ2」が撮影した小惑星リュウグウの最新画像…赤道付近角張り、クレーターも!

1: 自治郎 ★
 《 宇宙航空研究開発機構(JAXAジャクサ)は19日、探査機「はやぶさ2」が目指す小惑星リュウグウの最新画像を公開した。赤道付近が角張ってコマのように膨らんでおり、200メートルを超える大きなクレーター状のくぼみも確認されたという。   …

アポロ計画以来となる有人月探査の工程表を発表…2030年には40日かけ月面調査!

1: イレイザー ★
 《 アポロ計画以来となる、有人月探査が現実味を帯び始めた。各国の宇宙機関は今月、2020年代の実現に向けた具体的な工程表を発表した。国際宇宙ステーション(ISS)の参加国だけでなく、中国や民間企業の参入も見込んでいるのが特徴だ。日本は…

火星で「ヘリコプター」、薄い大気中で飛行可能かを検証…NASA!

1: 自治郎 ★
 《 米航空宇宙局(NASA)は11日、地球以外の惑星で飛ぶ初めてのヘリコプターを2020年に火星に向けて打ち上げると発表した。21年に到着させ、地球よりもはるかに薄い火星の大気中でも、飛行が可能かどうかを検証する。.  火星の重力は地球の…

何光年も離れた遠い星系に人間を送りこむ場合、最低どれくらいの人員が必要となるのか?

1: しじみ ★
 《 地球から何光年も離れた遠い宇宙のかなたには、地球と同じように生命が存在するのに適した環境を持つ惑星が存在します。  そういった惑星に向けて人間を送りこむ場合、人間の寿命が尽きる前に惑星に到達することは不可能であるため、多世代にわたった星…

「人類はここにいるよ」…レーザーを用いて地球外生命体に地球の存在を示すビーコンを生成する試み!

1: しじみ ★
 《 マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者が新しく公開した研究論文が、地球外知的生命体に対して「人類はここにいるよ」と伝えるためのビーコンとして既存のレーザー技術を使うことを提案しています。  既存のレーザーを用いて地球外知的生命体に人間の…





まつ毛育毛剤通販